Project 内部でタスクがスケジュールされる方法

Project 内部でタスクがスケジュールされる方法

Office 365 サブスクリプション, Project Professional 2019, Project Professional 2016, Office 2013, Office 2010

この記事では、Project が Project のタスクをスケジュールする方法の技術的側面について説明します。 Project でタスクが予想とは異なる時間に自動的に移動される場合、ユーザーが混乱する場合があります。 また、タスクの制約を変更すると、他のタスクが予期しない動きを引き起こした理由を疑問に思う人もいます。 大きな "理由" を理解する機会は次の 1 つでしょう。 Project の強力なスケジュール エンジンの背後に表示されます。

これは、最初は簡単に理解できるとは限りませんが、この方法を使用すると、知識の豊富なプロジェクト マネージャーが作成され、プロジェクトの終了日をより詳細に管理できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

プロジェクトの開始日がタスクのスケジュールに与える影響

プロジェクトに新しいタスクを追加すると、そのタスクはプロジェクトの開始日に開始されるように自動的にスケジュールされます。 複数のタスクをスケジュールに追加して他のタスクと接続すると、タスクの開始時刻が変更され、最後に終了するタスクによってプロジェクトの終了日が決まります。

  • プロジェクトの開始日を検索する、または別の日付に変更するには、[プロジェクト]、[プロジェクト情報] の順にクリックします。

当然ながら、例外もあります。 たとえば、タスクの中には他のタスクが移動されても移動しないものもあります。 手動スケジュール タスクおよび自動スケジュール タスクのスケジュール設定の詳細については、以下を参照してください。

タスクの依存関係を作成する前と後

ボタンの画像 を作成する場合は、最初にプロジェクトの開始日を入力します。 開始時刻を基点にプロジェクトをスケジュールすると、特に指定しない限り、すべてのタスクがプロジェクトの開始日に開始されます。

ボタンの画像 手動スケジュール タスクと自動スケジュール タスクの両方で、タスクの依存関係や制約が適用され、プロジェクトの期間は最も長いタスクの期間と同じです。 つまり、プロジェクトの終了日は、最も長いタスクの終了日と等しくなります。

ボタンの画像 1 番目のタスクと 2 番目のタスクの間の終了 -開始依存関係など、タスクの依存関係 (次に示すように) によって、プロジェクトの終了日が変更される場合があります。

ほとんどのプロジェクトは、既知の開始時刻からスケジュールする必要があります。 プロジェクトを完了する必要のある日付がわかっている場合でも、開始日からスケジュールすることで、最も柔軟な対応ができるようになります。

ただし、次のような場合は終了日からスケジュールできます。

  • プロジェクトを終了させる必要がある特定の日付に合わせて、プロジェクトの開始日を決定する場合。

  • プロジェクトの開始日を特定できない場合 (別のソースから作業を受け取るのが遅れる可能性のある場合など)。

  • プロジェクトの管理方法により、終了日からスケジュールする必要がある場合。

終了日からスケジュールしたプロジェクトで作業する場合は、次のように、一部の操作が異なる方法で処理されることにご注意ください。

  • 自動的にスケジュールされたタスクを入力すると、そのタスクの終了日に [できるだけ遅く] (ALAP) という制約が自動的に割り当てられます。 その他の制約は、必要な場合にのみ設定します (タスクを右クリックし、[タスク情報] をクリックします)。

  • 自動スケジュール タスクの場合、ガント バーをドラッグしてタスクの終了日を変更すると、[指定日までに終了] (FNLT) という制約が自動的に割り当てられます。

  • 以前に開始日からスケジュールしていたプロジェクトを変更して終了日からスケジュールすると、自動的にスケジュールされたタスクおよび割り当てから、平準化による延期期間と平準化による分割されたタスクがすべて削除されます。 手動でスケジュールされたタスクの設定は変更されません。

  • 自動平準化を使用してプロジェクトのリソースの割り当て超過を減らすと、平準化による延期期間はタスクの前ではなくタスクの後に追加されます (平準化の設定を確認するには、[リソース] タブをクリックして、[リソースの平準化] をクリックします)。

ページの先頭へ

タスクのリンクがスケジュールに与える影響

タスクのリンク (依存関係) は、ある時点でのタスク間の関係を表します。 タスクをリンクすると、タスクの依存関係が作成されます。 このタスクの連鎖は、プロジェクト全体の長さと終了日を決定します。

<c0>プロジェクト管理のヒント</c0> プロジェクト開始をどのくらい後にしても間に合うか確かめるには、終了日からスケジュールします。 プロジェクト内のタスクをリンクすると、リンクのクリティカル パスが設定されます。 このクリティカル パスは、プロジェクトの終了を決定します。 クリティカル パスの 詳細については、以下を参照してください

リンクの種類

使用例

説明

[終了-開始] (FS)

[終了 - 開始] リンクの画像

タスク B はタスク A に依存しているため、タスク A が終了するまでは、タスク B を開始することはできません。

たとえば、「基礎の掘削」と「コンクリートの流し込み」という 2 つのタスクがある場合、「コンクリートの流し込み」タスクは、「基礎の掘削」タスクが終了するまで開始できません。
Project でタスクをリンクする場合、既定のリンクの種類は [終了-開始] です。
このリンクの種類は既定の種類です。 リンクの種類の指定がない場合は、[終了-開始] 関係を指定したと見なされます。

[開始-開始] (SS)

[開始 - 開始] リンクの画像

タスク B はタスク A に依存しているため、タスク A が開始されるまでは、タスク B を開始することはできません。

依存する側のタスクは、依存される側のタスクが開始された後であれば、いつでも開始できます。 開始-開始 (SS) 型のリンクでは、両方のタスクを同時に開始する必要はありません。

たとえば、「コンクリートの流し込み」と「コンクリートのならし」という 2 つのタスクがある場合、「コンクリートのならし」タスクは、「コンクリートの流し込み」タスクが開始されるまで、開始できません。

[終了-終了] (FF)

[終了-終了] タスク リンクの画像

タスク B はタスク A に依存しているため、タスク A が終了するまでは、タスク B を終了することはできません。

依存する側のタスクは、依存される側のタスクが終了した後であれば、いつでも終了できます。 [終了-終了] (FF) 型のリンクでは、両方のタスクを同時に終了する必要はありません。

たとえば、「配線」と「配管」という 2 つのタスクがある場合、検査を行う前に両方のタスクを同時に終了する必要があります。

[開始-終了] (SF)

[終了 - 開始] タスク リンクの画像

タスク B はタスク A に依存しているため、タスク A が開始されるまでは、タスク B を終了することはできません。

依存する側のタスクは、依存される側のタスクが開始された後であれば、いつでも終了できます。 [開始-終了] (SF) 型のリンクでは、依存する側のタスクの終了と依存される側の開始が同時に起こる必要はありません。

このリンクの種類は、プロジェクト管理ではめったに使用されません。 たとえば、「屋根を付ける」と「作業の監督」という 2 つのタスクがある、家屋に屋根を付けるプロジェクトがあるとします。 この場合、「屋根を付ける」タスクは開始できますが、屋根を付け終わる前の時点で監督が現れる必要があります。

手動スケジュール タスクに関する注意: タスクを別のタスク 手動スケジュール タスク リンクする場合、Project はリンクの種類を尊重し、手動スケジュール タスクを他のタスクに対して相対的に設定します。 たとえば、[終了-開始] リンクが設定された後続のタスクは、先行タスクが完了すると開始タスクとして表示されます。 しかし、後続のタスクは、リンクが作成されたときにのみ移動されます。 先行タスクの終了日が後から変更されても、後続タスクの開始日は変更されません。

別のタスクにリンクされているときに手動スケジュール タスクが移動しないように Project を構成することもできます。

  1. [ファイル]、[オプション]、[スケジュール] の順にクリックします。

  2. [リンクの編集時に手動でスケジュールされたタスクを更新する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

