Skype for Business の最新の更新プログラムをフォローする

Skype for Business の最新の更新プログラムをフォローする

マイクロソフトでは常に Skype for Business の改善に努めています。ここでは現在利用可能な新機能について説明します。 

Windows 版 Skype for Business

Microsoft 365の一部としてのSkype for Business Onlineは、常に改善されています。 Skype For business のヘルプセンターでも、最新の変更内容が継続的に更新されています。 次に、新機能に関するその他のリソースを紹介します。

Microsoft 365 の更新履歴

[エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリの更新履歴] ページには、次の更新プログラムチャネルで Microsoft 365 Apps for enterprise リリースされる各更新プログラムのバージョン番号とビルド番号の一覧が表示されます (月間、半年 (対象指定)、および半期)。 各エントリは、そのリリースのリリースノートにリンクされています。

MSI バージョン更新履歴

Windows Installer (MSI) ページを使用する skype For business の最新の更新プログラムについては、「永続的なバージョンの skype for business 2016、Skype for business 2015、および Lync 2013 クライアントの最新の更新プログラムに関する情報とダウンロード」を参照してください。

Office ブログ

Office のブログには Microsoft 365の更新内容が記載されています。 また、更新によって、他のユーザーの新しいシナリオがどのように実現されるかを確認します。

Skype For business カテゴリは、Office ブログをフィルター処理して Skype for Business についてのみ投稿します。

Microsoft 365 のロードマップ

Microsoft 365 のロードマップは Microsoft 365 の更新と変更を行うための公式サイトです。 現時点で利用可能な更新プログラムの一覧に加えて、ロードマップには近日中に提供される改善に関する情報も含まれています。

Skype For business を検索して、ロードマップをフィルター処理します。

管理者のみ

管理者と IT 担当者は、microsoft 365 管理センターで配信される更新メッセージについて、「 microsoft 365 の変更について」を参照する必要があります。

Mac での Skype for Business

更新プログラムは Microsoft AutoUpdate (MAU) から入手可能です。 MAU を使用するには、Mac での Skype for Business を起動して、[ヘルプ]、[更新プログラムのチェック] の順に選びます。 Mac での Skype for Business をまだインストールしていない場合は、Microsoft ダウンロード センター からダウンロードしてインストールできます。

