Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。
SharePoint サイトの利用状況データを表示する

Microsoft 365 の SharePoint サイト所有者は、ユーザーがサイトとやり取りする方法に関する情報を表示できます。 たとえば、サイトにアクセスしたユーザーの数、ユーザーがサイトにアクセスした回数、最も多くのビューを受け取ったファイルの一覧を表示できます。

サイトの使用状況データを表示するには、[設定] 歯車の [ 設定アイコン ] をクリックし、[ サイトの使用状況] をクリックします。 左側のメニューで [ サイトのコンテンツ ] をクリックし、上部のナビゲーション バーの [ サイトの使用状況 ] をクリックすることもできます。

重要: 

  • サイト管理者、所有者、メンバー、および訪問者は、サイトの使用状況データを表示できます

  • サイト訪問者は外部ユーザー レポートを実行することも、90 日間の使用状況レポートをダウンロードすることもできません

  • 一部の機能は、Office 365 で対象指定リリース オプションを設定している組織に段階的に導入されます。 これは、この機能がまだ表示されない場合や、ヘルプ記事で説明されているものとは異なる場合があることを意味します。

  • 有効期間の統計は、2018 年 2 月以降に作成されたサイトに対して表示されます。 この日付より前に作成されたサイトには、2018 年 2 月以降の統計が表示されます。

  • サイト所有者のアクセス許可を持つゲスト ユーザーは、サイト分析データやサイト使用状況データにアクセスできません。 

  • ゲストビューと匿名ビューと訪問は、2019 年 3 月以降および今後のサイトに含まれます。

  • サイト使用状況レポートは、世界中の運用環境と、Microsoft 365 の一部の特殊なクラウド展開でのみサポートされます。 詳細については、次をご覧ください。 

サイトの閲覧状況のページに含まれるもの

注: 

  • [ 外部ユーザーと共有 ] レポートを除き、サイト使用状況ページのすべてのレポートでは、一部のファイル拡張子が除外されます。 各レポートから除外される拡張機能の一覧の詳細は、ページの下部に表示されます。

  • サイトにアクセスした個人の名前を表示するには、SharePoint 管理者が SharePoint ビューアー 設定をアクティブにする必要があります。

  • [SharePoint 閲覧者] 設定を有効にすると、[サイトの使用状況] ページではなく、ライブラリのホバー カードに個々の名前が表示されます。

  • 一意の閲覧者、サイト訪問、およびユーザーあたりの平均使用時間の使用状況データは集計され、協定世界時 (UTC) に基づいて表示されます。

一意の閲覧者

訪問した頻度に関係なく、サイトへの個々の訪問者の合計数が表示されます。 ページ、ドキュメント、ニュースなどのサイト コンテンツのユーザー アクティビティの使用状況データ アカウント。 このデータは、協定世界時 (UTC) を使用して提示されます。 

過去 7 日間、過去 30 日間、過去 90 日間のサイトの 1 日の一意のビューアーの傾向を確認できます。 全体的な一意のビューアー数は、過去 7 日間と過去 30 日間に使用できます。

次の例では、このサイトの 7 日間のビューでは、先週からのトラフィックが 30% 増加した 168 個の一意のビューがあることを示しています。 グラフの右側には、2018 年 2 月以降にこのサイトでコンテンツを閲覧したユーザーの総数であり、この例では 3,468 人の有効期間の一意の閲覧者が表示されます。

新しい分析ページの一意のビューアー コンポーネントの画像

サイトの閲覧数

過去 7 日間、過去 30 日間、過去 90 日間の、このサイトのコンテンツへの合計訪問数を示します。 サイト コンテンツには、ページ、ドキュメント、ニュースが含まれます。 このデータは、協定世界時 (UTC) を使用して提示されます。 

サイト訪問の計算に使用されるアルゴリズムは、同じユーザーが同じアイテム (ページ、ドキュメント、またはニュース) で繰り返し継続的な操作を除外するように設計されています。 たとえば、ユーザーがページ、ドキュメント、ニュース投稿を繰り返し更新する場合などです。

次の例では、このサイトの 7 日間のビューでは、先週からのトラフィックが 10% 減少した 567 のサイト訪問があったと示されています。 グラフの右側には、2018 年 2 月以降にこのサイトでコンテンツを閲覧したユーザーの総数である有効期間のサイト訪問数が表示され、この例では 125,498 人です。