タスクの制約条件がスケジュールに与える影響

制約により、自動的にスケジュールされたタスクの開始日または終了日を制御することができます。 制約には次の 3 種類があります。

  • 柔軟な制約には、特定の日付は関連付けできません。 これらの制約を設定すると、スケジュール内の他の制約とタスクの依存関係を指定して、タスクを可能な限り早く、または可能な限り遅く、プロジェクトが終了する前にタスクを終了することができます。

  • やや弱い制約では、タスクに対して最も早い開始日/終了日または最も遅い開始日/終了日を制御する日付が関連付けられます。 開始日または終了日の期限が満たされていれば、タスクはいつ完了してもよいことになります。

  • 強い制約では、タスクの開始日または終了日を制御する日付が明示的に関連付けられます。 この制約タイプは、機器やリソースの利用可能性、期限、契約上のマイルストーン、開始日や終了日など、外的要因を考慮しながらスケジュールを作成するときに役立ちます。

<c0>プロジェクト管理のヒント</c0> プロジェクト開始をどのくらい後にしても間に合うか確かめるには、終了日からスケジュールします。 ほぼすべてにおいて、ASAP 制約を使用します。 これにより、スケジュール エンジンは、プロジェクトに最適な終了日を決定する最も柔軟な方法を提供します。

タスクの制約をすぐに確認するには、次の 2 つの方法があります。

  • タスクの制約を確認または変更するには、タスクを右クリックし、[タスク情報] をクリックし、[詳細] タブをクリックします。 制約情報が [制約タイプ] ボックスおよび [制約の指定日] ボックスに表示されます。

  • 制約が [できるだけ早く] (ASAP) または [できるだけ遅く] (ALAP) 以外の場合は、[ガント チャート] ビューなどの任意のシート ビューの状況説明マーク列に、その制約のタイプに関連付けられたマークが表示されます。

スケジュールの柔軟性が中程度の制約により、選択した日付の前または後にタスクの開始または終了が制限されます。 たとえば、6 月 15 日に [指定日に開始] (SNET) 制約を設定し、別のタスクへの終了-開始依存関係を持つタスクは、先行タスクが 6 月 15 日に終了した場合 (先行タスクが 6 月 15 日より後に終了した場合は 6 月 15 日より後) に開始できますが、6 月 15 日より前にスケジュールすることはできません。 たとえば、特定の日付にのみ適した建築許可がある場合、これは制約の適切な使用である可能性があります。 この場合、SNET または FNLT 制約が使用される可能性があります。

制約を適用する前と後

ボタンの画像 既定の終了-開始タスクリレーションシップとこれらのタスクに ASAP 制約が適用されている場合、後続タスク (2 番目のタスク) は、先行タスク (最初のタスク) が終了予定されるとすぐに開始される予定です。

ボタンの画像 SNET 制約が適用されている場合、先行タスクが制約日より前に完了した場合でも、後続タスクは制約日より前に開始できません。

Project で利用できる制約を次の表に示します。

制約タイプ

制約名

説明

弱い

[できるだけ遅く]

後続のタスクに影響を与えない範囲で、プロジェクトが終了するまでのできるだけ遅い時点でタスクが終了するようにスケジュールします。 この制約タスクは、終了日を基準にプロジェクトをスケジュールするときに既定で設定される制約です。 この制約の場合はタスクの開始日や終了日は入力しません。

弱い

[できるだけ早く]

タスクをできるだけ早く開始するようにスケジュールします。 この制約タスクは、開始日を基準にプロジェクトをスケジュールするときに既定で設定される制約です。 この制約の場合は開始日や終了日は入力しません。

やや弱い

[指定日以後に開始]

タスクを指定した日付以降に開始するようにスケジュールします。 タスクの開始が特定の日付以前にならないようにするときに、この制約を使います。

やや弱い

[指定日以後に終了]

タスクを指定した日付以降に終了するようにスケジュールします。 タスクの終了が特定の日付以前にならないようにするときに、この制約を使います。

やや弱い

[指定日までに開始]

タスクを指定した日付以前に開始するようにスケジュールします。 タスクの開始が特定の日付以降にならないようにするときに、この制約を使います。

やや弱い

[指定日までに終了]

タスクを指定した日付以前に終了するようにスケジュールします。 タスクの終了が特定の日付以降にならないようにするときに、この制約を使います。

強い

[指定日に終了]

タスクを指定した日付に終了するようにスケジュールします。 入力した日付に、最早、スケジュールどおり、最遅終了日を設定し、タスクのスケジュールを固定します。

強い

[指定日に開始]

タスクを指定した日付に開始するようにスケジュールします。 入力した日付に、最早、スケジュールどおり、最遅開始日を設定し、タスクのスケジュールを固定します。

既定では、プロジェクト内のタスクのうち、開始日からスケジュールされているすべてのタスクに [できるだけ早く] (ASAP) 制約が適用されます。 同様に、既定では、プロジェクト内のタスクのうち、終了日からスケジュールされているすべてのタスクに [できるだけ遅く] (ALAP) の制約が適用されます。

強い制約を設定すると、通常は、タスクの依存関係にかかわらず、選んだ日付にタスクが固定されます。 たとえば、[指定日に開始] (MSO) 制約が 9 月 30 日で、別のタスクとの間に [終了 - 開始] の依存関係があるタスクは、先行タスクの終了日にかかわらず、常に 9 月 30 日にスケジュールされます。 この動作は変更できます。 [ファイル]、[オプション]、[スケジュール] の順にクリックし、[タスクの制約の指定日を常に優先する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

タスクの種類がスケジュールに与える影響

タスクの種類には、単位数固定、作業時間固定、期間固定の 3 種類があり、自動スケジュール タスクにのみ適用されます。 Project はタスクの種類を確認し、プロジェクトのスケジュールに期間、作業時間、単位がどのように影響するかを決定します。

次の表に示すように、3 つの要素のうち 1 つを編集した場合、スケジュールに及ぼす影響はタスクの種類によって異なります。

タスクの種類

単位数を変更した場合

期間を変更した場合

作業時間を変更した場合

単位数固定

期間が再計算されます

作業時間が再計算されます

期間が再計算されます

作業時間固定

期間が再計算されます

単位数が再計算されます

期間が再計算されます

期間固定

作業時間が再計算されます

作業時間が再計算されます

単位数が再計算されます

  • タスクの種類を変更するには、ガント チャートでタスク名をダブルクリックし、[詳細] タブをクリックします。

単位数が固定されたタスクがあり、1 日あたり 8 時間を費やすことのできるフルタイム リソースの単位数が 1 だとします。 あなたは、期間を 10 日、作業を 80 時間とするタスクを設定しました。

  • このタスクに参加することのできるフルタイムのリソースが他にもう 1 人見つかった場合、タスクの期間が再計算されます。 これでタスクに割り当てられた単位数は 2 になり、期間と作業時間はそれぞれ 5 日と 80 時間になります。

  • このタスクを 10 日ではなく 8 日で完了させなければならなくなった場合、タスクの作業時間が再計算されます。 これでタスクに割り当てられた期間は 8 日、作業時間とリソースの単位数はそれぞれ 64 時間と 1 になります。

  • このタスクには別の作業が必要で、その所要時間が 20 時間であることがわかった場合、タスクの期間が再計算されます。 これでタスクに割り当てられた作業時間は 100 時間になり、期間とリソースの単位数はそれぞれ 12.5 日と 1 になります。

今度は、同じタスクを作業時間固定に変更することになりました。 したがって、タスクに指定した作業時間を増減させることはできません。 この例では、1 日あたり 8 時間を費やすことのできるフルタイムのリソースの単位数が 1、期間は 10 日、作業時間は 80 時間としてタスクが設定されています。