16.28 リリース

更新日: 2020 年 5 月 28 日

バージョン: ビルド16.28.192

改善点

  • Skype for Business でマイクの権限が要求されていないことを修正します。

  • Outlook で Skype for Business 会議を設定できない問題を解決する

更新日: 2020年2月4日

バージョン: ビルド16.28.142

改善点

  • バグの修正とパフォーマンスの向上。

更新日: 2019 年 11 月 6 日

バージョン: ビルド16.28.130

改善点

  • 画面共有を開始する前に、アプリにデスクトップ共有の権限が与えられていないかどうかをユーザーに通知する。

更新日: 2019年9月25日

バージョン: ビルド16.28.120

改善点

  • Skype for Business でマイクの権限が要求されていないことを修正します。

更新日: 2019 年 9 月 10 日

バージョン: ビルド16.28.116

改善点

  • Mac OSX 10.15 Catalina のサポート。

  • 問題が発生した場合に、ユーザーがサインアウトするとクラッシュが修正されました。

  • 絵文字アニメーションを無効にするように設定します。

  • CPU 使用率の高い問題が修正されました。

16.27 リリース

更新日: 2019 年 6 月 24 日

バージョン: ビルド16.27.37

改善点

  • 会議の開始時に [参加] ボタンを使って、アラームの通知を表示します。

  • 大規模な会議で発表者のビデオを見ることができない問題が修正されました。

  • 空の表示名を持つユーザーが画面を共有できるようにします。

  • バグの修正とパフォーマンスの向上

16.26 リリース

更新日: 2019 年 4 月 29 日

バージョン: ビルド16.26.19

改善点

  • 新しい写真が利用可能になったときにユーザーの写真が更新されない問題が修正されました。

  • HomePhoneおよびその他のメールフィールドのみを含む Exchange 連絡先が検索結果に表示されない問題が修正されました。

  • いくつかのクラッシュバグが修正されました。

  • その他のバグの修正と改善。

16.25 リリース

更新日: 2019 年 4 月 4 日

バージョン: ビルド16.25.73

会議に添付ファイルを追加してダウンロードする

会議では、[その他のオプション (...)]をクリックし、[添付ファイルの追加] をクリックして、ドキュメントを添付ファイルとして共有できます。 他のユーザーが [新しい添付ファイル] ダイアログボックスから共有しているドキュメントをダウンロードします。

[その他のオプション] メニューの [添付ファイル] コマンド

[添付ファイル] ダイアログボックス

会議でチャットする

組織外から会議に参加するとき、またはゲストとして会議に参加するときに、チャットメッセージの送受信ができるようになりました。

改善点

  • アプリのインストーラーのサイズを 47 MB から 35 MB に減らします。

  • 環境設定[全般] ページで、次の2つのオプションの意味を明確にして、語句を変更します。

    • 別々のポップアップウィンドウにチャットを表示する(旧称: 同じユーザーとの会話に単一のウィンドウを表示する)

    • 1 つのポップアップウィンドウで同じユーザーとのチャットを表示します (以前は [同じユーザーとの会話に単一のウィンドウを表示する])

  • アプリを再起動したときに、 1 つのポップアップウィンドウで同じユーザーとのチャットを表示しないようにします。

  • 通話が他のユーザーに転送されたときに、通話の通知で呼び出されているユーザーの名前を表示します。

  • IM メッセージが複数回表示される可能性がある問題が修正されました。

  • 表示されるときに長い IM メッセージが不明瞭になる問題を修正しました。

  • 会議通話中に状態が誤って変更される原因となった問題が修正されました。

  • いくつかのクラッシュの問題が修正されました。

以前のリリース

更新日: 2019 年 1 月 30 日

バージョン: ビルド16.24.191

チームのユーザーとの通話またはチャット中に画面を共有する

Teams を使用している他のユーザーとの会話では、Skype for Business で臨時の会議を開始して、画面を共有することができます。

同じユーザーとの会話に1つのウィンドウを表示する

[別のウィンドウに会話を表示する] が有効になっている場合、[同じユーザーとの会話に1つのウィンドウを表示する]がオンになっていると、ユーザーまたはユーザーグループからのすべてのメッセージが同じトップレベルウィンドウに表示されます。

改善点

  • 多くのメッセージでチャットを開くときのパフォーマンスが向上しました。

  • 多くのメッセージでチャットを開くときに、チャットの途中でスクロールできないようにしています。

  • Skype for Business インストーラーが更新されました。管理者権限は必要ありません。また、Safari を終了する必要がありません。

  • 委任者に通話を発信するときの問題が修正されました。これは、代理人が実際に通話に応答したときに、委任者の名前が表示されていたことです。

  • 会議の参加者がビデオを共有しているときに、再び参加での会議に参加できない問題が修正されました。

  • Skype for Business アプリでメモリ使用量が過剰になる問題が修正されました。

  • 一部の言語の [会議情報] ダイアログボックスの [メールによる招待] リンクの切り捨てを防止します。

  • Polycom CX300 を使用して通話を転送した後にユーザーをミュートするという問題が修正されました。

  • いくつかのクラッシュバグが修正されました。

更新日: 2018 年 11 月 14 日

バージョン: ビルド16.23.64

改善点

  • プレゼンテーションにビデオが埋め込まれている場合、またはユーザーがキーボードを使用してスライドを進めるときの、画面共有の PowerPoint のパフォーマンスが向上しました。

