各値に LAMBDA を適用し、アキュムレーターに合計値を返すことで、配列を累積値に減らします。   

Office Insider のみが利用できる機能 この機能は現在 Office Insider のみが利用できます。

構文

= REDUCE([initial_value]、配列、lambda(アキュムレーター、値))

REDUCE 関数の構文には、次の引数とパラメーターがあります:

  • [initial_value]    アキュムレーターの開始値を設定します。

  • 配列      減らす配列。

  • lambda      配列を減らすために呼び出される LAMBDA。 LAMBDA は 2 つのパラメーターを取ります:

    • アキュムレーター    値が合計され、最終結果として返されました。

    •     配列内の各要素に適用される計算。

解説

initial_value 引数を使用して、アキュムレーター パラメーターの開始値を設定します。 アキュムレーターを乗算する例 2 では、値を 1 に設定して、0 が乗算されないようにします。

エラー

無効な LAMBDA 関数または誤った数のパラメーターを指定すると、#VALUE! が返されます 「不正なパラメーター」と呼ばれるエラー。

例 1:2 乗値を合計する

サンプル データをセル A1:C2 に入力し、数式をセル D4 にコピーします。

=REDUCE(, A1:C2, LAMBDA(a,b,a+b^2))

最初の REDUCE 関数の example1

例 2:カスタマイズされた "PRODUCTIF" 関数を作成して、50 を超える値のみを乗算する

セル E1 から始まる「Nums」という名前の 1 つの列を持つ「Table2」という名前のテーブルを作成します。 セル G2 に次の数式をコピーします。

=REDUCE(1,Table2[Nums],LAMBDA(a,b,IF(b>50,a+b,a)))

2 番目の REDUCE 関数の例

例 3:偶数の値のみを数える

セル D1 から始まる「Nums」という名前の 1 つの列を持つ「Table4」という名前のテーブルを作成します。 セル F2 に次の数式をコピーします。

=REDUCE(0,Table4[Nums],LAMBDA(a,n,IF(ISEVEN(n),1+a, a)))

3 番目の REDUCE 関数の例

関連項目

LAMBDA 関数

MAP 関数

SCAN 関数

MAKEARRAY 関数

BYCOL 関数

BYROW 関数

ISOMITTED 関数

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×