  • このタスクに参加することのできるフルタイムのリソースが他にもう 1 人見つかった場合、タスクの期間が再計算されます。 これでタスクに割り当てられた単位数は 2 になり、期間と作業時間はそれぞれ 5 日と 80 時間になります。

  • このタスクを 10 日ではなく 8 日で完了させなければならなくなった場合、タスクのリソースの単位数が再計算されます。 タスクを 80 時間、8 日で完了させるためには、リソースの単位数として 1.25 を割り当てる必要があります。 この時点でタスクに割り当てられるリソースの単位数は 125% です。 増えた分の 25% に対して別のリソースを割り当てる必要があります。

  • このタスクには別の作業が必要で、その所要時間が 20 時間であることがわかった場合、タスクの期間が再計算されます。 これでタスクに割り当てられた作業時間は 100 時間になり、期間とリソースの単位数はそれぞれ 12.5 日と 1 になります。

最終的に、同じタスクを期間固定に変更することになりました。 したがって、タスクは指定した期間内に完了する必要があります。 タスクの設定内容は、これまでと同様、1 日あたり 8 時間を費やすことのできるフルタイムのリソースの単位数が 1、期間は 10 日、作業時間は 80 時間です。

  • このタスクに参加することのできるリソースが他にもう 1 人見つかった場合、各リソースに割り当てられた作業時間が再計算されます。 タスクに割り当てられたリソース単位数が 1 のとき、そのリソースが作業に費やすことのできる時間は 80 時間でした。 同じタスクに別のリソースを追加した場合、各リソースは 10 日間という固定された期間に、40 時間を費やして作業を完了させることになります (2 人合わせて 80 時間)。 リソースの単位数を 1 つ増やしたことで、各リソースへの割り当て分が 50% 減ったので、それによって生まれた 50% の余裕を他のタスクに充当することができます。

  • このタスクを 10 日ではなく 8 日で完了させなければならなくなった場合、タスクの作業時間が再計算されます。 これでタスクに割り当てられた期間は 8 日、作業時間とリソースの単位数はそれぞれ 64 時間と 1 になります。

タスクに追加の作業時間が 20 時間かかる場合は、タスクのリソース単位数が再計算され、10 日間の期間内に追加の作業を引き続き完了できます。 これで、タスクの作業時間は 100 時間に設定され、期間は 10 日、リソースの単位数は 1.25 です。 この時点でタスクに割り当てられるリソースの単位数は 125% です。 増えた分の 25% に対して別のリソースを割り当てる必要があります。

注: コスト型リソースには作業時間や単位数は割り当てられないため、タスクの開始日や終了日が変更されても、作業時間や単位数は再計算されません。 同様に、コスト型リソースでは、作業時間や単位数を変更することはできないため、日付も再計算の対象外となります。

タスクの種類についての注意点を次に示します。

ヒント

説明

残存作業を優先するスケジュール方法のタスクの注意点

[タスクの種類] の一覧の [作業時間固定] をクリックした場合、そのタスクの [残存作業の優先] チェック ボックスの設定は変更できません。 作業時間固定のタスクでは作業時間の値を変更できないため、必然的に、残存作業時間を優先するスケジュールになります。 残存作業時間を優先するスケジュール方法のタスクの詳細については、以下を参照してください。

タスクの種類の変更に役立てるために列を追加する

ビューに [タスクの種類] フィールドを挿入すると、直接各タスクの種類を参照および変更できます。 新しい列を挿入する位置の右側の列をクリックし、[挿入] メニューの [] をクリックします。 [フィールド名] の一覧の [タスクの種類] をクリックします。

サマリー タスクは常に期間固定のタスク

サマリー タスクは、サマリー タスクの開始日と終了日がそのサブタスクで定義されているため、常に期間固定のタスクです。

アウトラインにはタスクの種類ではなく、レベルの変更を使用する

プロジェクトのアウトライン構造の一部としてタスクまたはサブタスクの階層構造を変更するには、タスクの種類を変更したり、期限を追加したりするのではなく、タスクのレベルを変更する必要があります。

[できるだけ早く] (ASAP) などのタスクの制約とタスクの種類を混同しない

タスクの開始日と終了日の計算方法に対して制約を適用するには、タスクの種類ではなく、タスクの制約を設定する必要があります。

ページの先頭へ

残存作業時間を優先するスケジュール方法がスケジュールに与える影響

すべてのタスクはリソースの割り当て後に、次の式に基づいて決定されます (タスクが既定の単位数固定のタスクの種類であることを前提とします)。

Duration = Work / Units

どのタスクについても、タスクの種類を設定すると、計算式のどの要素を Project で計算するかを選べます。 タスクにリソースを割り当てたり削除したりすると、Project では、割り当てられたリソースの数に基づいてタスクの期間だけが変更され、タスクの作業時間の合計は変更されません。 これは、残存作業時間を優先するスケジュール方法と呼ばれます。 この設定は通常、無効になっています。 この設定をオンにするには、[ファイル]、[オプション]、[スケジュール] の順にクリックし、[新しいタスクに対して、残存作業時間を優先するように設定する] チェック ボックスをオンにします。

残存作業時間を優先するスケジュール方法は、ほとんどの状況で効果的に使用できますが、リソースの追加または削除によって特定のタスクが受ける影響をより正確に知りたい場合には、この設定を無効にする必要があります。 たとえば、特定のタスクに対して時間単価型リソースの割り当てを増やした場合などは、作業時間がどれだけ増えるかがわかります。

  1. タスクを右クリックし、[タスク情報] タブ ボタンの画像 、[ 詳細] タブ をクリック します。

  2. [残存作業の優先] チェック ボックスをオフにします。

注: 残存作業時間を優先するスケジュール方法を、作業時間固定のタスクから削除することはできません。 作業時間固定のタスクでは作業の値を変更できないため、必然的に、残存作業時間を優先するスケジュールになります。

残存作業時間を優先するスケジュール方法を使って作業する場合は、次の点にご注意ください。

ヒント

説明

残存作業時間を優先する計算は最初に割り当てられたリソースには適用されない

残存作業時間を優先する計算が適用されるのは、最初のリソースをタスクに割り当ててからになります。 一度リソースが割り当てられると、同じタスクにさらに新しいリソースを割り当てたり削除したりしても、作業時間が変更されないようになります。

単位数固定タスクの注意点

リソースを割り当てるタスクの種類が [単位数固定] の場合は、リソースを追加するとタスクの期間が短くなります。

期間固定タスクの注意点

リソースを割り当てるタスクの種類が [期間固定] の場合は、リソースを追加するとリソースの単位数が減少します。

作業時間固定タスクの注意点

リソースを割り当てるタスクの種類が [作業時間固定] の場合は、リソースを追加するとタスクの期間が短くなります。

残存作業時間を優先するスケジュール方法を設定できないタスク

サマリー タスクや挿入プロジェクトに対して、[残存作業時間を優先するスケジュール方法] を設定することはできません。

ページの先頭へ

手動スケジュールおよび自動スケジュールがスケジュールに与える影響

手動スケジュール タスクと自動スケジュール タスクの違いを理解することは、Project でプロジェクトがスケジュールされる方法を理解する鍵となります。

一般に、手動スケジュール タスクを使用すると、スケジュールを制御できます。 タスクをスケジュールに追加すると、タスクはそのまま残されます。 ただし、特にプロジェクトが複雑になり、Project の強力なスケジュール エンジンを利用するために自動スケジュール タスクを使用する場合は、スケジュールを設計する最適な方法とは限らない。