  • チャットの入力ボックスでescキーを押して、未送信のチャットメッセージを削除できないようにします。

  • ゲストとして会議に参加するときに発生するいくつかの問題が修正されました。

  • サインインに影響を与える可能性のあるいくつかの問題が修正されました。

  • いくつかのクラッシュバグが修正されました。

  • Teams にアップグレードしたユーザーに対して、Skype for Business への自動サインインを無効にしました。

  • 不要なリソースを削除して、アプリパッケージのサイズを小さくしました。

更新日: 2018 年 10 月 30 日

バージョン: ビルド16.22.178

改善点

  • Outlook for Mac で会議をスケジュールするときに、ユーザーが[アクセスレベルのカスタマイズ]、[発表者のオプション]、[電話の設定] を選択したときに、Skype 会議が動的に生成された会議リンクと会議 ID を使用できない問題を修正しました。

  • 場所の設定時にアプリがフリーズする可能性がある問題が修正されました。

リリース日: 2018年10月12日

バージョン: ビルド16.22.175

会議に自動的に参加する

ネットワークが切断または変更されたために通話または会議が切断された場合、ネットワークが利用可能になると、Skype for Business が自動的に会議に再接続します。

Exchange の連絡先を検索する

ユーザーが [チャット] または [連絡先] タブで連絡先を検索すると、Skype for business では、組織のアドレス帳の連絡先と共に Exchange の連絡先が返されます。

絵文字の改善

Skype for Business の絵文字が、自分で送信されたときにアニメーションが表示されるようになりました。

Skype for Business チャットでのアニメーション絵文字 (大)

ゲストとして会議に参加する

会議に参加するときに Mac での Skype for Business にサインインしていない場合は、サインインするか、ゲストとして会議に参加するかを選ぶことができます。 ユーザーは、 Skype for Business アカウントを持っていない場合でも、 Mac での Skype for Business を使って会議に参加できるようになりました。

ゲストとして会議に参加する

Microsoft Teams で Skype for Business を使用する

Teams にアップグレードしたユーザーには、 Skype for Business にサインインして Skype for Business 会議に参加したり、過去の会話を表示したりするオプションが表示されるようになりました。 ユーザーは Skype for Business を使って、通話や新しい会話を開始したり、会話に返信したりすることはできません。

Teams で Skype for Business を使用する

改善点

  • MacOS Mojave のサポート (10.14)

  • メッセージで絵文字を解析する方法が改善されました (句読点が誤って絵文字として解釈されないようにします)。

  • その他のバグ修正とパフォーマンスの向上。

  • Exchange の予定表の状態に基づいて、不在時のユーザーの状態を表示する

リリース日: 2018年9月14日

バージョン: ビルド16.21.87

MacOS Mojave のサポート (10.14)

Mac での Skype for Business は、macOS Mojave を完全にサポートするように、いくつかの問題が修正されました。

大規模な会議でスピーカーを回転させる

会議に4人以上の出席者がいる場合は、ギャラリーのユーザーを回転させて、最近話された人が4つのビデオのスポットに表示されるようにします。

新しい会議のみのアプリ

組織が Microsoft Teams にアップグレードされると、チームの Mac での Skype for Business を求めるプロンプトが表示されるようになります。 Skype for Business を使って会議に参加し、以前のチャット履歴を表示することもできます。

