PowerPoint を使用して OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式のプレゼンテーションを開く、または保存する

Apache OpenOffice Impress や LibreOffice Impress など、一部のプレゼンテーション アプリケーションで使用されている OpenDocument プレゼンテーション (.odp) ファイル形式でファイルを開いて保存できます。

OpenDocument プレゼンテーション ファイルを PowerPoint で開く

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [開く] をクリックします。

  3. OpenDocument 形式で保存されたファイルを表示するだけの場合は、[ファイルの種類] の一覧で [OpenDocument プレゼンテーション] をクリックします。

  4. 開くファイルをクリックし、[開く] をクリックします。

    ヒント: ファイルを開くには、目的のファイルを見つけてそのファイルをダブルクリックする方法もあります。

注: OpenDocument プレゼンテーション ファイルを PowerPoint で開いた場合、そのファイルを作成した元のアプリケーションとは書式が異なる場合があります。 これは、OpenDocument 形式を使用するアプリケーション間に相違点があるためです。

PowerPoint プレゼンテーションを OpenDocument プレゼンテーション形式で保存する

重要: PowerPoint 形式のファイルを維持する必要がある場合は、最初に .pptx ファイル形式などの PowerPoint プレゼンテーションとしてファイルを保存し、次に、OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式で再度保存してください。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [OpenDocument プレゼンテーション] をクリックします。

  4. ファイルに名前を付けて保存します。

OpenDocument 形式の詳細

プレゼンテーションを OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式で開いたり保存したりすると、書式の一部が失われることがあります。 これは、OpenDocument プレゼンテーション アプリケーションと PowerPoint では、サポートされる機能およびオプション (書式など) が異なるためです。

下の表は、PowerPoint の各機能が OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式でも完全にサポートされるか、部分的にサポートされるか、まったくサポートされないかをまとめたものです。 ファイルを開いて保存する方法については、 odp ファイル形式については、「PowerPoint を使用して OpenDocument プレゼンテーション (.odp)形式でプレゼンテーションを開く、または保存する」を参照してください。

  • サポートされます:     PowerPoint と OpenDocument Presentation 形式の両方がこの機能をサポートしています。 コンテンツ、書式設定、ユーザビリティが失われることはありません。

  • 部分的にサポートされます:     PowerPoint と OpenDocument プレゼンテーション形式の両方がこの機能をサポートしますが、書式設定やユーザビリティが異なる場合があります。 テキストやデータが失われることはありませんが、書式設定とテキストやグラフィックの操作方法が異なる場合があります。

  • サポートされません:    この機能は OpenDocument 形式ではサポートされません。 プレゼンテーションを OpenDocument 形式で保存する予定がある場合は、この機能を使わないでください。

領域

サブ領域

PowerPoint のサポート

アニメーション

開始/終了

アニメーション

部分的にサポートされます

ODF でサポートできないアニメーションは、[アピール] または [クリア] のアニメーションに変更されます。

アニメーション

色のアニメーション

サポート対象外

アニメーション

サイズ変更のアニメーション

サポート対象外

"爆破"、"フラッシュ バルブ"、"拡大/収縮"、"縦にハイライト" のアニメーションはサポートされません。

アニメーション

アニメーションの遅延

サポートされます

アニメーション

アニメーションのタイミング

サポートされます

アニメーション

テキストのアニメーション

サポートされます

アニメーション

トリガー付きアニメーション

サポートされます

アニメーション

アニメーション

サウンド

サポート対象外

アニメーション

メディア アニメーション

サポートされます

アニメーション

SmartArt

サポート対象外

アニメーション

グラフの一部分

部分的にサポートされます

グラフの一部分のアニメーションは、グラフ全体のアニメーションに変換されます。

アニメーション

OLE アクション

アニメーション

サポート対象外

アニメーション

マスター/レイアウト アニメーション

サポート対象外

画面切り替え

画面切り替え

部分的にサポートされます

次の画面切り替えはサポートされていません: ブラインド、カット、ストライプ、コンボ、ニュースフラッシュ。

画面切り替え

画面切り替えのサウンド

サポート対象外

コンテンツ メディア (ムービー/サウンド)

