SharePoint でリストを作成する

SharePoint でリストを作成する

Microsoft リストを作成して、タイトル、説明、人物、日付などの情報を追跡します。

問題、資産、ルーチン、連絡先、在庫などを管理するのに役立つリストを作成し、共有することができます。 Microsoft リストアプリ、Microsoft Teams、または SharePoint テンプレート、Excel ファイル、または最初から作成したものから開始します。

Microsoft SharePoint、Microsoft 365 のリストアプリ、または Teams でリストを作成できます。 Microsoft Teams のリストの使用を開始する方法について説明します。

ヒント: To learn more about data and lists, check out these YouTube videos from Microsoft Creators!

リストを作成する

最初から、Excel スプレッドシートから、既存のリストから、または Microsoft 365 既製のテンプレートのいずれかからリストを作成します。

  1. リストを作成するSharePointサイトに移動します。

    • または、Microsoft Teams では、チャネルの上部にある [ファイル] タブで、[その他] を選んでSharePoint で開く> ます。

  2. [サイトコンテンツ] ページで、[新しい> リスト] を選びます。

    • または、Microsoft リストアプリで、[ + 新しいリスト] を選びます。

      クリックされた新しいリンク、リストが強調表示されている
  3. [リストの作成] ページで、次のいずれかのオプションを選択します。

    1. 空白のリスト: 最初から作成する場合は、このオプションを選択します。 リストに名前説明(省略可能) を指定し、その他の必要なオプションを選びます。 [保存先] ボックスの一覧からいずれかの SharePoint サイトまたはチームを選択しない限り、リストは[マイリスト] に保存されます。 オプションの選択が完了したら、[作成] を選択します。

    2. Excel から: excel スプレッドシートを基にリストを作成するには、このオプションを選択します。

    3. [既存のリストから]: 時間を節約し、別のリストの列に基づいて新しいリストを作成するには、このオプションを選択します。 新しいリストは、すべての同じ列で開始されますが、元のリストのデータは含まれません。

    4. テンプレート: [問題の追跡] などのテンプレートを選択して、テンプレートに含まれている列を確認し、サンプルデータをスクロールして、どのように見えるかを確認します。 他のテンプレートを表示するには、[その他のテンプレート] を選択します。 気に入ったテンプレートが見つかったら、[テンプレートの使用] を選択します。 必要な情報が表示されない場合は、[戻る] を選択して [リストの作成] ページに戻ります。 詳細については、「 Microsoft リストテンプレートを使用する」を参照してください。

  4. リストが開いたら、リストに追加する情報の種類を追加するためにスペースを追加するには、[ + ] または [+ 列の追加 ] を選びます。

プロパティを変更するには、リストを削除し、アクセス許可を追加し、列を管理し、その他多くの更新情報を選択して、[ 設定アイコン 設定] を選択し、[リストの設定] を選択します。 詳細については、「 リストを編集する」を参照してください。

詳細情報

列の追加について詳しくは、「 SharePoint のリストまたはライブラリで列を作成する」をご覧ください。

既存のリストに基づいてリストを作成する方法については、「 別のリストの列に基づいて新しい SharePoint リストを作成する」を参照してください。

他の種類のリスト テンプレートからリストを作成する

SharePoint Server 2019 リストは、単純なリストでは使用できません。 [リンク]、[予定表]、[アンケート]、[案件管理]、[お知らせ] などのリストテンプレートから選ぶことができます。 詳細については、「 Microsoft リストテンプレートを使用する」を参照してください。

カレンダーアプリの例

  1. この例では、予定表を使って、 SharePoint用の組み込みカレンダーアプリを選びました。 その他の社内で組み込まれているカレンダー、またはサード パーティが提供しているカレンダーを参照できます。

  2. イベントカレンダー、7月のタスク、会社の連絡先など、選択したアプリの 名前 を入力します。

    この名前はほとんどのビューで一覧の一番上に表示され、リストページの web アドレスの一部になり、ユーザーがリストを見つけやすくするためにサイトのナビゲーションに表示されます。 リストの名前は変更できますが、web アドレスは変わりません。

  3. SharePoint によって [ サイトコンテンツ ] ページに戻ります。 作成したアプリを [ サイトコンテンツ ] ボックスの一覧で見つけ、開きます。 SharePoint は、作成したアプリ、予定表、タスクリスト、または任意のアプリの既定のバージョンを作成します。

    予定表リストのアプリの例です。
  4. [+ 新しいタスク]、[このリストを編集]、[追加]、または特定のアプリがデータの追加のために提供する方法を使用して、データの入力を開始できます。

注: 一部のリストベースのアプリは、従来の環境でのみ表示されます。

選択したアプリの種類に応じて、アプリの設定を変更するには、ページの上部にあるリボンで、[リストの設定 ] または [ リスト ] タブを選択します。 設定について詳しくは、「 SharePoint でリスト設定を編集する」をご覧ください。