改善点

  • ユーザーが以前に緊急通話を発信した場合、電子911の通話が失敗する可能性がある問題が修正されました。

  • ハイパーリンクの中央に絵文字が正しく表示されなくなり、句読点が埋め込まれた長いテキストが表示されなくなりました。

  • これらの機能が利用できない場合は、会議ウィンドウの [保留] と [転送] ボタンを非表示にします。

  • ピアツーピアチャットが通話に入ったときに、チャット入力 textbox を正しく表示します。

  • Polycom CX300 でダイヤルされた数字が2回ダイヤルされる問題を修正しました。

  • まれなシナリオでは、いくつかのクラッシュが修正されました。

  • Microsoft Teams を使用しているユーザーと話している場合に通知します。

  • ファイル共有をサポートしていない会話にいるときは、[ファイルの共有] ボタンを非表示にします。

  • 通話と会議で失敗したメッセージを引き起こす、チャットの問題が修正されました。

  • 保留中の通話のウィンドウを閉じた後に画面共有が終了しない問題を修正しました。

リリース日: 2018年8月13日

バージョン: ビルド16.20.90

チャット用のグループビュー

グループビューまたはリストビューでチャットリストを表示することを選択できるようになりました。 [チャット] タブで、[グループビュー ] を選択して、同じ連絡先または連絡先グループのすべてのチャットを折りたたみ可能な1つの見出しの下に表示します。

Mac 版 Skype for Business のグループビューのスクリーンショット

改善点

  • ネットワークの状態が良好であったとしても、通話が切断される問題が修正されました。

  • 通話ウィンドウに通話を発信した後も "通話中" と表示されるヘッドセットを使って電話番号をリダイヤルすると、問題が修正されました。

  • ユーザーが Outlook の連絡先カードからチャットを開始できなかった問題が修正されました。

  • 通話が終了したときに[通話の評価] ダイアログボックスが表示されない問題が修正されました。 (Skype for Business Online のみ)

  • スケジュールされた会議の時間中に、ユーザーの状態が [会議中] に更新されない問題を修正しました。

  • チャット中の未読メッセージが長い名前のチャット用に表示されない問題が修正されました。

  • Mac での Skype for Business から Microsoft Teams にアップグレードされたユーザーに表示される通知を改善しました。

Skype for Business Server 2015、2018年7月の更新プログラム

Skype for Business Server 2015 をお使いのお客様は、 2018 年7月の累積的な更新プログラムをインストールして、Mac ユーザー向けの機能を有効にすることができます。  更新プログラムがインストールされると、Mac 版 Skype for Business のユーザーには次の機能強化が表示されます。

代理人は最大での代理として会議をスケジュールすることができます。

代理人として構成されている Mac のユーザーは、委任者の予定表で会議を作成または編集して、Skype for Business 会議にすることができます。  オンライン会議では、委任者のポリシーと参加情報が使用されます。 代理人は、Outlook 2016 for Mac バージョン16.16.706 と Skype for Business for Mac バージョン16.18 以降をインストールする必要があります。

エンタープライズ Voip を有効にせずに代理人を追加する

エンタープライズボイスを有効にしていない Skype for Business Online ユーザーは、代理人として連絡先を追加できるようになりました。  委任の設定については、「Skype for Business で代理人として使用する」または「委任者」を参照してください。

ビデオベースの画面共有

ユーザーが Skype for Business For Mac の画面を共有する場合、最高のパフォーマンスを実現するために、アプリではビデオベースの画面共有が使用されます (会議に接続されている他のアプリの機能によって、最適なパフォーマンスが得られます)。

会議の終了コマンド

会議の発表者であるユーザーは、[その他のオプション] ボタンから [会議の終了] コマンドを選択して、Mac の Skype for Business から会議を終了できるようになりました。 会議が終了すると、会議に参加しているすべてのユーザーが切断されます。

改善点

  • 組織外からの会議に参加できない問題が修正されました。

  • E-911 通話を発信するときに、サブネット上で構成された位置情報を取得できない問題が修正されました。

  • 他のユーザーが電子911通話を発信したときに、セキュリティデスクへの通知が配布リストに送信されない問題が修正されました。

  • 代理人に対して表示されている着信通話の通知には、委任者の名前を表示します。

  • チャットを削除するときに、会話履歴内のチェーンされているすべてのアイテムを削除します。

リリース日: 2018年7月13日

バージョン: ビルド16.19.132

E-911 通話用に手動で入力した場所を自動的に選択する

ユーザーが E-911 通話で使用するアドレスを手動で入力すると、 Mac での Skype for Business は macOS 位置情報サービスを使って、住所を入力したときにユーザーの地理的な場所を記憶します。 ユーザーが後で同じ地理的な場所からサインインしている場合は、 Mac での Skype for Business によって、対応するユーザーが入力したアドレスが自動的に設定されます。

