適用対象

Control オブジェクト

Report オブジェクト

SubForm オブジェクト

SubReport オブジェクト

Report プロパティを使用すると、レポートを参照したり、サブレポート コントロールに関連付けられているレポートを参照したりできます。

expression.Report

expression 必ず指定します。 [適用対象] ボックスの一覧にあるオブジェクトのいずれかを返す式。

解説

このプロパティは、レポート オブジェクトを参照します。 すべてのビューで読み取り専用になります。

このプロパティはマクロまたは Visual Basic で使用できます。

このプロパティは通常、サブレポート コントロールに含まれているレポートを参照するために使用されます。

注:  Reports コレクションを使用するとき、レポートの名前を指定する必要があります。

次の例では、Report プロパティを使用し、サブレポート上のコントロールを参照しています。

Dim curTotalSales As Currency
curTotalSales = Reports!Sales!Employees.Report!TotalSales

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×