  1. [設定 設定アイコン を選び、[アプリの追加] を選びます。

    アプリケーションを追加する (リスト、ライブラリ)
  2. 目的のリストテンプレートの種類 (カスタム、タスク、予定表など) を検索ボックスに入力し、[検索 検索ボックスの虫眼鏡アイコン ] を選択します。

    組み込み予定表が強調表示されている予定表リストで検索する
  3. 使用する リスト テンプレートアプリを選択します。

    [追加するアプリ] 画面
  4. 名前を入力します (必須)。

    この名前はほとんどのビューで一覧の一番上に表示され、リストページの web アドレスの一部になり、ユーザーがリストを見つけやすくするためにサイトのナビゲーションに表示されます。 リストの名前は変更できますが、web アドレスは変わりません。

    オプションの 説明 と追加情報を指定するには、特定のリストアプリに応じて、[詳細オプション] を選択します。 [詳細オプション]を選びます。

    フィールドが設定された新しいアプリ画面
  5. [OK] を選択します。

  1. リストまたはライブラリを追加するページで、[ページ ] を選択し、[編集] を選択します。 [ ページ ] タブが表示されない場合は、[ Office 365 の [設定] ボタン設定 ] を選択し、[ページの編集] を選択します。

    ページの編集

    注: [ 編集 ] コマンドが無効になっているか、表示されない場合は、ページを編集するアクセス許可が与えられていない可能性があります。

  2. リストまたはライブラリを表示するページ上の場所を選択し、[挿入] を選択して、[  アプリパーツ] を選択します。

  3. リストまたはライブラリの場合は、 アプリパーツを選択し、[追加] を選択します。 [ アプリの追加] で、   作成したすべてのリストが表示されます。

  4. ページの編集が完了したら、[ ページ ] タブを選択し、[保存] を選択します。 状況に応じて、[下書きとして保存] または [保存して公開] のオプションも使えます。

重要: [ サイトコンテンツ ] ページなど、一部のページは編集できません。

前の手順を使用して、ページに追加されたリストの例を次に示します。

ページのリスト

  1. リストまたはライブラリを最小化または復元するページで、[ページ] を選択し、[編集] を選択します。

    ページの編集

  2. リストまたはライブラリをポイントし、下向き矢印を選択して、リストまたはライブラリの現在の位置に応じて [最小化 ] または [ 復元 ] を選択し、[ OK]を選択します。

    設定の下向き矢印をクリックし、[最小化] をクリックする
  3. ページの編集が完了したら、[保存] を選択します。 状況に応じて、[下書きとして保存] または [保存して公開] のオプションも使えます。

SharePoint Server 2010でリストを作成する

リストを作成してページで使用できます。 SharePoint Server 2010 には、予定表、アンケート、タスクなど、さまざまな種類のリストテンプレートが含まれています。

  1. [ [サイトの操作] メニュー サイトの操作 ] を選択し、[すべてのサイトコンテンツの表示] を選択して、[ [作成]作成 ] を選択します。

    注: SharePoint サイトは大幅に変更されている場合があります。 コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者にお問い合わせください。

  2. [ 通信 ] や [ 追跡] などのカテゴリのいずれかを選択して、そこから選択します。

    カテゴリをクリックし、目的のリスト アプリを選ぶ

    [ インストールされ ているアイテムの検索] ボックス ([ 連絡先 ] や [ 予定表] など) で作成するリストテンプレートの種類を入力し、[検索 検索ボックスの虫眼鏡アイコン ] を選択することもできます。

  3. リストの 名前 を入力します。 名前は必須です。

    この名前はほとんどのビューで一覧の一番上に表示され、リストページの web アドレスの一部になり、ユーザーがリストを見つけやすくするためにサイトのナビゲーションに表示されます。 リストの名前は変更できますが、web アドレスは変わりません。

  4. 必要に応じて、リストとその他のオプションを設定するには、[ 詳細オプション] をクリックし、 説明を入力します。

    ほとんどのビューで、説明は名前の下に表示されます。 一部の種類のリストは、メールでコンテンツを受け取ることができます。 リストをメールで受信できるようにする場合は、ユーザーがメールアドレスを簡単に見つけられるように、リストのメールアドレスを説明に追加することができます。 リストの説明は変更することができます。

  5. クイック起動パネルにリンクを追加するには、[ ナビゲーション ] セクションで [はい] が選択されていることを確認します。

  6. メールセクションがある場合、管理者は、メールでコンテンツを受信できるように、サイトのリストを有効にしています。 ユーザーがメールを送信してこのリストにコンテンツを追加できるようにするには、[ このリストをメールで受信できるようにする] で [はい]を選びます。 次に、[ 電子メールアドレス ] ボックスに、リストで使用する連絡先の最初の部分を入力します。 このオプションは、一部のリストの種類では使用できません。