E-911 通話用にサーバー指定の場所を表示する

ユーザーの位置情報が Skype for Business サーバーによって自動的に指定されると、その場所が Mac での Skype for Businessに表示されるようになります。

改善点

  • Outlook でオンライン会議をスケジュールするときに、アクセスレベル、発表者、オプション、電話設定をカスタマイズするためのポリシーで指定されていない既定値が設定されない問題が修正されました。

  • Outlook でオンライン会議をスケジュールするときに、エントリの再生と終了のアナウンスのポリシーで指定された既定値が正しく設定されない問題を修正しました。 (この修正プログラムには、Outlook バージョン16.0.180702 以降が必要です。)

  • 会議で PowerPoint ファイルを共有できないときにエラーメッセージが表示されない問題が修正されました。

  • 大規模な会議で PowerPoint ファイルのプレゼンテーションコントロールが表示されない問題が修正されました。

  • IM 免責事項のテキストの色が変更され、会議の IM パネルに表示されるようになりました。

  • Im の会話に追加されたユーザーに IM の免責事項が表示されない問題が修正されました。

  • 一部の状況でチャット入力テキストボックスが表示されない問題が修正されました。

  • ユーザーがチャットを削除したときに、チャット内のすべてのメッセージを削除できない問題が修正されました。 (Skype for Business Online のみ)

リリース日: 2018年6月7日

バージョン: ビルド16.18.51

音声とビデオの問題に関する通知

Mac での Skype for Business は、長いネットワーク遅延、高い CPU 使用率、エコーなどの音声とビデオの品質に影響を与える可能性のある条件を検出したときに、通知を表示します。

改善点

  • オンライン会議をスケジュールするときに、Skype 会議のオプションで、[アクセスレベル]、[発表者]、[オプション]、[電話] の設定をカスタマイズするためのポリシーで指定された既定値を Outlook on Mac が設定できない問題を修正しました。

  • 応答グループへの通話にアクティブな通話コントロールが表示されない問題が修正されました。

  • 通話の終了時に通話の料金ダイアログボックスが複数回表示されていた問題を修正しました。

リリース日:2018年5月8

バージョン: 16.17.65

改善点

  • オフライン中に新しい会話を開くと、CPU 使用率が過度に発生する問題が修正されました。

  • Skype for Business ウィンドウを拡大したときに、新しい電話の通知が表示されない問題が修正されました。

  • IM の免責事項メッセージの表示方法が変更されました。

  • ユーザーがサインアウトしようとしたときに、クラッシュが発生する場合がありました。

  • 連絡先にボイスメールを残しようとしたときに、通話ウィンドウが正しく表示されない問題が修正されました。

リリース日: 2018年4月3日

バージョン: 16.16.102

エンタープライズ Voip を有効にせずに代理人を追加する

エンタープライズボイスを有効にしていないユーザーがSkype for Business Online 、連絡先を代理人として追加できるようになりました。  委任の設定については、「Skype For business で代理人として使用する」または「委任者」を参照してください。 (Skype for Business Online のみ。 これは、今後のサーバー更新で Skype for Business Server 2015 ユーザーに対して有効になります。)

低品質のネットワーク接続の場合のコールバック

通話の音声品質に影響を与える可能性のあるネットワーク接続の問題が検出され Skype for Business た場合、アプリは、ユーザー設定の [通話] ページで電話番号が設定されている場合に、接続を改善するためにユーザーにコールバックすることを提供します。

低品質ネットワーク接続のときにユーザーをコールバックする通知

1対1のチャットで画像とファイルを送信するには、ドラッグアンドドロップまたはコピーと貼り付けを使用します。

1対1のチャットでファイル転送が有効になっているユーザーは、Finder からファイルをドラッグして、チャットウィンドウにドロップすることにより、ファイルを送信できます。  また、画像またはファイルをクリップボードにコピーして、チャットに貼り付けることもできます。 (Skype for Business Server 2015 ユーザーの場合、ファイル送信には、 2017 年12月の累積更新プログラムが必要です)。

