SharePoint 2010 のワークフローのサポート終了

SharePoint 2010 のワークフローのサポート終了

Microsoft 365 サービスの進化の一環として、お客様に最大限の価値を提供するためにサービスの機能が定期的に評価されます。 慎重に検討した結果、SharePoint 2010 ワークフローに対して、Microsoft 365 のお客様には最新のワークフロー ソリューションをより適切に提供できると結論付けました。

したがって、SharePoint 2010 ワークフローは 2020 年 8 月 1 日から廃止されます。 これは、Government Community Cloud (GCC High) および Department of Defense を含むすべての環境に適用されます。 SharePoint 2010 ワークフローを使用している場合は、Power Automate またはその他のサポートされているソリューションに移行することをお勧めします。 

2020 年 8 月 1 日以降、新しい Microsoft 365 のお客様は、SharePoint 2013 ワークフローまたは Power Automate を使用できます。 ただし、SharePoint 2013 ワークフローは、今後も同様の廃止パスに従います。そのため、Power Automate やその他のサポートされているソリューションを使用することを強くお勧めします。 移行中にコンテンツが失われることはありません。 ただし、ワークフローの移行はすべて手動で行います。

タイムライン

日付

アクション

2020 年 8 月 1 日

新たに作成されたテナントでは、SharePoint 2010 ワークフローは無効になります。

2020 年 11 月 1 日

SharePoint 2010 ワークフロー サービスは既存のテナントから削除されます。

背景

SharePoint では、ワークフローは、ビジネス プロセスに関連した一連のアクションまたはタスクを介した、文書またはアイテムの自動的な移動です。 組織では、ワークフローを使用して、SharePoint のリストまたはライブラリ内の文書またはアイテムにビジネス ロジックを関連付けることができます。

SharePoint の従来のワークフローは、2 つのワークフロー システムを構成します:

  • SharePoint 2010 ワークフロー

  • SharePoint 2013 ワークフロー

両方のワークフロー システムで、SharePoint のワークフローを構築して公開できますが、次に示す主な相違点がいくつかあります:

  • SharePoint 2010 ワークフローは SharePoint Server 2010 と共にリリースされ、SharePoint ワークフロー ランタイムでホストされ実行される

  • SharePoint 2013 ワークフローは SharePoint Server 2013 と共にリリースされ、SharePoint でホストされ、独立して実行されるワークフロー マネージャーで実行される

ほとんどのユーザーは、SharePoint Designer を使用して、SharePoint でワークフローを作成および公開しますが、ワークフローの拡張と構築を目指す専門の開発者は Visual Studio を使用して SharePoint でワークフローを構築および公開します。

お客様への影響

SharePoint 2010 ワークフロー

2020 年 8 月 1 日から、新たに作成されたテナントでは、SharePoint 2010 ワークフローは無効になります。

2020年11月1日以降、SharePoint 2010 ワークフローサービスは、新規または既存の2010ワークフローが実行されないように、既存のテナントから削除されます。 

次の組み込みワークフローが影響を受けます:

  • 承認:このワークフローでは、承認を得るために、文書やアイテムがユーザーのグループで回覧されます。

  • フィードバックの収集:このワークフローでは、フィードバックを得るために、文書やアイテムがユーザーのグループで回覧されます。 レビュー担当者はフィードバックを提供し、そのフィードバックをまとめて、ワークフローを開始したユーザーに送信します。

  • 署名の収集:このワークフローでは、デジタル署名を収集するために、Microsoft Office 文書がユーザーのグループで回覧されます。

  • クラシック ページ発行の承認:このワークフローは、レビューと承認を得るために、案件の専門家と利害関係者に下書きのページが自動的に回覧されるという点で、承認ワークフローと似ています。

  • 3 段階の状態管理:このワークフローを使って、顧客サポートの問題、潜在顧客、プロジェクト タスクなど、大量の案件やアイテムの追跡が必要なビジネス プロセスを管理できます。

SharePoint 2013 ワークフロー

SharePoint 2013 ワークフロー は引き続きサポートされます。 この終了および廃止は、SharePoint 2013 ワークフローには適用されません。 SharePoint 2013 ワークフローは引き続きサポートされますが、将来的に廃止される予定です。ただし、Power Automate またはその他のサポートされているソリューション (Microsoft 365 Business アプリ パートナー プログラムの優先メンバーからのものなど) に移行することをお勧めします。

