Sgn 関数

指定した数値の符号をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Sgn ( 数値 )

必須の 数値引数 任意の有効な値を 数値式。

戻り値

引数 number

Sgn の戻り値

0 より大

1

0 と等しい

0

0 より小

-1


解説

数値引数の 符号によって 、Sgn 関数の戻り 値が決定 されます。

クエリの例

結果

SELECT Unitprice,sgn(unitprice) AS PriceSign,Discount,sgn(Discount) as DiscountSign FROM productSales;

PriceSign 列と DiscountSign 列で、それぞれの記号 (正の場合は 1、負の場合は -1、ゼロの場合は 0) を含む "単価" と "割引" を返します。

VBA の例

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では 、Sgn 関数を使用 して数値の符号を決定します。

Dim MyVar1, MyVar2, MyVar3, MySign
MyVar1 = 12: MyVar2 = -2.4: MyVar3 = 0
MySign = Sgn(MyVar1) ' Returns 1.
MySign = Sgn(MyVar2) ' Returns -1.
MySign = Sgn(MyVar3) ' Returns 0.

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×