ドロップアンドドロップしてチャットでファイルを送信する

E-911 通話の場所を設定する

ユーザーは、 Skype for Business が自動的に場所を特定できない場合、緊急通話の位置情報を指定できます。 場所を設定するには、プロフィール写真またはアバターをクリックして、[場所の設定] を選択します。

E-911 通話の場所を設定する

チャットで絵文字を表示するかどうかを選ぶ

ユーザーは、組織で絵文字が許可されている場合は、[メッセージに絵文字を表示する] チェックボックスをオンにして、[メッセージに絵文字を表示する] チェックボックスをオフにすることができます。

環境設定の [全般] ページで [メッセージに絵文字を表示する] チェックボックス

改善点

  • 会議での画面共有が表示されないように、いくつかの問題が修正されました。

  • サインインに失敗したときにエラーメッセージが表示されない問題が修正されました。

  • ユーザーが通話を切断した後に会議や通話を再び参加ことができない問題を修正しました。

  • 「ネットワークの問題により、プレゼンテーションから切断されました」というメッセージが誤って表示される問題が修正されました。会議に参加するとき。

  • 1対1の通話で、ビデオベースの画面共有 (VbSS) のサポートが追加されました。 (Skype for Business Online のみ)

  • 画面共有の開始と更新のパフォーマンスが向上しました。

リリース日: 2018 年 2 月 28 日

バージョン: 16.15.166

折り返し先の音声会議に参加する

会議ポリシーによって電話会議に電話番号を設定している場合、会議に参加する前に、[音声会議への参加] ダイアログボックスで [折り返し先] を選択できるようになりました。

音声を使わずに会議に参加する

音声を追加せずに会議に参加するように選択すると、会議ウィンドウに黒い背景が表示され、音声なしで会議に参加したことが通知されます。  後で音声を接続する場合は、「通話」ボタンを選択します。

音声なしで会議に参加する方法を示すスクリーンショット

改善点

  • 会議への参加を妨げる可能性があるいくつかの問題が修正されました。

  • 組織外からの会議に参加できない問題が修正されました。

  • ユーザーがデバイスをコンピューターに接続したときに、オーディオデバイスに切り替えるかどうかを確認するメッセージが表示されるように、[このデバイスに今後表示しない] チェックボックスを追加しました。

  • 長い IM の免責事項のテキストが表示される問題が修正されました。

  • ポリシーによって無効になっているときにチャット内の絵文字が表示される問題を修正しました (CsClientPolicy の DisableEmoticons 経由)。

  • エンタープライズ Voip を有効にしていないユーザーが会議に参加する前に表示されない問題を修正しました。 [通話] ページで、[使用するオーディオデバイスを選択してください] オプションを選びます。

リリース日: 2018 年 1 月 31 日

バージョン: 16.14.163

チャット用のタブ付きウィンドウの操作

組織で IM メッセージとサーバー側の会話履歴の自動アーカイブを無効にしている場合でも、すべてのユーザーが、1つのタブ付きウィンドウでチャットを表示するオプションを使用できるようになりました。

サイズを選択して共有コンテンツを表示する

[ウィンドウに合わせてコンテンツを表示する] または [その他のオプション(...)] から [コンテンツの実際のサイズ] を選択して、他のユーザーの共有画面が会議または通話に表示されるサイズを選択します。

[コンテンツをウィンドウに合わせる] オプションを示すスクリーンショット

コンピュータから離れていてもチャットを受け入れる

組織がサーバー側の会話履歴を有効にしている場合、 Mac での Skype for Business は、自分のコンピューターから離れた時間に関係なく IM の会話を自動的に承諾するため、戻ったときにメッセージを表示することができます。

