Project デスクトップでプロジェクトをリンクしてマスター プロジェクトを作成する

Project デスクトップでプロジェクトをリンクしてマスター プロジェクトを作成する

Office 365 サブスクリプション, Project Professional 2019, Project Professional 2016, Office 2013, Office 2010

大掛かりなプロジェクトをより効率よく整理するには、複数のプロジェクト ファイルをリンク付けして、マスター プロジェクトとサブプロジェクトに分けて作成します。 たとえば、工事用のマスター プロジェクトでは、配管、電気、内装のサブプロジェクトが作成される場合があります。

プロジェクト ファイルにリンクを設定する

  1. 各サブプロジェクト用のプロジェクト ファイルを別々に作成し、マスター プロジェクトに指定するプロジェクトを開くか、新規作成します。

  2. マスター プロジェクトで [表示]、[ガント チャート] の順にクリックします。

  3. [タスク名] フィールドで、サブプロジェクトを下に挿入する行をクリックします。 サブプロジェクトは、マスター プロジェクトのタスク リスト内のどこにでも挿入できます。

  4. [プロジェクト]、[サブプロジェクト] の順にクリックします。

    サブプロジェクトの挿入コマンドが表示された [プロジェクト] リボン タブ

  5. [プロジェクトの挿入] ボックスで、挿入するサブプロジェクトを選びます。

    • 複数のサブプロジェクトを挿入するには、Ctrl キーを押したまま、挿入したい順にサブプロジェクトをクリックします。

    • ほとんどの場合、[プロジェクトへのリンク] チェック ボックスはオンにされているため、サブプロジェクトの変更はマスター プロジェクトに反映され、マスター プロジェクトの変更はサブプロジェクトに反映されます。 ただし、ファイルを動的にはリンクしないで、マスター プロジェクトへのサブプロジェクトのコピーだけを行いたい場合は、このチェック ボックスをオフにしてください。

  6. [挿入]をクリックするか、読み取り専用形式でプロジェクトを挿入するには、[挿入] ボタンの矢印をクリックし、[読み取り専用の挿入] をクリックします。 読み取り専用のプロジェクトを挿入すると、2 つのプロジェクト間にリンクが作成されますが、マスター プロジェクト内からサブプロジェクトを更新する必要が出てきます。 ただし、サブプロジェクト ファイルを直接更新すると、その変更はマスター プロジェクトに反映されます。 [ 読み取り専用の挿入 ] オプションは、[プロジェクトにリンク] チェック ボックスがオン の場合にのみ 使用できます。

リンクされたプロジェクトでリソース名の重複を避ける

同じ名前のリソースを持つプロジェクトどうしをリンク付けすると、重複するリソース名が作成され、混乱を招く恐れがあります。 これを回避するには、[プロジェクトの挿入] ダイアログ ボックスで [プロジェクトにリンク] ボックスをオフにします。 この操作により、マスター プロジェクトでのリソース情報 (支払い単価やリソース カレンダーなど) は、サブプロジェクトのリソース情報よりも優先されます。

注: リンクされていないサブプロジェクトをマスター プロジェクト内で更新しても、元のサブプロジェクト ファイルにこの変更は反映されません。

マスター プロジェクトでのサブプロジェクトの再構成

タスク リストに サブプロジェクト を マスター プロジェクト 、タスク リストを並べ替える場合は、タスク リストを 挿入されたプロジェクト 上または下に移動できます。

  1. [ ガント チャート> を選択します

  2. 移動する ID 番号 プロジェクト サマリー タスク 表すプロジェクトの一覧を選択します。

  3. 挿入したプロジェクトを削除するには、右 クリックして [切り取り] を選択します。

    注: タスクを切り取って貼り付け、別の場所のタスク リストに貼り付けするときに、タスクの 一意な ID ([エントリ] テーブルの最も左の列にある タスク ID とは異なる) を変更します。 一意の ID を変更せずにタスクを移動するには、タスクをタスク リスト内の新しい位置にドラッグします。 タスクをドラッグするには、[ID] フィールドの [タスク ID] の上にポインターを置く。 4 方向矢印に変わると、タスクを新しい場所にドラッグします。 情報は、貼り付けるまでプロジェクト計画から削除されるだけで、削除されません。

