SharePoint のリボン ボタンを使用できない理由

SharePoint のリボン ボタンを使用できない理由

SharePoint のリボンは、タスクの実行に必要なコマンドを見つけるのに役立ちますが、リボンのボタンが淡色表示されていたり、使えないことがあります。

ボタンが無効なリボン

無効になっているボタンに関するヘルプ 求める場合は、この記事に移動します。 より一般的な問題を取り上げようとしましたが、ボタンが使用できないすべての理由をカバーできません。

注: 

  • ここで説明されていない特定の問題がある場合は、この記事の最後にあるフィードバック セクションに詳しい説明をご記入ください。

  • 皆様からのコメントに基づいて、トピックを確認して更新します。

お客様からのフィードバックにより、2020 年 9 月 28 日 に更新されました

アクセス許可が不足していることが原因で発生する問題

適切なアクセス許可を持たなかった場合、一部のボタンは無効に表示され、一部のボタンは特定の機能では機能しません。 ボタンを有効にするにはアクセス許可が必要と思われる場合は、以下の「アクセス拒否」セクションを参照して、話をする必要があるユーザーを見つける方法について説明します。 アクセス許可の詳細については 、「SharePoint のアクセス許可について」を参照してください

注: 

  • アクセス許可の取得方法やアクセス許可が取り消された理由など、組織の特定のページやサイトで問題が発生しており、ご自分がエンド ユーザーの場合は、サイト管理者、マネージャー、または組織内部の IT 部門に連絡する必要があります。 問い合わせる相手が不明の場合は、マネージャー、秘書、同僚におたずねください。

  • 一般向け Web サイトを使用している場合は、Web サイトの所有者に問い合わせ、詳細を確認してください。 [連絡先]、[概要]、または [Webmaster] ページまたはリンクを探します。 連絡先がない場合は、インターネットで Whois レジストリに https://whois.icann.org/ などのドメイン名を入力します。 これにより、サイトの所有者が表示され、サイトの管理者の連絡先が表示されます。

アクセス許可は管理者によって割り当てられます。 特定のページや機能にアクセスしようとして、アクセス拒否エラーが表示された場合は、ダイアログでアクセス権の要求リンクを探します。 クリックして要求を入力します。 以下は、アクセス権の要求リンクが表示される一般的なアクセス拒否ダイアログです。

SPO のアクセス拒否ダイアログ ボックス。

アクセス権の要求リンクが表示されない場合、その機能は無効になっている可能性があります。 その場合は、管理者またはヘルプ デスクに問い合わせて、アクセス権を要求してください。

管理者権限をお持ちの場合は、「Understanding permission levels (アクセス許可レベルについて)」を参照してください。

廃止または廃止された機能

新しいバージョンの SharePointでは、機能は廃止、非推奨、または廃止されます。 切り替え中に、ボタンまたはリンクがインターフェイスに残され、無効になっている場合があります。 使用できなくなった可能性がある機能については、次の一覧をご覧ください。

サイト管理者が完全に設定していない機能

Outlook に接続する、またはコンピューターに接続Office、コンピューターまたはサーバーにインストールする必要がある機能があります。 ボタンはそこに表示されますが、追加の操作を行う必要があります。 SharePoint Server を使用している場合は、Outlook または Office をコンピューターにセットアップし、メール用のサーバー セットが必要になる場合があります。ボタンを有効にする前に、 マネージャー、サイト管理者、または IT 部門に問い合わせて、サポートを受けてください。 管理者の場合は、無効に見える機能の設定に関する情報のヘルプを検索します。

エクスプローラーで開くと灰色表示される

エクスプローラーで開く機能は非常に便利ですが、一部の条件下では機能しません。 次の 2 つのセクションでは、特定の問題と修正の名前を示します。 

下の見出しを選択して開き、詳細情報を表示します。

エクスプローラーで開く (エクスプローラーでの 表示とも呼ばれる) は、 Internet Explorer 11でのみサポートされます。 Chrome、FireFox、Safari、または Windows 10 の場合 の既定の Microsoft Edge ブラウザーを使用している場合は、[エクスプローラーで開く] はサポートされていません。灰色で表示されます。 

代わりに、同期機能を使用することをお勧めします。これは、エクスプローラーを使用してファイルにアクセスし、ユーザーをブラウザーに制限することなく、より優れたパフォーマンスを提供Internet Explorerです。 手順 については、「コンピューターとファイル を同期する」を参照してください (または、組織で以前のバージョン SharePoint Server 2016SharePoint ファイルの同期に関するページを参照してください)。 

同期ではなくエクスプローラーで開く 使用する場合は、次のコマンドを実行 Internet Explorer 11。 この機能は、 Windows 10 の場合で使用できますが、既定のブラウザーでは使用できません。 以前のバージョンの Windowsでは、以前のバージョンのバージョンの Internet Explorer から Internet Explorer 11に更新できます。 次の 2 つの手順に従います。