下の図を見てご覧ください。 2 種類のタスク、最初の 2 つの手動スケジュール、最後の 2 つの自動タスクが表示されます。

手動スケジュール タスクおよび自動スケジュール タスクについて

手動スケジュール タスクの場合、期間はテキスト値と数値です。 期間にはテキスト値を指定できます。開始日は Project によって自動的に設定されていないので、現時点でのタスク スケジュールの不確実性を反映するためにガント バーが部分的にしか表示されません。

自動スケジュール タスクの期間は、12 時間の期間の "12h" など、時間単位が追加された数値です。 定義上、有効な期間、開始日、終了日を含む自動スケジュール タスク (バー) は Project によって自動的に描画されます。

場合によっては、手動スケジュール タスクで指定した情報の取り扱いに注意する必要があります。 手動スケジュール タスクのバーを Project が描画するために必要な値は、期間、開始日、終了日の 3 つの時刻値です。 手動スケジュール タスクにこれらの値のうち 2 つを設定した場合、3 つ目の値は Project によって自動的に計算されますが、タスクは手動スケジュールのままになります。 したがって、このような Project の「予期しない」動作に注意する必要があります。

注: 既定では、タスクは手動でスケジュールされます。 以前のバージョンの Project を使用した自動スケジュール設定に慣れているプロジェクト管理者は、特定のタスクまたはプロジェクト全体について手動スケジュール機能をオフにできます。 一部のプロジェクト (特に複雑なプロジェクト) では、スケジュール設定を処理するために Project の強力なスケジュール エンジンが必要になる場合があります。 すべてのタスクを自動スケジュールに変更するには、Project アプリケーション ウィンドウの下部にある [新しいタスク: 自動スケジュール] をクリックします。

手動スケジュール タスク

手動でスケジュール設定されたタスクは、スケジュール内の任意の場所に配置でき、Project によって移動されることはありません。 この新機能によって、スケジュールの計画と管理をより柔軟に制御できるようになります。

気にする理由は何ですか? 多くの場合、プロジェクト スケジュールは非常に非公式です。 電子メール、関係者との会議、またはホールの会話から、簡単な日付のリストから始まります。 プロジェクト マネージャーは、多くの場合、作業項目に関する完全な情報を持たしません。 たとえば、タスクをいつ開始する必要があるのかのみを認識し、チーム メンバーからの見積もりを受け取るまでは期間を認識しない場合があります。 また、タスクの時間はわかっているかもしれませんが、リソース マネージャーの承認を得るまでタスクを開始できるかどうかはわかりません。

手動スケジュール タスクでは、次を考慮する必要があります。

  • わかりやすい表示。 手動スケジュール タスクには、「従来」の自動スケジュール タスクと区別できるように独自の状況説明マークとタスク バーが用意されています。

  • 柔軟性。 手動スケジュール モードのタスクの場合は、[開始] 列、[完了] 列、[期間] 列を空白にしておくことも、わかりやすい日付に加えて文字列値を入力しておくこともできます。

  • スケジュール モードの切り替え 手動スケジュールから自動スケジュールにタスクを前後に変更できます。 しかし、ご注意ください。 タスクを手動スケジュールから自動的にスケジュールに変更する場合、Project はいくつかの決定を行う必要があります。 タスクの期間が "fortnight" の場合、タスクが自動的にスケジュール設定されている場合、通常、Project は見積もり期間を "1 日?" に設定します。 結局のところ、2 週間の期間が長いプロジェクトは予想外です。

  • 滑りを制御する 遅延のために手動スケジュール タスクを延期する必要がある場合、後続タスクは自動的にプッシュアウトされません。 プロジェクト マネージャーは、リソースが計画通りに進める場合は元の日付を保持するか、ハードな依存関係がある場合は後続タスクを延期することができます。

  • 取り組み作業に対する影響    手動スケジュール タスクは、時間割り当て型に設定することはできません。 手動スケジュール タスクの期間は、割り当てられているリソースが多い場合や、タスクから削除された場合でも変更されません。 詳細については、この記事の後半を参照してください。

次の表に、手動スケジュール タスクおよび自動スケジュール タスクの Project 属性の定義および使用方法を示します。

アイテム

手動スケジュール

自動スケジュール

期間

「14d」または「fortnight」などの数値、日付、または文字列情報を指定できます。 期間として認識できない形式の値は、プロジェクトをスケジュールするために使用されません。

「14d」または「2 months」などの時間の長さと時間の単位を表す数値のみを使用できます。

作業時間

「14d」または「2 months」などの時間の長さと時間の単位を表す数値のみを使用できます。

「14d」または「2 months」などの時間の長さと時間の単位を表す数値のみを使用できます。

リソース

タスクに割り当てることができます。 リソース カレンダーは、タスクをスケジュールするために使用されません。

タスクに割り当てることができます。 最適なスケジュールを決定するために、使用されます。 手動スケジュール タスクとは異なり、タスクに残存作業時間を優先するスケジュール方法が設定されている場合はタスクの期間が変更されます。

開始日

「Jan 30」または 「Sometime soon」などの数値、日付、または文字列情報を指定できます。 時刻として認識できない形式の値は、プロジェクトをスケジュールするために使用されません。

日付情報のみを使用できます。 ただし、Project で自動スケジュール タスクのために予約されている「today」と「tomorrow」の値は使用できます。

終了日

「Jan 30」または「Sometime soon」などの日付、または文字列情報を指定できます。 プロジェクトをスケジュールするために使用されません。

日付情報のみを使用できます。 ただし、Project で自動スケジュール タスクのために予約されている「today」と「tomorrow」の値は使用できます。

制約

無視されます。

最適なスケジュールを決定するために、使用されます。

依存関係 (リンク)

使用できますが、タスクのスケジュールを変更することはありません。 ただし、タスクのリンクは最初に適用されたときにタスクのスケジュールを変更します。

使用できます。また、タスクのスケジュールを変更します。

プロジェクト カレンダーおよびリソース カレンダー

無視されます。

最適なスケジュールを決定するために、使用されます。

自動スケジュール タスク

自動スケジュール タスクは、Project でタスクをスケジュールする従来の方法です。 自動スケジュールは、プロジェクトのスケジュールを管理する高度に構造化された体系的な方法を提供します。 タスク期間、予定作業時間、リソース数、制約の指定日などのユーザーの入力に基づいて、最適なスケジュールの開始日と終了日が自動的に計算されます。

Project では、以下について入力した情報に基づいてプロジェクトがスケジュールされます。

  • プロジェクト全体についての情報

  • プロジェクトを完了させるために必要な個々の作業アイテム (タスクと呼ばれる)

  • これらのタスクを完了させるために必要なリソース (必要な場合)

スケジュールの作成後、プロジェクトに変更が生じた場合、タスクまたはリソースを更新したり、Project でスケジュールを自動調整することができます。

各タスクには、次のいずれかまたはすべての情報を入力します。

  • 期間

  • タスクの依存関係

  • 制約

これらの情報を使用して、各タスクの開始日と終了日が計算されます。

プロジェクトにリソースを入力し、タスクに割り当てることで、各割り当てを担当するリソースを示すことができます。 これにより、プロジェクトの人員配置を計画できるだけでなく、必要なコンピューターの数や使用する資材の量の計算も簡単になります。 リソースを入力すると、次のようなリソース情報に基づいて、タスクのスケジュールがより細かく調整されます。

  • 作業時間

  • 単位

  • カレンダーに入力された稼働時間と非稼働時間

スケジュールは、リンクのリード タイムとラグ タイム (時間差)、タスクの種類、リソースの利用の可否、スケジュール設定リソースなどの他の要素によっても影響を受けるため、こうした要素の効果を理解しておくと、必要に応じてスケジュールを維持および調整するのに役立ちます。

