Power View in SharePoint Server: レポートの作成、保存、印刷

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードしてください。最新の機能と更新された機能をどこでもご利用いただけます。

今すぐアップグレード

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

sharepoint server の Power View は、ブラウザーベースの Silverlight アプリケーションであり、Microsoft SharePoint server 2010 および2013用の SQL server 2012 Service Pack 1 (SP 1) Reporting Services アドインの機能です。Power View レポート (.rdlx ファイル) を作成、開く、保存すると、すべて SharePoint Server 2010 および2013で実行されます。

注: 

  • power view の2つのバージョンがあります: power view in Excel 2013 と power view in SharePoint Server 2010 および2013。このトピックでは、SharePoint Server の Power View レポート (.rdlx ファイル) の作成についてのみ説明します。「Excel 2013 で Power View シートを作成する」を参照してください。

  • 詳細については、「Power View でできるその他の操作」を参照してください。

Power View in SharePoint Server でレポートを作成する

power view レポートを作成するには、SharePoint Server 2010 または2013のデータモデルファイルから power view を起動します。モデル、またはモデルへの接続は、sharepoint server ドキュメントライブラリまたはPower Pivot ギャラリーで、公開されている Microsoft Excel ブックのリッチプレビューとドキュメント管理を提供する特別な目的の sharepoint server ドキュメントライブラリである場合があります。データモデルが含まれています。

PowerPivot ギャラリーから Power View レポートを作成するには

  • Excel (XLSX) ファイルで右上隅の [Power View レポートの作成] アイコンをクリックします。

SharePoint Server ドキュメント ライブラリから Power View レポートを作成するには

Power View のデザイン環境は、レポートを作成した場所で表示され、共有データ ソース (RSDS) または BISM 接続ファイル (BISM) からのフィールドがフィールド リストに一覧表示されます。

この記事の内容

既存の Power View レポートを開く

Power Pivot ギャラリーでレポートを開くには

SharePoint Server ドキュメント ライブラリでレポートを開くには

レポートを保存する

Power View の権限

RDLX ファイル形式

Power View in SharePoint から PowerPoint にエクスポートする

レポート内のデータを更新する

Power View in SharePoint Server 内のレポートのビューを印刷する

データ モデルに基づく Power View レポート

テーブルおよび Excel データ モデルについて

詳細情報

ページの先頭へ

既存の Power View レポートを開く

PowerPivot ギャラリーでレポートを開くときは、特定のビューでレポートを開くように選ぶことができます。

PowerPivot ギャラリーでレポートを開くには

  1. Internet Explorer で、Power View レポートをホストしている PowerPivot ギャラリーに移動します。

  2. レポートのいずれかの画像をクリックします。

    レポートがそのビューで閲覧モードで開かれます。

  3. レポートを編集するには、左上隅の [レポートの編集] をクリックします。

SharePoint Server ドキュメント ライブラリでレポートを開くには

  1. Internet Explorer を開き、Power View レポートをホストしている SharePoint ドキュメント ライブラリのホームページに移動します。

  2. レポートを閲覧モードで開くには、レポートのタイトルをクリックします。

  3. レポートを編集するには、左上隅の [レポートの編集] をクリックします。

ページの先頭へ

レポートを保存する

Power View レポート (RDLX ファイル) は、Power View を起動したモデルと同じ SharePoint サーバー上の共有ドキュメント ライブラリまたは PowerPivot ギャラリーに保存します。

  1. レポートを保存するには、Power View の [ファイル] メニューの [保存] または [名前を付けて保存] をクリックします。

    レポートを初めて保存するときの既定の場所は、モデルが存在するフォルダーです。

    別の場所に保存する場合は、その場所を指定し、[保存] をクリックします。

  2. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、[ファイル名] フィールドにファイルの名前を入力します。

  3. 既定では、[レポートと共にプレビュー イメージを保存する] チェック ボックスがオンになっています。プライバシーの観点から、このチェック ボックスをオフにして、プレビュー画像を保存しないようにすることもできます。

    [閲覧] 画像をプレビューするかどうかを決定するために、各ビューの画像をレポートと共に保存するかどうかを選択します。

  4. [保存] をクリックします。

    レポートが保存されました。Power View を終了して SharePoint サイトに戻るには、ブラウザーの [戻る] をクリックします。

    注: レポートを編集することはできますが、その SharePoint ライブラリまたはフォルダーに保存するには権限が必要です。

Power View の権限

Power View は Power View レポートへのアクセス制限に、SharePoint の権限を使用しています。SharePoint フォルダーのアイテムを開く権限を持っている場合、そのフォルダーのすべての Power View レポートを、読み取りまたは編集モードで開くことができます。この場合、編集モードでレポートを好きなように変更することができます。目的のライブラリまたはフォルダーにアイテムを追加する権限も持っている場合は、変更を保存することができます。また、アイテムを編集する権限を持っている場合は、既存のドキュメントを上書きできます。