次の Internet Explorer 11 で Windows 10 の場合開始します。

  1. [スタート Windows 10 の [スタート] ボタン ] をクリックします。

  2. Internet Explorer と入力し、[Internet Explorer] を選びます。

今後ページ SharePoint 開 Microsoft Edge 開か Internet Explorer 11を維持するには、既定のブラウザーを変更 Internet Explorer 11。

既定のブラウザーを変更するには:

  1. Windows 10 の場合 の [スタート] Windows 10 の [スタート] ボタン をクリックし、「既定のプログラム」と入力し、[既定のプログラム] をクリックします。

    Windows の既定のプログラム
  2. Web ブラウザーでは、[Microsoft Edge] をクリックし、[アプリケーションの選択] ダイアログ ボックスの [Internet Explorer] をクリックします。

    Microsoft Edge または IE ブラウザーの既定のプログラムの選択
  3. [既定のアプリの選択] ダイアログ ボックスを閉じます。

次に、問題が発生しやすくなる状況をいくつか示します。

  • Windows とブラウザー以外のブラウザーを使用Internet Explorer。 Windows の場合は、上記の手順に従ってブラウザーを Internet Explorer に変更することができます。

  • Internet Explorer 10 を Windows 7 または Windows 8 で使用している場合、問題の修正プログラムがある可能性があります。 詳細については、「Internet Explorer 10 をインストールした後にエクスプローラーで SharePoint ドキュメント ライブラリを開くか、SharePoint ドキュメント ライブラリにネットワーク ドライブを割り当てると、エラーが発生する」を参照してください。

  • Mac で Microsoft 365 を使用していますエクスプローラーで開 くは、Microsoft on Mac ではサポートされていません。 代替として "Microsoft Document Connection" を試してください。 詳細については 、「SharePoint: OSを使用したドキュメントの使用」をDocument Connection for Macしてください。

  • [エクスプローラーで開く] をクリックすると、"ファイル エクスプローラーでこの場所を開くときに問題が発生しました" というメッセージが表示される。SharePoint サイトを [信頼済みサイト] リストに追加する必要がある場合があります。 「エクスプローラーで開く」コマンドを使用してSharePointの問題のトラブルシューティングを行う方法に関するページの「SharePointサイトを追加する」または「信頼できるサイトにエクスプローラー URL で開く」セクションまでスクロールします。

  • [エクスプローラーでリストを編集 SharePoint エクスプローラーで開く] がグレー表示されています。 エクスプローラーで開くリストは使用できません。ライブラリのみ。

(エクスプローラーで開くのその他のトラブルシューティングと要件については 、「Internet Explorer がブラウザーである場合の対応」を参照し、「エクスプローラーで開かない理由」という名前のサブセクションを参照してください)。

一部のボタンは、作業を行っている場合にのみ動作します。

使用できるリボンのタブ、グループ、コマンドは、SharePoint での操作に応じて異なります。 最も一般的な問題は、特定のボタンを有効にする前に、アイテムを選ぶ必要があることです。

タスクによっては、ファイルとリスト固有のボタンを有効にするために、ライブラリまたはリストで 1 つ以上のアイテムを選ぶ必要があります。

  • プロパティの表示および編集、チェックインまたはチェックアウト、コピーの共有またはダウンロードのボタンが、リストまたはライブラリで使用できない。 これらのボタンを有効にするには、アイテムまたはドキュメントを選ぶ必要があります。 複数のアイテムを選ぶと、灰色表示されるものもあります。

    [編集] ボタンが淡色表示されたリボン

    項目を選ぶ前

    項目を選んだリボンの [編集] セクション

    項目を選んだ後

  • <c0>ドキュメントのグループを選ぶと、編集ボタンと表示ボタンが灰色表示される</c0>。 これらのアイテムは、1 つのアイテムを選んだ場合にのみ動作します。 ただし、[チェックアウト] など、他のコマンドは実行できます。

    リストの 2 つの項目を選んだリボンの [編集] 部分

その他のリソース

次に、リストとライブラリの役立つ関連リンクをいくつか示します。

Web パーツやその他のコンテンツの追加など、ページを編集する場合、最初に [編集] をクリックしないと、[ページ] タブの [ページ名の変更]、[保存]、[名前を付けて保存] の各ボタンは無効になります。

有効にしてページを保存または名前を変更するには、まず、[編集] をクリックします。 変更を加えたら、[保存]、[名前を付けて保存]、または [名前変更] をクリックします。

無効なボタンが表示されている [ページ] リボン

通知、接続、およびクイック編集

次に、これらのボタンが無効になる原因をいくつか示します。

インストールされている特定のアプリ Microsoft 365 最新バージョンがインストールされていることを確認します。

Outlook への接続ボタンが強調表示され、無効なリボン

これらの機能は、サイト管理者、マネージャー、または所有者が有効にする必要があります。

アラートと RSS フィードの詳細については、「アラートの作成または RSS フィードのサブスクライブ」 を参照してください。

複数の Web パーツがあるページを開いている場合、編集するライブラリまたはリストをクリックしてから、[クイック編集] ボタンをもう一度試します。

ビューが既定ではない場合に、この問題が発生することがあります。 次に、考えられる解決策をいくつか示します。

  • リストの [既定のビュー] スタイルを使用するビューを使用または作成します。 [ライブラリ] または [リスト] を選び、[ビューの変更] をクリックします。 [ビューの編集] ページの [スタイル] セクションで、[既定] を選び、[OK] をクリックします。 詳細については、「リストまたはライブラリのビューを作成、変更、または削除する 」を参照してください