注: Project では、期間単位の定義 ([ファイル]、[オプション]、[スケジュール] の順にクリック) に基づいて自動スケジュール タスクの期間が計算されます。 通常のカレンダーと同様に、年の開始月は 1 月、週の開始日は日曜日または月曜日に設定されています。 既定では、1 日の稼働時間を 8 時間、1 週間の稼働時間を 40 時間、1 か月の稼働日を 20 日として期間単位が計算されます。 タスクの開始日と終了日を入力し、開始時刻と終了時刻を入力しない場合、既定の開始時刻は午前 8:00、既定の終了時刻は午後 5:00 に設定されます。

タスクのスケジュール モードを変更する

タスクのスケジュールは自動と手動を切り替えられます ([ファイル]、[オプション]、[スケジュール] の順にクリックします)。 タスク モードを変更するときは、次の点にご注意ください。

  • 自動スケジュールに変更されたタスクには、Project の既定の設定で期間と日付が設定されます。 たとえば、手動スケジュール タスクの期間 "A couple weeks" は、既定値の "1 day?" に変更されます。 開始日に "tomorrow" を手動で入力したタスクを自動スケジュール タスクに変更すると、その開始日はプロジェクトの開始日に変更されます。

  • 手動スケジュールに変更されたタスクの期間と日付は保持されます。 ただし、タスクを手動スケジュールに設定した後は、期間と日付に任意の数値、文字列、または日付値を指定できます。

ページの先頭へ

フロート (または余裕期間) がスケジュールに与える影響

フロート (余裕期間とも呼ばれます) は、プロジェクトの終了日を変更することなく、遅らせることができるタスクを見つけるのに役立ちます。 クリティカル パスに影響を与えることなく遅らせることのできるタスク (総余裕期間) を表示したり、前後のタスクに影響を与える前のタスク (余裕期間) を表示したりする必要があるかもしれません。

スケジュール内のフロートを表示する 2 つの方法を次に示します。

  • ガント チャートで [書式] をクリックし、[余裕期間] チェック ボックスをオンにします。 フロートは、ガント バーの終端または先端に添付された細い線として表示されます。

  • [ガント チャート (詳細)] ビューを使用します。 [表示]、[その他のビュー]、[その他のビュー]、[ガント チャート (詳細)] の順にクリックし、[適用] をクリックします。
    ここで、ガント チャートに戻り、[テーブル] をクリックし、[スケジュール] をクリックします

次に、フロートについてのいくつかの注意点を示します。

ヒント

説明

強い制約に注意する

先行タスクの終了が大幅に遅れて、日付に制約のある後続タスクを指定日に開始できなくなった場合は、負の余裕期間が生じます。 負の余裕期間は、プロジェクトの終了日をさらに制限します。

期限によって総余裕期間が変更される

期限は、タスクの総余裕期間に影響を与えることがあります。 タスクの総余裕期間の最終日より前の日付を期限として入力すると、タスクの最遅終了日ではなく期限に基づいて、総余裕期間が再計算されます。 再計算された総余裕期間が 0 になると、そのタスクはクリティカル タスクになります。

ページの先頭へ

期限がスケジュールに与える影響

期限は通常、タスクのスケジュールには影響を与え得ない。 タスクが変更された場合にスケジュールに影響を与える可能性があるタスク制約を設定する必要なく、見逃したくない目標日を示 先行処理 されます。 期限のあるタスクは他のタスクと同様にスケジュールされますが、タスクの期限が過ぎた場合、タスクの期限が過ぎたという通知を表示するタスク インジケーターが表示されます。

タスクの期限を確認または変更するには、タスクを右クリックし、[タスク情報] をクリックし、[詳細] タブをクリックします。 [期限] ボックスを使用します。

期限は、タスクの総余裕期間に影響を与えることがあります。 タスクの総余裕期間の最終日より前の日付を期限として入力すると、タスクの最遅終了日ではなく期限に基づいて、総余裕期間が再計算されます。 再計算された総余裕期間が 0 になると、そのタスクはクリティカル タスクになります。

個々のタスクだけでなく、サマリー タスクに対しても期限を設定することができます。 サマリー タスクとサブタスクの期限が競合する場合、期限状況説明マークが表示され、サブタスクの期限が守られなかったことが示されます。

ただし、[できるだけ遅く] (ALAP) の制約が設定されているタスクに期限を設定すると、タスクのスケジュールに影響が及ぶことがあります。 タスクは、期限に終了するようにスケジュールされますが、先行タスクが遅れた場合、そのタスクは期限を過ぎて終了することもあります。

ページの先頭へ

カレンダーの設定がタスクのスケジュールに与える影響

カレンダーでは、プロジェクトにおける標準の稼働時間と、週末や休暇などの非稼働時間が設定されます。

注: 手動スケジュール タスクの日付 (入力した場合) は、プロジェクト カレンダーやリソース カレンダーの変更に基づいて変更されることはありません。

プロジェクト カレンダーは、リソースの利用可能時間、タスクに割り当てられているリソースのスケジュール方法、およびタスク自体のスケジュール方法を決定するために使用されます。 プロジェクト カレンダーとタスク カレンダーはタスクのスケジュールに使用され、リソースがタスクに割り当てられている場合は、リソース カレンダーも使用されます。

カレンダーの設定は次のように相互に上書きされます。

  1. タスクを作成する場合は、プロジェクト カレンダーでタスクをスケジュールします。

  2. タスクにリソースを追加する場合は、リソース カレンダーでタスクのスケジュールを制御します。

  3. タスクにタスク カレンダーを追加し、[タスク情報] ボックスでカレンダーの設定を [リソース カレンダーを無視してスケジュール作成] にすると、タスク カレンダーでスケジュールが制御され、タスクに割り当てられたリソースのスケジュールは無視されます。

カレンダーを操作するには、[プロジェクト] をクリックし、[稼働時間の変更] をクリックします。

カレンダーの種類

説明

基本カレンダー   

他のカレンダーの基本となるカレンダーです。 基本カレンダーは、プロジェクト カレンダーとして使用できるほか、タスク カレンダーとして、またはリソース カレンダーの既定の稼働時間としてタスクに適用することもできます。 既定の任意の基本カレンダーに基づいて、独自の基本カレンダーを作成できます。

Project には、次の 3 種類の基本カレンダーが用意されています。

<c0>標準カレンダー</c0>標準カレンダーはプロジェクトの既定のカレンダーで、リソース カレンダーの基準になります。    このカレンダーは従来の作業スケジュールを表します。 稼働時間は月曜日から金曜日までの午前 8:00 から午後 5:00 までで、1 時間の休憩があります。

24 時間予定表     24 時間カレンダーには、非非作業時間を含むスケジュールが反映されます。 24 時間制の予定表は、リソースとタスクが 24 時間シフトでスケジュールされている場合、または機器リソースがタスクで継続的に作業する場合に使用できます。

<c0>夜間作業カレンダー</c0>夜間作業カレンダーは深夜勤務スケジュールを表します。    稼働時間は月曜日から土曜日の朝までの午後 11:00 から午前 8:00 までで、1 時間の休憩があります。

プロジェクト カレンダー   

プロジェクト全体の稼働時間と非稼働時間を設定するカレンダーです。 リソース カレンダーやタスク カレンダーを使用しない場合、既定では、タスクはプロジェクト カレンダーで設定した稼働時間内でスケジュールされます。

リソース カレンダー   

通常は、リソースの作成時点でのプロジェクト カレンダーに基づいています。 特定のリソースまたはリソース グループに対する稼働時間や非稼働時間を変更して、作業に利用可能なリソースだけをスケジュールするようにできます。 リソース カレンダーで稼働時間または非稼働時間を変更し、そのリソースをタスクに割り当てると、そのタスクは変更後のリソース カレンダーの稼働時間に基づいてスケジュールされます。 これは、タスクの終了日にも影響する場合があります。

