SharePoint サイトのアドレスの名前を変更するとエラーが発生する

この記事では、SharePoint サイトのアドレス (URL) を変更または名前変更したときに表示される可能性のある一般的なエラーメッセージを示します。 各メッセージの情報に基づいて、サイトの名前を変更できない理由と、エラーを修正する方法を特定できます。

エラー メッセージ

解決方法

このサイトのアドレスは使用できません。

別の名前を選択してください。

このサイトはロックされています。

サイトのロックを解除して、名前を変更してください。

このサイトは書き込みロックされています。

サイトのロックを解除して、名前を変更してください。

このサイトは読み取り専用です。

サイトを読み取り/書き込みのマークを付け、名前の変更を再試行します。

このサイトテンプレートは、名前の変更でサポートされていません。

このサイトの名前を変更することはできません。

これはハブサイトです。

このサイトの名前を変更することはできません。

これはトップレベルサイトです。

このサイトの名前を変更することはできません。

このテナントのルートサイト ' <https://contoso.sharepoint.com> ' は存在しません。

ルートサイトを復元するか、新しいサイトを作成します。

このサイトの URL は、電子情報開示の保留またはアイテム保持ポリシーに含まれているサイトが含まれているため、変更できません。

このサイトを変更することはできません。

ターゲットサイトの URL が有効な URL ではありません。

有効なターゲット URL を使用します。

ターゲット URL に無効な文字が含まれているか、最大長の128を超えている。

ターゲット URL でサポートされていない文字を含まず、最大長の128を超えないようにします。

ターゲットサイトの url を空にすることはできません。

有効なターゲットサイトの URL を使用します。

Office 365 グループは存在しません。

Office 365 グループが存在することを確認します。

Office 365 グループはまだ作成中です。

グループが作成されるのを待ちます。

住所の変更は既に進行中です。

数分待ってから変更を行う必要があります。

新しいサイト名が長すぎます。

サイト内のすべてのファイルとフォルダーのパスは、400文字を超えることはできません。

CurrentSiteUrl ' <https://contoso.sharepoint.com/sites/currentsiteurl> ' には、newsiteurl ' <https://contoso.sharepoint.com/teams/Newsiteurl> ' の異なる managedpath があります。

相対パス名の変更のみがサポートされます。

Information Rights Management (IRM) がこのサイトに適用されています。

サイトのアドレスを変更するには、サイトの IRM を無効にします。

このサイトには SharePoint 2013 ワークフローが含まれています。

サイトのアドレスを変更した後、ワークフローを再発行する必要がある場合があります。

アプリがサイトにインストールされている。

サイトのアドレスを変更した後で、アプリを再作成して再インストールする必要がある場合があります。

詳細情報

詳細については、次の記事を参照してください。

さらにサポートが必要な場合 Microsoft コミュニティに移動します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×