目次
×
アニメーション、ビデオ、オーディオ
アニメーション、ビデオ、オーディオ

PowerPoint で画面を記録する

コンピューターの画面と、関連するオーディオを記録して PowerPoint のスライドに埋め込むことができます。また、別ファイルとして保存することもできます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

演習

  1. 画面録画を配置するスライドを開きます。

  2. リボンの [挿入] タブで、[画面録画] を選択します。

  3. コントロール ドックで、[領域の選択] を選択します (または、画面全体を選択して記録する場合は、Windows ロゴ + Shift + F キーを押します)。 次に、十字形のカーソル 十字形のカーソル が表示されます。 選択してドラッグし、記録する画面の領域を選択します。  記録できる最小サイズ領域は、64 x 64 ピクセルです。 

    ヒント:  PowerPoint 音声とマウス ポインターを自動的に記録するので、既定では、コントロール ドック上で該当するオプションが選択されています。 これらをオフにするには、[オーディオ] と [ポインターの録画] の選択を解除します。

  4. [記録] を選びます。 必要に応じて [一時停止] を使用し、終了したら [停止] を使用します。 

    注: コントロール ドックは、画面に固定しない限り、記録中に画面の上部余白にスライドされます。 固定されていないコントロール ドックにアクセスするには、画面の上部にカーソルを置きます。

  5. ビデオがスライドに追加されます。 ビデオフレームを右クリックし、[開始] アイコンを選択して、ビデオの開始方法を選択します。クリック シーケンスで[自動] または [クリック時] を選択します。

  6. ビデオ フレームを右クリックして [スタイル] アイコンを選択し、別の図形を選ぶことで、ビデオの外観を変更できます。 

重要:     PowerPoint 2013 の画面の記録機能を使用するには、PowerPoint 2013 の 2015 年 2 月 16 日の更新プログラムをインストールします。

  1. 画面録画を配置するスライドを開きます。

  2. [挿入] タブで、画面記録] をクリックします。

    [挿入] > [画面録画]

  3. コントロール ドックで、[領域の選択] をクリックします (Windows ロゴ + Shift + A キー)。

    領域の選択

    記録できる最小サイズ領域は、64 x 64 ピクセルです。

    十字形カーソル 十字形のカーソル が表示されます。 クリックおよびドラッグして、記録する画面の領域を選択します。

    ヒント:    PowerPoint 音声とマウス ポインターを自動的に記録するので、既定では、コントロール ドック上で該当するオプションが選択されています。 それらのオプションをオフにするには、[オーディオ] (Windows ロゴ キー+ Shift + U キー) と [ポインターの録画] (Windows ロゴ + Shift + O キー) を選択解除します。

    現在の PowerPoint セッションで画面録画を既に完了している場合、画面には前の選択領域が表示されます。 その選択領域が適切なものである場合は録画を続行します。[領域の選択] をクリックして最初からやり直すこともできます。

  4. [レコード] をクリックします (Windows ロゴ + Shift + R キー)。

    ヒント:   コントロール ドックは、画面に固定しない限り、記録中に画面の上部余白にスライドされます。 固定されていないコントロール ドックにアクセスするには、画面の上部にカーソルを置きます。

  5. レコーディングを制御するには、以下を実行します。

    • [一時停止] をクリックすると (Windows ロゴ + Shift + R キー)、記録が一時的に停止します。

    • [記録] をクリックすると (Windows ロゴ + Shift + R キー)、記録が再開します。

    • [停止] をクリックすると (Windows ロゴ + Shift + Q キー)、記録が終了します (下図参照)。

      記録中のコントロール ドック

  6. 記録が終了したら、[ファイル]、[上書き保存] の順に選択して、プレゼンテーションを保存します。 記録は手順 1 で選択したスライドに埋め込まれます。

    記録自体をコンピューター上の別のファイルとして保存するには、記録を示すスライド上の図を右クリックし、[メディアに名前を付けて保存] を選択します。 [メディアに名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ファイル名およびフォルダーの場所を指定し、[保存] をクリックします。

別のファイルとして記録画面を保存する

  1. ビデオ フレームを右クリックし [メディアに名前を付けて保存] を選択します。

  2. [メディアに名前を付けて保存] ボックスで、フォルダーを選択し、[ファイル名] ボックスで、名前を入力します。

  3. [保存] を選択します。

ビデオをトリミングする

  1. ビデオ フレームを右クリックし、[トリミング] を選択します。

  2. [ビデオのトリミング] ボックスで、ビデオ映像をトリミングする場所を決定するには、[再生] を選択します。

  3. 切り取る時点が表示されたら、[一時停止] を選択します。 正確なタイミングを指定するには、[次のフレーム][前のフレーム] ボタンを使用します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • クリップの先頭をトリミングするには、開始点 (緑色のマーカーとしての下の図に表示) を選択します。 双方向矢印が表示されたら、矢印を目的のビデオの開始位置にドラッグします。

      ビデオのトリミング コントロールを表示する

    • クリップの最後をトリミングするには、(赤色のマーカーとして上の図に表示されている) 終点をクリックします。 双方向矢印が表示されたら、矢印を目的のビデオの終了位置にドラッグします。

  5. [OK] を選択します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×