    注: この方法は、ページ上でのビューの表示方法に影響を与えます。

  • リボンの [ライブラリ] または [リスト] タブの [現在のビュー] セクションで、[データシート ビュー] をクリックします。 [データシート ビュー] では、アイテムをインラインで編集できます。

アクセス許可が不足していることが原因で発生する問題

適切なアクセス許可がない場合、一部のボタンが無効になったり、表示されなくなったりします。また、一部のボタンは特定の機能で動作しなくなることがあります。

注: 

  • アクセス許可の取得方法やアクセス許可が取り消された理由など、組織の特定のページやサイトで問題が発生しており、ご自分がエンド ユーザーの場合は、サイト管理者、マネージャー、または組織内部の IT 部門に連絡する必要があります。 問い合わせる相手が不明の場合は、マネージャー、秘書、同僚におたずねください。

  • 一般向け Web サイトを使用している場合は、Web サイトの所有者に問い合わせ、詳細を確認してください。 [連絡先]、[概要]、または [Webmaster] ページまたはリンクを探します。 連絡先がない場合は、インターネットで Whois レジストリに https://whois.icann.org/ などのドメイン名を入力します。 これにより、サイトの所有者が表示され、サイトの管理者の連絡先が表示されます。

アクセス許可は管理者によって割り当てられます。 特定のページや機能にアクセスしようとして、アクセス拒否エラーが表示された場合は、ダイアログでアクセス権の要求リンクを探します。 クリックして要求を入力します。 以下は、アクセス権の要求リンクが表示される一般的なアクセス拒否ダイアログです。

SPO のアクセス拒否ダイアログ ボックス。

アクセス権の要求リンクが表示されない場合、その機能は無効になっている可能性があります。 その場合は、管理者またはヘルプ デスクに問い合わせて、アクセス権を要求してください。

管理者権限をお持ちの場合は、「Understanding permission levels (アクセス許可レベルについて)」を参照してください。

一部のボタンが有効でも表示されない理由

適切なアクセス許可があれば、適切な領域にボタンが表示されますが、一部のボタンは表示されないことがあります。 次に、ボタンが表示されない理由をいくつか示します。

リボンの一部のセクションは、ドロップダウン付きの 1 つのボタンにまとめられることがあります。 他のオプションを表示するには、ボタンの横にある矢印をクリックし、ドロップダウンを展開する必要があります。 

リボン上の [管理] グループ

カスタマイズされたサイトでは、SharePoint 管理者がコマンドを許可していない場合があります。 詳細については、サイト管理者、マネージャー、または所有者にお問い合わせください。

リボンがまったく表示されない場合

SharePoint リボンがまったく表示されない場合、いくつかの原因があります。

この場合は、画面左の [クイック起動] バーの下端にある [クラシック SharePoint に戻る] をクリックすると、通常はリボンを復元することができます。 クラシック SharePoint を終了するには、すべてのブラウザー ウィンドウを閉じてから、もう一 Microsoft 365。 クラシック SharePoint オプションが表示されない場合は、管理者か IT 部門に無効になっていないかお問い合わせください。

[従来の表示に戻す] が強調表示された画面左側のクイック起動バー

オンプレミス バージョンの SharePoint では、組織または会社が詳細にカスタマイズされたサイトを所有しているため、リボンが含まれていないことがあります。 サイトが高度にカスタマイズされている場合は、マネージャー、サイト管理者または IT 部門に連絡する必要があります。

質問に対する回答が表示されます。

回答が、サイトが提供するコンテンツまたはビジネスに関連している場合があります。 この記事では、コンテンツについてではなく、 SharePoint の動作を修正する方法について説明します。 その他のアイデアを次に示します。

  • アクセス許可の取得方法やアクセス許可が取り消された理由など、組織の特定のページやサイトで問題が発生しており、ご自分がエンド ユーザーの場合は、サイト管理者、マネージャー、または組織内部の IT 部門に連絡する必要があります。 問い合わせる相手が不明の場合は、マネージャー、秘書、同僚におたずねください。

  • Web サイトの場合は、詳細について、Web サイトの所有者にお問い合わせください。 [連絡先]、[概要]、または [Webmaster] ページまたはリンクを探します。 連絡先がない場合は、インターネットで Whois レジストリに https://whois.icann.org/ などのドメイン名を入力します。 これにより、サイトの所有者が表示され、サイトの管理者の連絡先が表示されます。

ご意見を寄せてください。

この記事はお役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。 役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や情報が不足していた点をお知らせください。 SharePoint のバージョン、オペレーティング システム、ご使用のブラウザーなど、できるだけ具体的にご説明ください。 皆様からのご意見は、手順を見直し、問題を修正して、この記事を更新するために利用いたします。

関連項目

使用している Office のバージョンを確認する方法

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×