リソースは基本カレンダーの非稼働時間を継承するか、または基本カレンダーの非稼働時間をリソース カレンダーに設定された非稼働時間で上書きすることができます。

タスク カレンダー   

タスクの稼働時間をプロジェクト カレンダーの稼働時間以外に設定するために使用します。 タスク カレンダーは、他のカレンダーと同じように作成されます。 タスクに割り当てられたタスク カレンダーと、そのタスクに割り当てられたリソースのリソース カレンダーの稼働時間が異なる場合、タスクは、この 2 つのカレンダーに共通する稼働時間内でスケジュールされます。 ただし、リソース カレンダーを無視するタスク オプションを設定すると、リソースの非稼働時間にタスクをスケジュールできます。

タスク カレンダーが指定されていない場合は、タスクをスケジュールするためにプロジェクト カレンダーが使用されます。

ページの先頭へ

リソースの割り当てがスケジュールに与える影響

プロジェクトのタスクにリソースを割り当てていない場合、スケジュールは、期間、タスクの依存関係、制約、プロジェクト カレンダー、タスク カレンダーの情報に基づいて計算されます。 タスクにリソースを割り当てると、リソース カレンダーおよび割り当て単位数もタスクのスケジュール設定の要素となるため、スケジュールの正確性が向上します。

注: 手動スケジュール タスクは、リソース カレンダーの影響を受けません。 リソースが手動スケジュール タスクに割り当てられている場合、タスクのスケジュールは変更されません。

割り当てとは、特定のタスクに対して、そのタスクの完了に必要なリソースを関連付けることです。 1 つのタスクに複数のリソースを割り当てることができます。 タスクには、時間単価型リソース、数量単価型リソース、コスト型リソースを割り当てることができます。 時間単価型リソースの場合とは異なり、数量単価型リソースまたはコスト型リソースをタスクに割り当てても、タスクのスケジュールに影響はありません。

たとえば、プロジェクトには[開発の定義] という名前の タスクがあります。 また、エンジニアリング リソースである Sean もいます。 開発定義タスクに Seanを割り当てる場合、このタスクのスケジュールは、期間、タスクの依存関係、制約、カレンダーなどのタスク情報に加えて、Sean のリソース カレンダーと割り当て単位数に依存します。

タスクにリソースを割り当てると、タスク情報だけでなく、次に示すリソースや割り当てに関する情報も、Project でのスケジュール設定に使用されます。

リソースの属性または設定

説明

作業時間   

リソースに割り当てられる作業または超過作業時間の合計、これらの作業時間の配分。 作業時間の配分は、作業時間の配分型にも影響を受けます。

割り当て単位数   

タスクにおけるリソースの割り当て単位数。パートタイム、フルタイム、または複数の単位数を割り当てることができます。

タスクの種類   

タスクの種類によって、既存の割り当てを変更した場合のスケジュールへの影響が異なります。 タスクには、単位数固定、期間固定、作業時間固定の 3 種類があります。

残存作業時間を優先するスケジュール方法   

タスクに、残存作業時間を優先するスケジュール方法を設定するかどうか。 残存作業時間を優先するスケジュール方法がタスクに設定されている場合、割り当てリソースを追加または削除すると、タスクの作業時間は変更されず、割り当てられているリソースに対して再配分されます。 単位数固定のタスクの場合は、たとえば割り当てリソースを増やすと、タスクの完了に必要な期間が短縮されます。 残存作業時間を優先するスケジュール方法の設定の詳細については、前述の説明を参照してください。

カレンダー   

リソース カレンダー。 割り当てられたリソースのスケジュールは、リソース カレンダーに設定されている稼働時間と非稼働時間に基づいて決定されます。

作業時間の配分型   

作業時間の配分型は、リソースがタスクで作業する時間を微調整できるようにします。
[タスク 使用率] ビュー で、タスクに割り当てられているリソースの名前を右クリックし、[作業時間の型] リストで事前に定義された作業パターン を選択 します。 型を選んだ後、配分状況ビューのタイムスケール領域で時間を手動調整できます。

タスクにリソースを割り当てるには、[リソース] タブをクリックし、[リソースの割り当て] をクリックします。

ページの先頭へ

Project のスケジュールに関するその他の技術情報

ページの先頭へ

以下の手順は Microsoft Project 2007 に固有のものです。

目的に合ったトピックをクリックしてください

大きな図: プロジェクトのスケジュール

Project では、以下について入力した情報に基づいてプロジェクトがスケジュールされます。

  • プロジェクト全体についての情報

  • プロジェクトを完了させるために必要な個々の作業アイテム (タスクと呼ばれる)

  • これらのタスクを完了させるために必要なリソース (必要な場合)

スケジュールの作成後、プロジェクトに変更が生じた場合、タスクまたはリソースを更新したり、Project でスケジュールを自動調整することができます。

各タスクには、次のいずれかまたはすべての情報を入力します。

  • 期間

  • タスクの依存関係

  • 制約

これらの情報を使用して、各タスクの開始日と終了日が計算されます。

プロジェクトにリソースを入力し、タスクに割り当てることで、各割り当てを担当するリソースを示すことができます。 これにより、プロジェクトの人員配置を計画できるだけでなく、必要なコンピューターの数や使用する資材の量の計算も簡単になります。 リソースを入力すると、次のようなリソース情報に基づいて、タスクのスケジュールがより細かく調整されます。

  • 作業時間

  • 単位

  • 予定表に入力された作業時間

リード タイム や ラグ タイム (時間差)、タスクの種類、リソース 利用の可否、 スケジュール設定リソースなどのその他の要素はスケジュールに影響を与える可能性があります。そのため、これらの要素の効果を理解すると、必要に応じてスケジュールを維持および調整できます。

ページの先頭へ

プロジェクトの開始日がタスクのスケジュールに与える影響

プロジェクトの開始日を入力すると、既定では、Project はプロジェクトの開始日にタスクを開始するスケジュールを設定し、終了する最後のタスクに基づいてプロジェクトの 終了日 を計算します。 タスクの依存関係、期間、制約など、タスクに関する詳細を入力すると、Project はタスクのより正確な日付を反映するようにスケジュールを調整します。

タスクの依存関係を作成する前と後

ボタンの画像 を作成する場合は、最初にプロジェクトの開始日を入力します。 開始日からプロジェクトをスケジュールする場合、特に指定しない限り、すべてのタスクはプロジェクトの開始日に開始されます。

ボタンの画像 依存関係や制約が適用されなき場合、プロジェクトの期間は最も長いタスクの期間と同じです。 つまり、プロジェクトの終了日は、最も長いタスクの終了日と等しくなります。

ボタンの画像 1 番目のタスクと 2 番目のタスクの間の終了 -開始依存関係など、タスクの依存関係 (次に示すように) によって、プロジェクトの終了日が変更される場合があります。

すべてのプロジェクトは、既知の開始日からスケジュールする必要があります。 プロジェクトを完了する必要がある日付がわかっている場合でも、開始日からスケジュールすることで、最大限の柔軟性が得されます。

ただし、次のような場合は終了日からスケジュールできます。

  • プロジェクトを終了させる必要がある特定の日付に合わせて、プロジェクトの開始日を決定する場合。

  • プロジェクトの開始日を特定できない場合 (別のソースから作業を受け取るのが遅れる可能性のある場合など)。

  • プロジェクトの管理方法により、終了日からスケジュールする必要がある場合。

終了日からスケジュールしたプロジェクトで作業する場合は、次のように、一部の操作が異なる方法で処理されることにご注意ください。

  • タスクを入力すると、[可能な限り遅く] (ALAP) 制約がタスクの終了日に自動的に割り当てされます。 その他の制約は、必要な場合にのみ設定する必要があります。

  • ガント バーをドラッグしてタスクの終了日を変更すると、[指定日までに終了] (FNLT) という制約が自動的に割り当てられます。

  • プロジェクトを終了日からスケジュールに変更し、開始日から以前にスケジュールした場合は、タスクと割り当てから、すべてのレベルの遅延と分割のレベルを削除します。

  • 自動の割り当てを使用してプロジェクトのリソースの割り当て過多を減らすと、タスクの前ではなく、タスクの後に、割り当て延期が追加されます。

ページの先頭へ

スケジュールを計算するための既定の設定は何ですか?

