SharePoint Online のキーボード ショートカット

SharePoint Online のキーボード ショートカット

多くのユーザーは、キーボード ショートカットを使用して外部キーボードを使用 SharePoint 、より効率的に作業できると判断しています。 運動機能障碍または視覚障碍を伴うユーザーの場合、キーボード ショートカットはタッチスクリーンを使用するよりも簡単であり、マウスの代替手段として不可欠なものとなっています。

注: 

  • このトピックで示すショートカット キーは、米国のキーボードのレイアウトをベースにしています。 その他のレイアウトでのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない可能性があります。

  • ショートカットのプラス記号 (+) は、複数のキーを同時に押す必要があることを意味しています。

  • ショートカットのコンマ記号 (,) は、複数のキーを順番に押す必要があることを意味しています。

  • Microsoft 365 の SharePoint は Web ベースのアプリケーションのため、キーボード ショートカットやナビゲーションがオンプレミスのバージョンとは異なる場合があります。

  • この記事で紹介しているショートカットをすばやく見つけるには、検索を使用します。 Ctrl キー + F を押してから、検索語句を入力します。

この記事の内容

よく使われるショートカット キー

次の表は、 で最も頻繁に使用されるショートカットの一覧 Microsoft 365 の SharePoint。

操作内容

キー操作

画面内を移動します。

Tab キー

ドキュメントを作成する。

Alt キー + N

ドキュメントをアップロードする。

Alt + U

選択した項目のコンテキスト メニューを表示する。

Shift + F10

検索を使用します。

Alt + S

ライブラリを同期します。

Alt + Y

テキストをコピーする。

Ctrl + C

テキストを切り取る。

Ctrl + X

テキストを貼り付ける。

Ctrl + V

最新の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

ページを使用する (オンライン)

これらのキーボード ショートカットは、すべてのページに適用されます。

目的

キー操作

画面内を移動します。

Tab キー

リボンまたはサイトのメニューとリストを展開します。

Shift + Enter

サイト のメニューとリストのオプション間を移動します。

下方向キーまたは Alt + 下方向キー

開いているリボン メニューを閉じます。

Esc キー

ページを発行します。

Alt + B

ページを使用する (オンラインモダン エクスペリエンス)

テキスト Web パーツで作成するときに、次のショートカットを使用します (下の「テキストの編集 」も参照してください)。

操作内容

キー操作

すべてのテキストを選択します。

Ctrl + A

リンクを挿入します。

Ctrl + K または [[ (2 つの左角かっこ)

順序付きリストを開始します。

1 +.+Space キー (1 番の後に完全な停止とスペースが続きます)

箇条書きを開始します。

-+ Space キー (負符号の後にスペースが続く)

次のショートカットを使用して、ページ内を移動します。

操作内容

キー操作

領域とセクション間を移動します。

Tab キー

現在の操作を終了するか、ダイアログ ボックスまたはウィンドウを閉じます。

Esc キー

選んだアイテムを開きます。

Enter キー

アイテム間を移動する。

方向キー

操作を元に戻してやり直すには、次のショートカットを使用します。

操作内容

キー操作

直前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

最後の [元に戻す] 操作をやり直します。

Ctrl + Y

テキストを編集する

操作内容

キー操作

テキストをコピーする。

Ctrl + C

テキストを切り取る。

Ctrl + X

テキストを貼り付ける。

Ctrl + V

最新の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

書式設定を解除する。

Ctrl キー + Space キー

太字の書式を適用または削除します。

Ctrl + B

Italics の書式設定を適用または削除します。

Ctrl + I

下線の書式を適用または削除します。

Ctrl + U

段落を左揃えします。

Ctrl + L

段落の中央を中央に表示します。

Ctrl キー + E

段落を右揃えします。

Ctrl キー + R

段落のインデントを削除します (段落を左に移動します)。

Ctrl + Shift + M

段落をインデントします。

Ctrl キー + M

ハイパーリンクを挿入する。

Ctrl + K

選択範囲をクリップボードに追加せずに削除します。

Delete

テキストの挿入と上書きを切り替える。

Insert キー

カーソルの左側にある単語を削除します。

Ctrl キー + BackSpace キー

カーソルの右側にある単語を削除します。

Ctrl + Delete

新しい行を挿入します (HTML 段落要素の内部<P>)。

Shift + Enter

リストとライブラリを操作する

次のキーボード ショートカットは、一覧またはライブラリ SharePoint 使用できます。

操作内容

キー

ドキュメントを作成する。

Alt キー + N

フォルダーを作成する。

Alt + N キーを押し、[新しいフォルダー] ボタンが表示 されるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

アップロードの追加] ダイアログボックスで文書を作成します。

Alt + U

選択した項目のコンテキスト メニューを表示する。

Shift + F10

選択したドキュメントまたはフォルダーを共有します。

Alt + S

ライブラリをコンピューターまたはデバイスと同期します。

Alt + Y

選択した アイテムの [その他] メニューを開きます。

Alt キー + M

[情報/詳細] ウィンドウを開いて閉 じます。

 I

関連項目

スクリーン リーダーを使用してオンラインでSharePoint移動する

SharePoint Online でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×