ドックアイコンのオフラインインジケーター

アプリがサインアウトされたとき、または Skype for Business サーバーにアクセスできないときに、ユーザーがオフライン状態であることを簡単に知らせることができるようになったときに、Dock のアプリアイコンに警告インジケーターが表示されます。Mac での Skype for Business

ドック上のオフラインインジケーターを示すスクリーンショット

会議への参加を迅速化し、信頼性を向上させる

[参加] をクリックすると、簡単に会議に接続でき、障害も少なくなります。

改善点

  • Outlook でオンライン会議をスケジュールする場合は、ロビーで待機することなく、または発表者として会議に直接参加するユーザーのために、組織のポリシーで定義されている既定値を使用します。  これには、Outlook バージョン16.9.116 以降が必要です。

  • ネットワークドロップ後に通話を再接続したときに、通話に戻っていないことを示す問題が修正されました。

  • 実際にチャットメッセージが配信されなかったというエラーが表示される問題を修正しました。

  • 会議で画面共有を表示しているときに、黒い画面が表示される問題が修正されました。

  • [チャット] タブから切り替えるときに、新しいメッセージの通知が表示されない問題が修正されました。

  • コンピューターが再起動された後、アプリが自動的にサインインできない問題を修正しました。

Skype for Business Server 2015、2018年1月更新プログラム

Skype for Business Server 2015 をお使いのお客様は、 2018 年1月の累積更新プログラムをインストールして、Mac ユーザー向けの機能を有効にすることができます。  この更新プログラムは、これらの機能が必要な場合にのみインストールすることをお勧めします。また、リリース用の "改善と修正" の一覧で説明されている問題が発生した場合にのみインストールすることをお勧めします。 更新プログラムをインストールすると、 Mac での Skype for Business のユーザーに次のような改善が加えられます。

  • 通話の位置情報に基づくルーティングのサポート    管理者は、組織外のユーザーとの通話の発信方法を制御することができます。

  • Im の免責   事項を表示するMac での Skype for Business 、組織で指定されている場合、すべての im 会話の先頭に免責メッセージが表示されます。

Skype for Business Server 2015、2017年12月更新プログラム

Skype for Business Server 2015 を使用するお客様は、 2017 年12月の累積更新プログラムをインストールすることで、Mac ユーザーの機能を有効にすることができます。  更新プログラムをインストールすると、 Mac での Skype for Business のユーザーに次のような改善が加えられます。

  • E-911 通話のサポート    既知の場合は、911の発信者の場所が緊急サービスプロバイダーに送信されます。  西の安全サービスのお客様には、エマージェンシーゲートウェイバージョン5.4 のインストールが必要になる場合もあります。

  • ピアツーピアチャットでファイルを送信する    チャットメッセージ入力ボックス内のクリップをクリックすると、チャットセッション中にファイルを送受信できます。 ファイルを直接 Finder からチャット メッセージの入力ボックスにドラッグすることもできます。

  • その他の改良点:

    • ポリシーによって禁止されている場合に、ユーザーが組織のネットワークの外部からサインインするのをブロックする問題が修正されました。

    • モビリティポリシーが無効になっていると、ユーザーが会議リストを取得できない問題が修正されました。

リリース日: 2017 年12月7日

バージョン: 16.13.184

Outlook の予定表の状態

Mac での Skype for Business は、Outlook の予定表に基づいて会議または取り込み中であるかどうかを示すために、状態を自動的に更新します。 [ユーザー設定] ダイアログボックスの [全般] ページで [予定表情報に基づいて状態を更新する] をオフにすると、この設定をオフにすることができます。

会議や通話でユーザーを管理する

会議または通話中に、他のユーザーのマイクをミュートにしたり、発表者や出席者にしたり、会議から削除したりすることができます。 [連絡先] リストでユーザーを選択し、[その他のオプション(...)] を選択します。

会議や通話でユーザーを管理する

オフラインであることを確認する

Skype for Business server に接続していない場合は、ウィンドウの上部に通知が表示され、会話を開始して会議に参加するためのボタンは無効になります。