Project では、[オプション] ダイアログ ボックス ([ツール] メニュー)の [カレンダー] タブの期間単位の定義に基づいて、タスクの期間が計算されます。 通常のカレンダーと同様に、年の開始月は 1 月、週の開始日は日曜日または月曜日に設定されています。 既定では、1 日の稼働時間を 8 時間、1 週間の稼働時間を 40 時間、1 か月の稼働日を 20 日として期間単位が計算されます。 タスクの開始日と終了日を入力し、開始時刻と終了時刻を入力しない場合、既定の開始時刻は午前 8:00、既定の終了時刻は午後 5:00 に設定されます。

ページの先頭へ

制約がスケジュールに与える影響

タスクの開始日または終了日を制御する必要がある場合は、タスクの制約を変更できます。 柔軟な制約は、タスクの依存関係を使用して、タスクの依存関係が可能な限り早く、または遅れてタスクを実行します。 たとえば、[できるだけ早く] (ASAP) 制約と終了 -開始依存関係を持つタスクは、先行タスクが完了するとすぐにスケジュールされます。 既定では、プロジェクト内のタスクのうち、開始日からスケジュールされているすべてのタスクに [できるだけ早く] (ASAP) 制約が適用されます。 同様に、既定では、プロジェクト内のタスクのうち、終了日からスケジュールされているすべてのタスクに [できるだけ遅く] (ALAP) の制約が適用されます。

スケジュールの柔軟性が中程度の制約により、選択した日付の前または後にタスクの開始または終了が制限されます。 たとえば、6 月 15 日に [指定日に開始] (SNET) 制約を設定し、別のタスクへの終了-開始依存関係を持つタスクは、先行タスクが 6 月 15 日に終了した場合 (先行タスクが 6 月 15 日より後に終了した場合は 6 月 15 日より後) に開始できますが、6 月 15 日より前にスケジュールすることはできません。

制約を適用する前と後

ボタンの画像 既定の終了-開始タスクリレーションシップとこれらのタスクに ASAP 制約が適用されている場合、後続タスク (2 番目のタスク) は、先行タスク (最初のタスク) が終了予定されるとすぐに開始される予定です。

ボタンの画像 SNET 制約が適用されている場合、先行タスクが制約日より前に完了した場合でも、後続タスクは制約日より前に開始できません。

柔軟性のない制約は、既定でタスクの依存関係を上書きし、タスクを選択した日付に制限します。 たとえば、[指定日に開始] (MSO) 制約が 9 月 30 日で、別のタスクとの間に [終了 - 開始] の依存関係があるタスクは、先行タスクの終了日にかかわらず、常に 9 月 30 日にスケジュールされます。

日付に制約のあるタスクの先行タスクが先行タスクで、後続タスクが制約で指定された日付に開始するには遅すぎる場合、負の値 余裕期間 発生する可能性があります。

タスクの制約を確認または変更するには、タスクを選択し、[タスク情報] タブをクリック ボタンの画像 、[詳細設定] タブをクリックします。 制約情報が [制約タイプ] ボックスおよび [制約の指定日] ボックスに表示されます。

ページの先頭へ

期限がスケジュールに与える影響

期限は通常、タスクのスケジュールには影響を与え得ない。 タスクが変更された場合にスケジュールに影響を与える可能性があるタスク制約を設定する必要なく、見逃したくない目標日を示 先行処理 されます。 期限のあるタスクは他のタスクと同様にスケジュールされますが、タスクの期限が過ぎた場合、タスクの期限が過ぎたという通知を表示するタスク インジケーターが表示されます。

期限は、タスクの総余裕期間に影響を与えることがあります。 タスクの総余裕期間の最終日より前の日付を期限として入力すると、タスクの最遅終了日ではなく期限に基づいて、総余裕期間が再計算されます。 再計算された総余裕期間が 0 になると、そのタスクはクリティカル タスクになります。

個々のタスクだけでなく、サマリー タスクに対しても期限を設定することができます。 サマリー タスクとサブタスクの期限が競合する場合、期限状況説明マークが表示され、サブタスクの期限が守られなかったことが示されます。

ただし、[できるだけ遅く] (ALAP) の制約が設定されているタスクに期限を設定すると、タスクのスケジュールに影響が及ぶことがあります。 タスクは、期限に終了するようにスケジュールされますが、先行タスクが遅れた場合、そのタスクは期限を過ぎて終了することもあります。

タスクの期限を確認または変更するには、タスクを選択し、[タスク情報] タブを ボタンの画像 、[詳細] タブをクリックします。 [期限] ボックスを使用します。

ページの先頭へ

カレンダーの設定がタスクのスケジュールに与える影響

カレンダーは、プロジェクトの 稼働時間 および 非稼働時間などの標準のスケジュールを決定します。 リソースの利用可能時間、タスクに割り当てられているリソースのスケジュール方法、およびタスク自体のスケジュール方法を決定するために使用されます。 プロジェクト カレンダーとタスク カレンダーはタスクのスケジュールに使用され、リソースがタスクに割り当てられている場合は、リソース カレンダーも使用されます。

Project で参照されるカレンダーは次のとおりです。

  • 基本カレンダー    他のカレンダーの基本となるカレンダーです。 基本カレンダーは、プロジェクト カレンダーとして使用できるほか、タスク カレンダーとして、またはリソース カレンダーの既定の稼働時間としてタスクに適用することもできます。 Project には、標準カレンダー、24 時間カレンダー、夜間カレンダーの 3 つの基本カレンダーがあります。 既定の任意の基本カレンダーに基づいて、独自の基本カレンダーを作成できます。

  • プロジェクト カレンダー    これらは、プロジェクト全体の標準の作業時間と非作業時間を設定します。 リソース カレンダーやタスク カレンダーを使用しない場合、既定では、タスクはプロジェクト カレンダーで設定した稼働時間内でスケジュールされます。

  • リソース カレンダー    既定では、標準の予定表に基づいて表示されます。 特定のリソースまたはリソース グループに対する稼働時間や非稼働時間を変更して、作業に利用可能なリソースだけをスケジュールするようにできます。 リソース カレンダーで稼働時間または非稼働時間を変更し、そのリソースをタスクに割り当てると、そのタスクは変更後のリソース カレンダーの稼働時間に基づいてスケジュールされます。

  • タスク カレンダー    タスクの稼働時間をプロジェクト カレンダーの稼働時間以外に設定するために使用します。 タスクに割り当てられたタスク カレンダーと、そのタスクに割り当てられたリソースのリソース カレンダーの稼働時間が異なる場合、タスクは、この 2 つのカレンダーに共通する稼働時間内でスケジュールされます。 ただし、リソース カレンダーを無視し、リソースの非作業時間を通じてタスクをスケジュールするタスク オプションを設定できます。

予定表を操作するには、[ツール]メニューの [作業時間の変更] をクリックします

ページの先頭へ

リソースの割り当てがスケジュールに与える影響

プロジェクトのタスクにリソースを割り当てていない場合、スケジュールは、期間、タスクの依存関係、制約、プロジェクト カレンダー、タスク カレンダーの情報に基づいて計算されます。 タスクにリソースを割り当てると、リソース カレンダーおよび割り当て単位数もタスクのスケジュール設定の要素となるため、スケジュールの正確性が向上します。