トリミングとブックマーク

部分的にサポートされます

コンテンツ

WAV ファイルの埋め込み

サポートされます

コンテンツ

OLE

サポートされます

コンテンツ

ActiveX コントロール

サポート対象外

コンテンツ

部分的にサポートされます

表が含まれているプレゼンテーションを .odp 形式で保存すると、表は画像となり、編集できなくなります。

コンテンツ

ヘッダー/フッター

部分的にサポートされます

ヘッダーやフッターが存在するファイルを .odp 形式で保存すると、ヘッダーとフッターはテキスト ボックスになります。

コンテンツ

日付フィールド

部分的にサポートされます

すべての日付タイプが含まれますが、他の ODF アプリケーションによって既定のタイプに変換されることがあります。

コンテンツ

非表示図形

サポートされます

コンテンツ

非表示スライド

サポートされます

マクロ、プログラミング機能

マクロ、OM、プログラミング機能

サポート対象外

プレゼンテーションの設定

ページ サイズ

部分的にサポートされます

ページ サイズはプレゼンテーションと共に保存されますが、[ページ設定] ダイアログ ボックスの [ページ サイズ] の設定は不正確です。 このダイアログ ボックスは、既定のページ サイズに設定しようとします。

プレゼンテーションの設定

目的別スライド ショー

サポートされます

プレゼンテーションの設定

ナレーション、タイミング

サポートされます

プレゼンテーションの設定

スライド ショーの設定

部分的にサポートされます

プレゼンテーションの設定

印刷の設定

サポート対象外

プレゼンテーションの設定

表示設定

サポート対象外

グループ作業

コメント

サポート対象外

グラフ

グラフ

部分的にサポートされます

プレゼンテーションのデザイン

マスター

部分的にサポートされます

テーマ情報は失われ、マスター/レイアウトに配置されます。 フォント、色、新しい図形の効果などは継承されなくなります。

プレゼンテーションを .odp 形式で保存した後で、そのプレゼンテーションを開くと、既定のテーマが使用されますが、プレゼンテーションが変化することはありません。 ただし、その後の編集は、既定のテーマが適用されたものとして行われます。

プレゼンテーションのデザイン

レイアウト

部分的にサポートされます

他の ODF アプリケーションで開いたときのレイアウトの扱いは、マスターに似ています。

プレゼンテーションのデザイン

プレースホルダー

部分的にサポートされます

プレースホルダーのテーマ情報は失われます。

プレゼンテーションのデザイン

ノート

サポートされます

プレゼンテーションのデザイン

ノート マスター

サポートされます

プレゼンテーションのデザイン

配布資料マスター

サポートされます

暗号化

暗号化

サポート対象外

保護

保護

サポート対象外

テキスト

英語以外のテキスト書式設定

部分的にサポートされます

サポートされない機能の例:

  • 禁則処理

  • 縦書きテキストの回転 (左へ 90 度回転、半角文字も縦書き)

  • 東アジア言語の改行

  • 組み文字

  • 言語によっては、番号付けが箇条書き記号または西洋の番号付けにマッピングされることがあります。

  • 均等割り付け

テキスト

位置揃え

部分的にサポートされます

均等割り付けはサポートされません。

他の ODF アプリケーションでは、テキストの位置揃え、アンカー、折り返しに関して、目に見える違いが生じることがあります。

テキスト

段組み

サポート対象外

テキスト

文字列の回転

部分的にサポートされます

"左に 90 度回転" と "半角文字も縦書き" はサポートされません。

テキスト

ハイパーリンク

部分的にサポートされます

通常のハイパーリンクはサポートされますが、ホバー時ハイパーリンクはサポートされません。

テキスト

リスト

サポートされます

他の ODF アプリケーションでは、段落番号/箇条書きが変更されるか、まったくサポートされないことがあります。

テキスト

基本書式設定

サポートされます

斜体、太字、下線、取り消し線はすべて、ODF アプリケーションでサポートされます。

さまざまなフォントやサイズの混在がサポートされます。

テキスト

高度な書式設定/グラフィック効果

部分的にサポートされます

サポートされない機能の例:

  • 図による塗りつぶし、グラデーション塗りつぶし、パターン塗りつぶし、塗りつぶしなしが設定されたテキスト。

  • 文字の影の効果のいくつか。

  • 文字に図、グラデーション、パターン、または塗りつぶしなしの輪郭が設定されたもの。

  • テキストの輪郭色を塗りつぶし色と別にすることはできません。

テキスト

自動調整

サポート対象外

テキスト

オーバーフロー

サポートされます

オーバーフローの表示は、ODF アプリケーションによって異なることがあります。

次の表は、PowerPoint のグラフィック機能が OpenDocument 形式 (.odp) でもサポートされるか、部分的にサポートされるか、まったくサポートされないかをまとめたものです。

基本図形

PowerPoint のサポート

図形

サポートされます

テキスト ボックス

サポートされます

OpenDocument ファイルを開くと、テキスト ボックス内のオブジェクトは削除されます。

ワードアート

部分的にサポートされます

ODF ではワードアート オプションはサポートされません。 テキストと基本のテキストの色は維持されますが、ワードアート効果と書式設定は失われます。

3D 図形オプション

サポート対象外

写真

サポートされます

サポートされますが、挿入とリンクのオプションを除きます。これらは ODF ではサポートされません。

SmartArt の図

サポートされます

図形のグループに変換されます。

ActiveX コントロール

サポート対象外

グラフ内のオブジェクト

サポートされます

グラフとオブジェクトが含まれるグループに変換されます。

インク注釈

サポートされます

インク注釈は拡張メタファイル (EMF) 画像に変換されます。

オブジェクトのグループ

サポートされます

オブジェクトの表示

サポートされます

オブジェクトの枠線

サポートされます

一部の枠線スタイルはサポートされません。 サポートされない枠線スタイルは、既定の枠線スタイル (黒の実線) として保存されます。

オブジェクトの塗りつぶし

サポートされます

サポートされますが、スライド背景塗りつぶしを除きます。

グラデーションの塗りつぶしの分岐点が 3 個以上ある場合は、最初の 2 個より後のすべての分岐点が失われます。

線の書式設定

サポートされます

ODF では、一部の線のスタイルおよび線の端点のスタイルはサポートされません。 サポートされないスタイルは、それぞれ既定の黒い実線および開いた矢印として保存されます。

図のトリミング

サポートされます

図形による図のトリミングはサポートされません。

図の色変更

部分的にサポートされます

黒や白など、一部の図の色変更は、ODF に対応する色があります。 その他の図の色変更は対応する色がないため、単調化されます。 図は同じように表示されますが、色変更は実行されなくなります。

3D 図のオプション

サポート対象外

図のスタイル

部分的にサポートされます

枠線は部分的にサポートされますが、同じようには表示されないことがあります。

テーマ

サポート対象外

図形上のハイパーリンク

サポート対象外

ヒント

  • 他のユーザーにファイルを送信する前に、ファイルをいったん閉じてから開き直して、OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式を使用した場合の表示を確認することをお勧めします。

  • OpenDocument プレゼンテーション形式ではサポートされない、オブジェクトの詳細な書式設定を維持するには、オブジェクトを図に変換します。

  • 表を操作するときは、PowerPoint を閉じる前に表を完成させてください。 PowerPoint を閉じると、表が画像に変換され、その後は編集できなくなります。

  • 色の変更または拡大縮小を伴う強調のためのアニメーション (開始時または終了時のアニメーションではないアニメーション) は、.odp 形式でプレゼンテーションを保存すると該当する部分が失われるため、使用しないでください。

関連項目

Web 用 PowerPoint で OpenDocument .odp ファイルと PowerPoint .pptx ファイルを編集する

別のファイル形式でプレゼンテーションを保存する

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×