  7. カレンダーアプリで予定表をグループ予定表として使用するかどうかを指定するなど、その他のオプションを入力します。

  8. [作成] を選びます。

SharePoint Server 2010 を使用すると、編集しているページからリストを作成できます。 これにより、必要なページとリストをより効率的かつ効果的に作成できます。

  1. ページから、[ 編集 ] タブを選択し、[ 編集 ] を選択します。

    [ページ] タブの [編集] コマンド

    注: [編集] コマンドが無効になっている場合、ページを編集する権限がない可能性があります。管理者にお問い合わせください。

  2. 新しいリストを追加するページを選択し、[ 挿入 ] タブを選択して、[新しいリスト] を選択します。

    新しいリストをページに挿入する

    注: [ 編集 ] タブが表示されない場合、または [ 新しいリスト ] が無効になっている場合は、リストを作成するために必要なアクセス許可がない可能性があります。管理者に連絡してください。

  3. [ リストの作成 ] ダイアログボックスで、 リストタイルを入力し、作成するリストの種類を選択して、[ OK]を選択します。

    リストの名前を入力し、テンプレートを選ぶ

ユーザー設定リストの作成は、テンプレートからのリストの作成と似ていますが、[ タイトル]、[ 作成者]、[ 更新者] の3つの列のみでユーザー設定リストを作成する点が異なります。 ユーザー設定リストを作成したら、必要に応じて、列を追加して、リストにその他の変更を加えることができます。

  1. [ [サイトの操作] メニュー サイトの操作 ] を選択し、[すべてのサイトコンテンツの表示] を選択して、[ [作成]作成 ] を選択します。

    注: SharePoint サイトは大幅に変更されている場合があります。 コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者にお問い合わせください。

  2. [ユーザー設定リスト] で、データシートビューで[ユーザー設定リスト] または [ユーザー設定リスト] を選択します。

    注: 

    • リストでのデータの入力と表示にフォームを主に使う場合は、カスタム リストを使います。

    • リストでのデータの入力と表示にスプレッドシートのようなグリッドを主に使う場合は、データシート ビュー形式のカスタム リストを使います。 これは、同時に複数の項目を更新する場合に便利です。

    • リストを作成した後、リストでデータを入力および表示する方法を変更できます。

  3. リストの 名前 を入力します。 名前は必須です。

    この名前はほとんどのビューで一覧の一番上に表示され、リストページの web アドレスの一部になり、ユーザーがリストを見つけやすくするためにサイトのナビゲーションに表示されます。 リストの名前は変更できますが、web アドレスは変わりません。

  4. リストの 説明 を入力します。 省略

    ほとんどのビューで、説明は名前の下に表示されます。 一部の種類のリストは、メールでコンテンツを受け取ることができます。 リストをメールで受信できるようにする場合は、ユーザーがメールアドレスを簡単に見つけられるように、リストのメールアドレスを説明に追加することができます。 リストの説明は変更することができます。

  5. サイドリンクバーにリンクを追加するには、[ ナビゲーション ] セクションで [はい] が選択されていることを確認します。

  6. メールセクションがある場合、管理者は、メールでコンテンツを受信できるように、サイトのリストを有効にしています。 ユーザーがメールを送信してこのリストにコンテンツを追加できるようにするには、[ このリストを電子メールで受信できるようにする] で [はい]を選びます。 次に、[ 電子メールアドレス ] ボックスに、リストで使用する連絡先の最初の部分を入力します。 このオプションは、一部のリストの種類では使用できません。

  7. [作成] を選びます。

  1. リストまたはライブラリを追加するページで、[ページ] を選択し、[編集] を選択します。 [ ページ ] タブが表示されない場合は、[ Office 365 の [設定] ボタン設定 ] を選択し、[ページの編集] を選択します。

    ページの編集

    注: [ 編集 ] コマンドが無効になっているか、表示されない場合は、ページを編集するアクセス許可が与えられていない可能性があります。 担当の管理者に問い合わせてください。

  2. リストまたはライブラリを表示するページ上の場所を選択し、[挿入] を選択して、[アプリパーツ] を選択します。

  3. リストまたはライブラリの場合は、 アプリパーツを選択し、[追加] を選択します。

  4. ページの編集が完了したら、[保存] を選択します。 状況に応じて、[下書きとして保存] または [保存して公開] のオプションも使えます。

前の手順を使用して、ページに追加されたリストの例を次に示します。

ページのリスト

使用している SharePoint のバージョンを確認するには、「使用している SharePoint のバージョンが不明の場合」を参照してください。

ライブラリで同じことを行いたい場合

ライブラリを作成するには、「ドキュメントライブラリを作成する」を参照してください。

リストでの次の手順

列を追加または削除して、リストに保持する情報の種類を設定します。 詳細については、「 リストまたはライブラリで列を作成する」を参照してください。

ビュー ビューを作成して、リストの表示方法を変更します。 詳細については、「 リストまたはライブラリのビューを作成、変更、または削除する」を参照してください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×