Web 用 Project を使用する

Project でカスタム フィールドを作成する

Project でカスタム フィールドを作成する

Project での作業の管理とフィルター処理に役立つユーザー設定フィールドを最大 10 個追加します。 

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

カスタム フィールドを作成する

  1. グリッド ビューで 、[新しいフィールド に列を追加>を選択します

    [列見出しの追加] と [新しいフィールド] オプションを示す Project のスクリーン ショット

  2. フィールドの種類を選ぶ:

    [テキスト型、日付型、数値型、はい/いいえ型] を示す [新しいフィールドのプロジェクト] ダイアログ ボックスのスクリーン ショット

    重要: ユーザー設定フィールドの種類は、作成後は変更できません。 ユーザー設定フィールドの種類が間違っている場合は、フィールドを削除し、正しい型を使用してもう一度作成します。

  3. フィールド名を入力し、[作成] を 選択します

    フィールド名が入力された [Project of New] フィールド ダイアログのスクリーン ショット

注: 

  • ユーザー設定フィールドを再利用するには、プロジェクトのコピーを作成します。 現在、ユーザー設定フィールドは、プロジェクト全体または PowerBI レポートで使用できません。

  • 現時点では、カスタム フィールドを使用して数式を作成できない。 ユーザー設定フィールドを使用して数式を作成する方法の詳細については、以下を参照してください。Project for the Web UserVoice でお聞かわせください

ユーザー設定フィールドの値を編集する

次のいずれかの操作を行います。

  • グリッド ビューで 、ユーザー設定フィールドの値を選択し、もう一度選択して編集を開始します。

    編集中のカスタム フィールドを含む Web プロジェクトのグリッド ビュー

  • タスクの [タスクの詳細] ウィンドウの [ユーザー設定 フィールド] で、編集を開始する値を選択します。 

ユーザー設定フィールド プロパティを変更する

  • グリッドビュー で、ユーザー設定フィールドを選択し、表示されるメニューで、行う変更を選択します。 

ユーザー設定フィールドを使用してフィルターを適用する

Web 用 Project では、ユーザー設定フィールドを含むキーワードで任意のフィールドにフィルターを適用できます。

列の内容でフィルター処理されたプロジェクトのスクリーン ショット

Project デスクトップには、組織のニーズに合わせて定義できるユーザー設定フィールドが複数あります。 フィールドをカスタマイズして、プロジェクトに挿入することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

フィールドをカスタマイズする

  1. Project デスクトップでプロジェクト ファイルを開き、フィールド名を右クリックし、[ユーザー設定フィールド] を選択します

  2. フィールドをタスクビューで使用する場合は [タスク] を選択し、リソース ビューでフィールドを使用する場合は [リソース] を選択します。

  3. [種類] ボックスの一覧から、カスタマイズするフィールドの種類 を選択 します。

  4. [ 名前の変更] を選んで、このプロジェクトのフィールドの名前を完全に変更します。 表示されるダイアログ ボックスに新しい名前を入力し 、[OK]を選択します。

  5. [ ユーザー設定の属性] で、フィールドのデータの入力方法を選択します。

    • ユーザー設定フィールドでリストを使用する場合 (たとえば、組織内で異なるコスト センターのリストを作成する場合)、[ルックアップ] を 選択します。 表示されるダイアログ ボックスで、[値] 列に各リスト項目を入力し、リストアイテムの 1 つを既定で表示するかどうかを選択し、[閉じる] を選択します

    • 数式を使用してユーザー設定フィールドを入力する場合は、[数式] を選択 します。 表示されるダイアログ ボックスで、[フィールド]ボックスと [関数] ボックスを使用して数式を作成し、[OK]を選択します。

  6. [ タスクとグループのサマリー行の計算] で、ユーザー設定フィールドの値のロールアップ方法を選択します。 つまり、このユーザー設定フィールドのタスクとグループのサマリー レベルでの値の集計方法です。

    注: アウトライン コードフィールドとテキスト フィールドはロールアップされない。 また、[数式 を使用] オプションは、[ユーザー設定の属性] でフィールドの数式を定義している場合 にのみ使用できます

  7. [ 割り当て行の計算] で、ユーザー設定フィールドの値の分散方法を選択します。

    • この ユーザー設定 フィールドの内容を割り当て間で分散しない場合は、[なし] を選択します。

    • この ユーザー設定フィールドの 内容を割り当て全体に分散する場合 (たとえば、[タスク使用率] ビューや [リソース使用率] ビューなど) で手動で入力する場合を選び、[下へ移動] を選択します。 この場合、データを割り当て行に手動で入力しない限り、データは割り当てに分割されます。

  8. [ 表示する値] で、ユーザー設定フィールドのデータの表示方法を選択します。

    • [ データ] を選び、フィールドが表示されるすべてのビューのフィールド コンテンツに実際のデータを表示します。

    • [ グラフィカル インジケーター] を 選択して、データの代えのフィールドに表示する条件と関連するインジケーター画像を指定します。

フィールドをカスタマイズしたら、プロジェクトの適切なタスク ビューまたはリソース ビューにフィールドを挿入できます。

ページの先頭へ

ユーザー設定フィールドをインポートする

別のプロジェクトまたはテンプレートに、プロジェクトで役立つユーザー設定フィールドがある場合は、インポートして、同じ新しいユーザー設定フィールドを作成するために必要な時間を節約できます。

  1. フィールド名を右クリックし、[ユーザー設定フィールド] を選択します

  2. [インポート フィールド] を選択します

  3. プロジェクト リストからインポートするフィールドを含むプロジェクトを 選択 します。

  4. [フィールドの種類] 領域で、[タスク]、[リソース]、または [プロジェクト] を選択します

  5. [フィールド] リストからインポートするフィールドの名前を 選択 します。

  6. [OK]を選ぶと、フィールドの名前、値リスト、数式、グラフィカル インジケーターがプロジェクトにインポートされます。 これらの値は必要に応じて変更し、プロジェクトのビューにフィールドを挿入できます。

ユーザー設定フィールドを挿入する

フィールドをカスタマイズしたら、次にビューにフィールドを挿入します。

  • ユーザー設定フィールドの右側に表示する列の列見出しを右クリックし、[列の挿入]を選択し、リストからユーザー設定フィールドの名前を選択します。

    カスタマイズ時にフィールドの名前を完全に変更した場合は、新しい名前の下に一覧表示されます。 ユーザー設定フィールドの永続的な名前を使用しない場合は、フィールドに新しい名前を入力します。

カスタム フィールドを作成する

  1. プロジェクトを開き、[タスク] タブで [グリッド ] が選択されているのを確認します。

  2. グリッドで、最後の列を過ぎたばかりで、[新しいフィールドに列を追加>を選択します

    Project Power App で開いているプロジェクトに新しいフィールドを追加する

  3. [種類] と [フィールド名] を入力し、[作成] を 選択します

    Project Power App の [新しいフィールド] ダイアログ

ユーザー設定フィールドの名前を変更する

  1. プロジェクトを開き、[タスク] タブで [グリッド ] が選択されているのを確認します。

  2. グリッドで列見出しを選択し、[編集] を選択 します

  3. [フィールドの 編集] ダイアログ ボックスで、フィールド名に新しい値 を入力し、[更新] を選択 します

タスクのユーザー設定フィールドの値を変更する

  1. プロジェクトを開き、[タスク] タブで [グリッド ] が選択されているのを確認します。

  2. グリッドで変更するフィールド値を選択し、もう一度選択して値を編集します。

  3. 編集を完了するには、Enter キーを選択します。 

関連項目

Project Power App の使用を開始する

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×