割り当てとは、特定のタスクに対して、そのタスクの完了に必要なリソースを関連付けることです。 1 つのタスクに複数のリソースを割り当てることができます。 タスクには、時間単価型リソース、数量単価型リソース、コスト型リソースを割り当てることができます。 時間単価型リソースの場合とは異なり、数量単価型リソースまたはコスト型リソースをタスクに割り当てても、タスクのスケジュールに影響はありません。

たとえば、プロジェクトには[開発の定義] という名前の タスクがあります。 また、エンジニアリング リソースである Sean もいます。 開発定義タスクに Seanを割り当てる場合、このタスクのスケジュールは、期間、タスクの依存関係、制約、カレンダーなどのタスク情報に加えて、Sean のリソース カレンダーと割り当て単位数に依存します。

プロジェクトのタスクにリソースを割り当てると、タスク情報に基づいてスケジュールを設定できるだけでなく、Project には、次のリソースと割り当てに関する情報がスケジュール情報の計算に使用されます。

  • リソースに割り当てられる作業または超過作業時間の合計、これらの作業時間の配分。 作業時間の配分は、作業時間の配分型にも影響を受けます。

  • タスクにおけるリソースの割り当て単位数。パートタイム、フルタイム、または複数の単位数を割り当てることができます。

  • タスクの種類によって、既存の割り当てを変更した場合のスケジュールへの影響が異なります。 タスクには、単位数固定、期間固定、作業時間固定の 3 種類があります。

  • タスクに、残存作業時間を優先するスケジュール方法を設定するかどうか。 残存作業時間を優先するスケジュール方法がタスクに設定されている場合、割り当てリソースを追加または削除すると、タスクの作業時間は変更されず、割り当てられているリソースに対して再配分されます。 単位数固定のタスクの場合は、たとえば割り当てリソースを増やすと、タスクの完了に必要な期間が短縮されます。

  • リソース カレンダー。 割り当てられたリソースのスケジュールは、リソース カレンダーに設定されている稼働時間と非稼働時間に基づいて決定されます。

タスクにリソースを割り当てるには、[リソースの割り当て ] [リソースの割り当て] ボタンの画像

ページの先頭へ

プロジェクトの進捗状況を分析するのに役立つ情報

プロジェクトでタスクを追跡する場合、期間、作業時間、開始日、終了日、コストの 5 つのタスク情報を使用して進捗状況を分析できます。

これらの各種類のフィールドのバリエーションは、進捗状況を比較して評価するのに役立ちます。計画済み、 スケジュール済み、 実際の日数、残存時間などです。

たとえば、1 つのタスクに対して、予定作業時間、予定作業時間、実績作業時間、残存作業時間を含む情報フィールドが含まれている場合があります。 これらのフィールドの内容が一致する場合や、すべて異なる場合があります。 また、特定のフィールド間の差異を調べて、追跡に役立つ情報を確認することもできます。 このため、これらのフィールドは追跡フィールドと呼ばれます。

フィールドの種類

説明

計画情報または基準計画情報

計画情報は、基準計画情報とも呼ばれる。 基準計画情報を含むフィールドの例としては、基準作業時間、基準開始日、基準コストなどです。

プロジェクトを開始できると確信できる時点までプロジェクトを構築して調整すると、開始点 (基準計画) が良好になります。 その時点で基準計画タスク情報を保存すると、プロジェクト全体の後の時点で、現在の進捗状況と初期計画を比較できます。 重要なプロジェクトの追跡と分析には、基準計画を保存する必要があります。

基準計画情報を保存するには、[ツール]をクリックし、[追跡] をポイントし、[基準計画の保存]をクリックします。 基準計画を保存すると、プロジェクトの各タスクの 5 つの重要な情報 (作業時間、コスト、期間、開始日、終了日) が保存されます。 後で特定のタスクを管理すると、使用している作業時間やコストが当初の予定よりも多い、または少ないのか、またはタスクが予定よりも早く、または後で開始または終了しているのかを簡単に確認できます。

基準計画情報は、スケジュールされた情報に対する差異を計算するために使用されます。 また、多くの計算に使用されます。 最大 11 の異なる基準計画を保存できます。 また、11 の中間計画を保存して、タスクの開始日と終了日を 11 日保存することもできます。

スケジュールされた情報

スケジュールされた情報は、最新の最新のタスク情報です。 スケジュールされた情報を含むフィールドは、[期間]、[作業時間]、[開始]、[終了]、および [コスト] です。 [スケジュールされた期間]、[作業時間]、および [コスト] フィールドは、そのタスクの合計金額を表します。

プロジェクトを初めて開始すると、スケジュールされた情報は、基準計画の情報と同じではない場合でも似ています。 ただし、タスクが完了したら、調整を行い、実績情報を入力します。 1 つのタスクに最初の予定よりも 3 日長くする必要がある場合があります。 別のタスクは 1 日早く開始できます。 別のタスクで予期しないコストが発生しました。 あるタスクの制約を変更し、別のタスクにタスクの依存関係を追加する必要があります。 これらの調整により、スケジュールされた情報が再計算され、プロジェクトの最新の画像が表示されます。

進行中のタスクに実際の情報を入力し始める場合、スケジュールされた情報は、その情報を考慮に入れ、必要に応じて再計算されます。 たとえば、スケジュールされた作業時間は、実績作業時間 + 残存作業時間として計算されます。 完了したタスクの場合、スケジュールされた情報は実際の情報と同じです。

実績情報

実績情報は、タスクが最終的に達成された方法を反映します。 期間、作業時間、コスト、開始日と終了日の予測を計画して開始しました。 タスクの進捗状況情報 (実績) を入力すると、タスクの完了の実際の図が表示されます。 実績値は、タスクの実際のコスト、実際にかかった作業の日数、実際の期間、実際の開始日と終了日を示します。

実績作業時間、実績期間、実績開始日、実績終了、実績コストなどのフィールドに実績情報を入力します。 1 つ以上のフィールドに実績情報を入力すると、他の実績情報を自動的に計算できます。 たとえば、実績終了日を入力すると、実績期間、実績開始日、その他のフィールドを計算できます。 完了率などの他の追跡情報を入力する場合も同様です。

残りの情報

まだ開始されていないタスクや進行中のタスクには、残存作業時間、残存コスト、残存期間が存在します。 これらのフィールドは、タスクが完了する前に残っている時間とコストの量を予測します。 残りのフィールドは、将来の予測です。

まだ開始されていないタスクの場合、[残存作業時間] フィールドの内容は [スケジュールされた作業時間] フィールドの内容と同じです。 進行中のタスクの残存作業時間は、スケジュールされた作業時間 – 実績作業時間として計算されます。 [残存コスト] フィールドと [残存期間] フィールドも同様です。 ただし、[残存作業時間] フィールドは、[実績作業時間] フィールドと [スケジュールされた作業時間] フィールドと同様に編集できます。

差異情報

基準計画を保存した場合は、[差異] フィールドの計算を活用できます。 たとえば、作業時間の差異、コスト差異、期間の差異、開始差異、および終了差異があります。

現在スケジュールされている情報は、元の予定情報と比較されます。 [差異] フィールドには、計画された情報と予定されている情報の間の計算された差異が表示されます。 たとえば、[作業時間の差異] フィールドには、[基準作業時間] フィールドと [スケジュールされた作業時間] フィールドの差異が表示されます。

追跡フィールドの確認

任意のフィールドをシート ビューに追加できます。 たとえば、ガント チャートの [スケジュールされた期間] フィールドの横に [基準期間] 列を挿入できます。 [挿入 ] メニュー の [ 列]をクリックし、ビューに表示するフィールドを選びます。

複数の追跡フィールドで既にデザインされているテーブルを適用することもできます。 たとえば、[管理]、[作業時間]、[コスト]、および [差異] テーブルがあります。 必要な追跡フィールドを含む独自のテーブルを作成することもできます。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×