一意かつ生涯の閲覧者の数を示すサイト分析でのサイト訪問の画像。

ユーザーあたりの平均使用時間

注: Web ブラウザーの制限により、このレポートでは少量のトラフィックは考慮されません。

最新の SharePoint サイト ページとユーザーによるニュース投稿に費やされた実際の時間の傾向を示します。 レポートでは、ユーザーがページまたはニュース投稿で実際にアクティブになっている時間が計算されます。ページが最小化されたときや、ユーザーがページを開いているが非アクティブな時間はカウントされません。 7 日と 30 日間の平均メトリックは、そのページに費やされた合計時間と、指定された期間内のそのページの一意の訪問者の数を測定することによって計算されます。 このデータは、協定世界時 (UTC) を使用して提示されます。 

このレポートは現在、90 日間の平均値を提供せず、リスト、ドキュメント、管理ページ (サイトの使用状況やサイトのアクセス許可ページなど) をサポートしていません。 現在、モバイル アプリでの使用状況は、このレポートの計算には組み込まれていません。 

次の例では、このサイトの 7 日間のビューでは、平均的なユーザーが 6 分 45 秒のアクティブなエンゲージメントをサイトに費やしており、これは先週から 40% 減少したことを示しています。 ユーザー ごとのメトリックに費やされた有効期間の平均時間はありません。

ページ上のユーザーあたりの平均消費時間を示すサイト分析のドウェル時間の画像。

人気のあるコンテンツ

サイトページ、ニュース投稿、ドキュメント別に並べ替えられたサイトで最も人気のあるコンテンツを表示します。 一般的なコンテンツは、一意の閲覧者、総ビュー、またはサイト ページやニュース投稿に費やされた時間で並べ替えることができます。 このレポートは過去 7 日間使用できます。  

一般的なドキュメントの場合、並べ替えは 一意のビューアー または 合計ビューで使用できます。 

サイト分析で人気のあるコンテンツの画像

サイト トラフィック

過去 7 日間、過去 30 日間、および ビューアーのローカル タイム ゾーンの過去 90 日間のサイトへのアクセスの時間単位の傾向を示します。 グラフの濃淡は、サイト内のコンテンツにさらにビューがある場合のタイム スロットを指します。 このマップを使用して、ニュースや大きなお知らせを投稿する最適なタイミングを決定します。

サイト分析のドウェル時間ヒート マップの画像

一般的なプラットフォーム

プラットフォーム (デスクトップ、モバイル Web、モバイル アプリ、タブレット) によって整理されたサイトのコンテンツへの訪問の分布を示します。 このデータは、過去 7 日間、過去 30 日間、および過去 90 日間に使用できます。

このレポートは、ユーザーがサイト コンテンツにアクセスしたときに受信したメタデータの一部である "ユーザー エージェント" ヘッダーに基づいて生成されます。

一般的なデバイスのサイト使用量

Excel ファイルでサイト使用状況データをエクスポートする

サイト所有者は、サイト使用状況ページのダウンロード ボタンに移動して、90 日間のサイト使用状況データを Excel ファイルにエクスポートできます。 ボタンを選択して、一意の視聴者、サイト訪問、人気のあるプラットフォーム、サイト トラフィックの 90 日間のデータをダウンロードします。 サイト上の人気のあるコンテンツ (ニュース投稿、ドキュメント、ページ) の場合、レポートは過去 7 日間になります。

サイト使用状況レポートをエクスポートするには、ページの右上隅にあるダウンロード アイコンを選択します。

[レポートのダウンロード] ボタン

注: 

  • サイト使用状況レポートのダウンロードには、レポートに [外部ユーザーと共有] のデータは含まれません。 

  • サイト使用状況レポートのダウンロードには、 ユーザーごとの平均使用時間のデータは含まれません。

  • 外部ユーザーと共有レポートをエクスポートするには、ページの右下隅にある [レポートの実行] ボタンをクリックして、このデータを CSV ファイルに抽出する必要があります。  期間を選択することはできません。データには、リソース パス、項目の種類、アクセス許可、ユーザー名、ユーザー Email、ユーザーまたはグループの種類、リンク ID、リンクの種類、AccessViaLinkID の属性が含まれます。

外部ユーザーと共有する

組織外のユーザーと共有されているアクセス権を持つファイルの一覧。共有リンクを使用すると、ファイルを表示する前にログインする必要があります。

外部共有ファイル

SharePoint ハブ サイトの使用状況レポート

注: 

