Publisher で図の周囲で文字列を折り返す

Publisher for Microsoft 365, Publisher 2019, Publisher 2016, Publisher 2013, Publisher 2010

文書内の図または図の周囲のテキストの ワードアート 制御できます。 テキストの流れを変更することで、テキストと画像の関係を変更できます。

  1. 図をクリックします。

  2. [書式] タブの [配置] グループ 、[文字列の折り返し ] をクリックします

  3. 次の操作のいずれかを行います。

    • [四 角形] をクリックして、画像の境界線の周囲で文字列を折り返します。

    • [ きっちり] をクリックすると、不規則な形をした図の周囲でテキストを密接に折り返します。

    • [ 上下] をクリック して、画像を独自の行に配置します。

    • [通過]をクリックし、[折り返し点の編集] をクリックして、画像の近くに折り返し点をドラッグして、画像の周囲の負のスペースをテキストで埋め込みます。

    • [ その他のレイアウト オプション] をクリックし、[文字列の折り返し] タブを クリックして、文字列の折り返し先を変更します。 四角形のスタイル クリックすると、テキストと画像の間隔を変更できます。

注: 次の手順は、文書の印刷にのみ適用されます。 Web 文書では、自動テキストの折り返しツールを使用して画像の周囲で文字列を折り返しすることはできません。 (Web 文書を使用している場合は、タイトル バーを参照してください。 開いている文書の種類に応じて、Web 文書または印刷文書が表示されます)。 Web 文書内のテキストの段落に図を配置すると、その図の背後にあるテキストが隠されるか、テキストで覆われる ([配置] メニューの [順序] コマンドを使用して図の順序を設定する方法に応じて異なる) 画像とテキストを並べて配置できますが、必要な結果を得るには、複数のテキスト ボックスを使用する必要があります。

一般的なテキストの折り返しオプションは次のとおりです。

  • 上下 テキストは図のフレームの上部で停止し、フレームの下部の後に続きます。 このオプションを選ぶと、文書の上余白または下余白に図が表示されている場合は、図の下部または上部だけが文字列で折り返されます。

  • きっちり テキストは、フレームの周囲ではなく、図自体のアウトラインの周囲で折り返されます。 別のオプションの[スルー]は [狭い] に似ていますが、一部の図では、図のアウトラインの周囲でテキストがさらにきつく折り返されます。

  • 四角形 テキストは、画像自体の周囲ではなくフレームの周囲で折り返されます。

  • なし テキストは、画像が表示されていないか、オブジェクトの順序に応じて画像の下または上に移動できる場合に機能します。 (画像の順序を変更するには、画像をクリックし、[配置] メニューの [ 順序]ポイント します)。

画像の周囲で文字列を折り返す

  1. 図をクリックします。

  2. [書式] メニューの [図] を クリックし、[レイアウト] タブ をクリック します。

  3. 必要な 折り返しスタイルを クリックし 、[OK] をクリックします

注: 

  • ワードアートの周囲でテキストを折り返す場合は、[書式]メニューの [図] の代わりに [ワードアート] をクリックします。

  • [レイアウト] タブに[折り返しのスタイル] オプションが表示しない場合は、Web 文書を使用しています。 Web 文書で文字列を折り返し表示できない。

  • 表では、図やワードアートの周囲で文字列を折り返し使用できない。 [ 折り返しの スタイル] オプションは、表内の図をクリックしても使用できますが、オプションをクリックしてもテキストには影響はありません。

関連項目

図の周囲で文字列がどのように折り返されるのか微調整する

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×