アイテムを開く権限を持っている場合、レポートを PowerPoint にエクスポートできます。ただし、保存していない変更がある場合は、PowerPoint にレポートをエクスポートすることはできません。したがって、アイテムを開くアクセス権限しか持っていない場合、レポートをそのままエクスポートすることはできますが、レポートを変更してからエクスポートすることはできません。これを行うには最初に変更を保存する必要があり、そのためには "アイテムの追加" または "アイテムの編集" 権限が必要です。

RDLX ファイル形式

Power View は RDLX ファイル形式でファイルを作成します。これらは、Report Builder または SQL Server 2012 SP 1 Reporting Services (SSRS) で作成した RDL ファイルとの互換性はありません。RDL ファイルを Power View で開くことはできず、逆の組み合わせでも不可能です。

ページの先頭へ

Power View in SharePoint から PowerPoint にエクスポートする

SharePoint の Power View からレポートの対話形式バージョンを PowerPoint にエクスポートできます。Power View の各ビューは、別々の PowerPoint スライドになります。

注:  Power View には、Power View in Excel 2013 と Power View in SharePoint 2010 および 2013 の 2 つのバージョンがあります。PowerPoint にエクスポートできるのは、Power View in SharePoint Server だけです。

PowerPoint にエクスポートした Power View レポートの操作は、Power View の閲覧モードおよび全画面表示モードでのビューの操作に似ています。PowerPoint のスライド ショー モードおよび閲覧表示モードでは、レポート作成者が各ビューに追加した視覚エフェクトとフィルターを操作できますが、視覚エフェクトとフィルターを作成することできません。

詳しくは、「PowerPoint への Power View レポートのエクスポート」をご覧ください。

ページの先頭へ

レポートのデータを更新する

ページを更新せずに、Power View レポートのデータだけを更新することができます。

  • Power View のクイック アクセス ツール バーの [更新] をクリックします。

注: ブラウザーで [更新] をクリックし、[このページから移動] をクリックすると、レポートを最後に保存した後に行った変更はすべて失われます。

ページの先頭へ

Power View in SharePoint Server 内のレポートのビューを印刷する

Power View レポートは、デザイン モードまたは閲覧モードで印刷できます。全画面表示モードでは印刷できません。Power View では一度に 1 つのビュー (現在のビュー) を印刷します。

  1. ビューを印刷するには、Power View の [ファイル] メニューの [印刷] をクリックします。

    ブラウザーの [印刷] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [印刷] をクリックします。

ビューは [印刷] ダイアログ ボックスの設定にかかわらず、常に横方向で印刷されます。ビューで表示されているものをそのまま印刷します。たとえば、Power View は次のものを印刷します:

  • 視覚エフェクト (スクロール バーがある場合は印刷の実行時に表示されている部分のみ)。

  • タイル コンテナー内の選択されているタイル。

  • フィルター領域 (展開されている場合)。

  • 再生軸を使用した散布図やバブル チャートの現在のフレーム。

ページの先頭へ

データ モデルに基づく Power View レポート

SharePoint では、Power View を常にデータ モデルから起動します。次のモデルを使用できます。

  • SharePoint Server のPowerPivotギャラリーにデータモデルが含まれているExcel ブック   (XLSX)。Power Pivot ギャラリーを使用します。

  • SharePoint Server の共有データソース   (RSDS) 共有データ ソース に基づいて、Microsoft Business インテリジェンスセマンティックモデルのデータソースの種類を指定します。

  • Analysis Services サーバー上のテーブルモデル   に基づいて、 BISM 接続ファイル   (BISM) BISM 接続ファイル アイコン を作成します。BISM 接続ファイルは、標準の SharePoint Server ドキュメントライブラリまたはPowerPivotギャラリーのいずれかにすることができます。BI セマンティックモデル接続を使用します。

テーブルおよび Excel データ モデルについて

データ モデルは分析やレポート化の作業に特化してデザインされた次世代のモデルです。データ モデルは次のようなさまざまなデータ ソースからデータをインポートします:

  • SQL Server

  • DB2

  • OData

  • ORACLE

  • Teradata

  • その他

Excel でデータ モデルを作成し、PowerPivot for Excel でそのデータ モデルを強化して、それを SharePoint Server のドキュメント ライブラリまたは PowerPivot ギャラリーに保存できます。IT 中心の組織のモデル開発者は、SQL Server Data Tools (SSDT) でモデルを作成し、SQL Server 2012 Service Pack 1 Analysis Services (SSAS) サーバーに配置します。

ページの先頭へ

詳細情報

Power Pivot ギャラリーを使用する

PowerPoint への Power View レポートのエクスポート

データモデルの共有データソースを作成する

BI セマンティックモデル接続を使用する

Power View の多次元モデル オブジェクトについて

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×