  4. プロジェクトをタスク リストに表示する下のタスクの ID 番号を選択します。

    注: プロジェクトのサマリー タスク だけが表示されている別の挿入されたプロジェクトの下にプロジェクトを挿入または貼り付ける場合、挿入または貼り付けするプロジェクトは、その上に挿入したプロジェクトと同じレベルで追加されます。 ただし、挿入したプロジェクトの下に、すべてのタスクが表示されている場合は、挿入または貼り付けを行うプロジェクトが、その上に挿入されたプロジェクトのサブプロジェクトになります。

  5. [貼 り付け] をクリックして、選択した行の上にプロジェクトを貼り付けます。

以下の手順は Microsoft Project 2007 に固有のものです。

プロジェクト間の依存関係の代わりに、プロジェクト間のリンクを使用する必要がある場合

プロジェクトに、別プロジェクトの特定のタスクに依存する特定のタスクがある場合、プロジェクト間のリンクを使用して、タスクの日付を相互に結び付けます。 これにより、依存先のタスクに遅れが生じた場合でも、新しい日付が自分のタスクに反映されます。 ご自分のプロジェクトが別プロジェクトに一部依存し、その依存関係を必ずしも特定のタスクに結び付ける必要がない場合は、プロジェクト間の依存関係を使用して、どのプロジェクトを関係付けるかを指定します。

  1. リンク先にするタスクを含むプロジェクトと、リンク元になるタスクを含むプロジェクトの両方を開きます。

    プロジェクトのいずれか 1 つの [ウィンドウ] メニューで [並べて表示] をクリックします。

  2. 外部先行タスクに依存関係を作成するタスクをクリックします。

  3. [ タスク情報] タブ ボタン イメージ し、[先行タスク] タブ をクリック します。

  4. [ID] 列で、外部先行タスクのプロジェクト名とタスク ID の番号をバックスラッシュで区切って入力します。 たとえば、ファイル名が Project1 で、タスク ID が 1 の場合は、「Project1\1」と入力します。

既定では、外部にリンクされたプロジェクトの日付が変更されると通知されます。 外部先行タスク、後続タスク、スケジュールへの影響は、外部リンクでプロジェクトを開いたときに表示され、変更の一部あるいはすべてを承諾するかどうかを選択できます。

  • どちらのプロジェクトも、外部タスクにリンク付けする前に保存する必要があります。

  • Microsoft Office Project Server に格納されている別プロジェクト内のタスクにリンクを設定するときには、先行タスクのタスク ID を正しく書式設定する必要があります。 [タスク情報] ダイアログ ボックスで、[先行タスク] タブの [ID] 列で、タスク ID は <>\project1\42 のように書式設定されている必要があります。 この例では、project1 は先行タスクを含むプロジェクトの名前で、42 は先行タスクのタスク ID になります。

  • 外部にリンクされたタスクは、タスク リストで淡色表示されます。 外部後続タスクまたは外部先行タスクでタスクをダブルクリックすると、プロジェクトが利用できる場合、外部タスクを含むプロジェクトが開きます。

プロジェクト間のタスクをリンク付けしたが、データが一致しない

[形式を選択して貼り付け] ダイアログ ボックス ([編集] メニュー) の [リンクの貼り付け] オプションを使用してタスクを接続する場合、Project はオブジェクトのリンクと埋め込み (OLE) を使用して接続します。 選択したフィールドのみにリンクが設定されます。 ただし、タスクには、タスクをスケジュールする方法に影響を及ぼすものに関連する情報のフィールドを複数含む場合があり、そのようなフィールドは、画面分割ビューを使用している場合、表示されません。

異なるプロジェクトでのタスク間で依存関係を作成する必要がある場合は、外部の依存関係 (リンクの貼り付けではなく) を作成して、正確なスケジュールを維持します。

[リンクの貼り付け] オプションを使用するときに、行全体ではなく、個別のフィールドを選択し、必要な情報にのみリンクを設定することで、スケジュール情報の競合を回避します。

詳細情報

計画の階層化: マスタ プロジェクトとサブプロジェクト

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×