2020 年 11 月 1 日から、新しいテナントでは、SharePoint 2013 ワークフローは既定で無効になります。 必要に応じて、新しい環境で SharePoint 2013 ベースのワークフロー エンジンをアクティブ化できる PowerShell スクリプトを提供します。   

SharePoint 2010 と SharePoint 2013 ワークフローの SharePoint Server サポート

SharePoint 2010 および SharePoint 2013 ベースのワークフローは、以前のサポート体制を変更することなく引き続きサポートされ、オンプレミスの SharePoint 2016 および SharePoint 2019 プラットフォームでは 2026 年まで引き続きサポートされます。

SharePoint Designer 2013

Sharepoint Designer 2013 から sharepoint Online に対する sharepoint 2010 ワークフローの作成と実行は、新しく作成されたテナント (2020 年8月、既存の2020テナント) についてはオフになっています。 既存のワークフローは、raw XML ファイルとしてのみ表示できます。 

SharePoint Designer 2013 は、残りのクライアント サポート ライフサイクル (2026) で SharePoint Server 2019 と連携します。 SharePoint Designer 2013 は、それ以降はサポートされません。

全体として、Power Automate またはその他のサポートされているソリューションに移行することで、影響を軽減します。

ガイダンス

SharePoint 先進化スキャナー

組織で SharePoint 2010 ワークフローを使用しているか、Power Automate への移行の計画を開始しているかを理解するには、SharePoint 先進化スキャナー ツール を実行して、テナントをスキャンし、従来のワークフローの使用状況を確認することをお勧めします。 スキャナー ツールで生成されたワークフロー レポートでは、次のことができます:

  • SharePoint 2010 および SharePoint 2013 ワークフローでの従来のワークフローの配布

  • 組み込みおよびカスタム ワークフローの使用状況の分布

  • ワークフローを使用するサイトとリスト

  • どの程度の頻度で検出されたアクションを Power Automate でフローにアップグレードできるかを示す Power Automate アップグレード可能性スコア

テナント管理者は、ワークフロー レポートをサイト情報と共に使用することで、ユーザーと協力して、最小限の中断でこれらのワークフローを移行できます。

Microsoft 365 ライセンスで Power Automate を使用する

すべての Microsoft 365 ライセンスには、Microsoft 365 アプリケーションをカスタマイズして拡張するための、Power Platform の使用が含まれます。  これには、Power Automate と Power Apps の両方が含まれます。

Power Automate には、Microsoft 365 ライセンスに加えて購入できる追加のプレミアム機能もあります。 Microsoft 365 ライセンスに含まれる特定の機能 の詳細をご覧ください。

SharePoint 2010 ワークフローがテナントで無効になっている場合のユーザー インターフェイスの更新

テナントでワークフロー 2010 が無効になっている場合、ワークフロー 2010 に基づいてワークフローを作成または操作しようとすると、SharePoint サイトと SharePoint Designer の両方が操作を制限します。 以下は、ワークフロー 2010 が無効になっているテナントでユーザーが遭遇する可能性のある既知の問題の一部です。

  • SharePoint Designer でサイトを開き、SharePoint 2010 ワークフローに関連するアクション (新しい SharePoint 2010 ワークフローの作成など) を実行しようとすると、次のエラーが表示されます:

    "ユーザー定義ワークフローは、SharePoint 管理者によって無効にされています。 ユーザー定義のワークフローを実行できません。"
    Sharepoint 2010 ワークフローが無効になっている際の SharePoint Designer での SharePoint 2010 ワークフローエラーのスクリーンショット

  • サイトコレクションの所有者が、ワークフロー 2010 が無効になっているテナントのサイトコレクションの機能でワークフロー機能をアクティブ化した場合、機能は正常にアクティブ化されますが、ワークフロー 2010 に関連付けられている組み込みのワークフローはインストールされません。

    ユーザーは、ワークフローの設定ページでこの動作を確認できます。このページでは、ワークフロー 2010 に基づいてワークフローを作成することはできません。
    ワークフローが有効になっているにも関わらず 2010 ワークフローを作成するためのオプションがない、SharePointの[ワークフロー設定] ページのスクリーンショット

移行のサポートはどこに問い合わせればよいですか?

次のサービスとパートナー プログラムを使用して、SharePoint 2010 ワークフローからの移行に役立てることができます。

詳細情報


注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×