  • 人気のあるコンテンツのハブ使用状況ページメトリックは、閲覧者のアクセス許可レベルによって異なります。 ただし、一意の閲覧者とハブ訪問の集計レポートには、閲覧者のアクセス許可に関係なく、ハブ全体のメトリックが反映されます。

  • ハブ分析レポートは、ハブ内の最大 200 サイトの分析をサポートします。 ハブに 200 を超える関連サイトが含まれている場合は、このレポートで最も最近使用された上位 200 サイトのデータしか使用できません。 

SharePoint ハブ サイトは、プロジェクト、部署、部門、リージョンなどに基づいてサイトを接続して整理することで、組織のニーズを満たすのに役立ちます。ハブ サイトの管理者とメンバーは、[設定] 歯車の [ 設定アイコン ] をクリックし、[サイトの使用状況] をクリックすると、ハブ内のすべての関連サイトの集計された使用状況データを確認できます。 

ページの [一意の閲覧者] レポートと [ハブ訪問] レポートには、過去 7 日間と 30 日間のハブ内のすべてのサイトの集計された使用状況データが表示されます。 "人気のあるコンテンツ" レポートには、過去 7 日間にハブ内のすべての関連サイトのトップ ページ、ニュース投稿、ドキュメントが表示されます。 ハブで最も人気のあるサイトを確認するには、[人気のあるコンテンツ] レポートの [サイト] セクションを参照してください。

(関連付けられたサイトからのデータを集計せずに) ハブ サイトのみの使用状況データを分析するには、ページの右上にあるドロップダウンを使用して、ハブ サイトのみのデータの表示に切り替えることができます。  

サイトの使用状況のドロップダウンの画像

M365 の特殊なクラウドデプロイの使用状況レポート

組織の SharePoint テナントには、M365 の特殊なクラウド展開シナリオによっては、サイト使用状況レポート機能がすべて含まれていない場合があります。 組織が使用する特殊なクラウド展開の種類を M365 管理者に問い合わせて、利用可能なサイト分析レポート データを理解してください。 

サイトの使用状況の詳細 

環境に応じた可用性

一意の閲覧者

サイト訪問

サイト トラフィック

人気のあるコンテンツ

21Vianet (中国) が運営するOffice 365を除くすべての SharePoint 展開の種類で使用できます。

ユーザーあたりの平均使用時間

一般的なプラットフォーム

Excel ファイルでのサイト使用状況データのエクスポート

これらのレポートは、次の環境では使用できません。

  • 21Vianet が運用している Office 365

  • Office 365 Germany

ハブの使用状況

次の場合は使用できません。

  • 21Vianet が運用している Office 365

  • Office 365 Germany

  • GCC をOffice 365する

  • OFFICE 365 GCC High

  • Office 365 DoD

アクセス許可

このリスト内の任意のアイテムに対するアクセス許可を編集するには、アイテムの横の その他 をクリックして、[権限の編集] を選びます。 詳細については、「Office 365 で SharePoint のファイルまたはフォルダーを共有する」をご覧ください。

除外されたFile-Types

現在、次のファイルの種類は、サイトとハブの使用状況 ("外部ユーザーと共有" レポートを除く) のすべてのレポートから除外されています。

jpg, png, js, css, gif, jpg5_1, jpeg, one, onepkg, onetoc2, spcolor, sptheme, spfont, eot, ico, onebin, svg, woff, woff2, xsl

アプリの使用状況データの監視

SharePoint Online 環境のアプリを監視する」では、管理 ダッシュボードからアプリを監視する方法について説明します。 Microsoft 365 ホーム ページで、[管理 センター] をクリックし、[使用状況] をクリックします。 メール、ファイル、OneDrive などの使用状況を調べることができます。

"外部ユーザーと共有" レポートをエクスポートする

外部 ユーザーと共有レポートをエクスポートして、詳細な分析とレポートを作成できるようになりました。 サイト所有者と管理者は、ページの右下隅にある [ レポートの実行] ボタンをクリックして、このデータを CSV ファイルに抽出できます。  期間を選択することはできません。データには、リソース パス、項目の種類、アクセス許可、ユーザー名、ユーザー Email、ユーザーまたはグループの種類、リンク ID、リンクの種類、AccessViaLinkID などの属性が含まれます。

SharePoint ページまたはニュース投稿の使用状況分析を取得する

ページ分析を使用すると、ユーザーがページやニュース投稿と対話する方法に関する情報を表示できます。 たとえば、一定期間にわたってページを表示したユーザーの数、ユーザーごとのページに費やされた平均時間、ページ トラフィックを時間別に表示できます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×