オフラインであることを確認する

不在着信した IM メッセージを表示する

IM 会話を見逃した場合は、組織で IM メッセージの自動アーカイブが無効になっている場合でも、チャットウィンドウにメッセージのテキストを表示できます。

通話を終了するときに自動的にウィンドウを閉じる

Mac での Skype for Business は、参加者が会話に Im を送信していない限り、通話を切断したときに、自動的に通話ウィンドウを閉じます。

音声通話とビデオ通話の品質を監視する

MacOS シエラレオネ以降をご利用の場合、管理者は、お客さまの音声通話とビデオ通話のサービス品質 (QoS) を監視して、サービスをスムーズに実行し続けることができます。

改善点

  • ユーザーが911をダイヤルしたときにセキュリティデスクの通知を表示できない問題が修正されました。

  • チャットの会話を開始するときのパフォーマンスが向上しました。

  • 通話または会議を終了したときにアクションボタンが表示されないように、通知の位置を変更しました。

  • [デバイス] ウィンドウの表示のパフォーマンスが向上しました。

  • 会議で PowerPoint ファイルを共有するときに、次のスライド前のスライドのボタンの表示/非表示を改善しました。

  • 発表者が会議の IM をすべて有効または無効にしたときに im を送信する問題を修正しました。

  • HTTP プロキシパスワードの保存方法に関する問題が修正されました。

  • 代替 ID を持つユーザーが何度もサインインするように求められる問題が修正されました。

リリース日: 2017 年11月8日

バージョン: 16.12.77

改善点

  • クラッシュの問題が修正されました。

リリース日: 2017 年 10 月 31 日

バージョン: 16.12.75

会議または通話中にデバイスを簡単に変更する

ユーザーは、会議または通話中に [デバイス] ボタンを選択して、オーディオデバイスやビデオデバイスを選ぶことができます。

会議または通話のデバイスを変更する

[予定表からの参加] タブをクリックして、会議の音声オプションを選択する

ユーザーが [会議] タブで会議を選択すると、[参加] ボタンを押すと、[音声会議への参加方法] ダイアログボックスが表示され、オーディオの参加方法を選ぶことができます。 電話番号への会議通話を行うオプションは、[音声会議への参加] ダイアログボックスでのみ使用できるようになりました。

最大化された画面共有

ユーザーは、共有されている内容を見やすくするために、[画面共有] を表示できるようになりました。

切断するときに画面の共有を停止する

アプリは、ユーザーが応答を停止したときに画面共有を自動的に停止し、他のユーザーが会議または通話を終了した後でユーザーの画面を表示できないようにします。

メールで会議にユーザーを招待する

ユーザーは、[会議情報] ダイアログボックスの [電子メールで招待] をクリックして、会議に参加する方法についての情報を含むユーザーに電子メールを簡単に送信できます。

メールで会議にユーザーを招待する

改善点

  • コンピューターの音声を電話に切り替えると、"この通話は保留中です" というメッセージが表示される問題を修正しました。

  • サインインしていないユーザーが Im を送信しないようにするためのチェックが追加されました。

  • Outlook の予定表アイテムに表示されるときに、電話番号の形式が間違っている問題が修正されました。

  • ネットワーク接続が復元された後もネットワーク接続エラーが表示される問題を修正しました。

  • [通話] タブからのリダイヤル通話を禁止した問題が修正されました。

  • 他のユーザーが会議で画面を共有しているときに、現在のスピーカーのビデオが表示されない問題が修正されました。

  • [音声会議への参加] ダイアログボックスを表示するために、エンタープライズ voip に対してユーザーが有効にする必要があるという要件を削除しました。

  • [サインイン] ダイアログボックスの [ユーザー名] フィールドと[詳細オプション] を表示するために、管理者がサインインの UI をカスタマイズする機能を追加します。 カスタマイズに関するヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

リリース日:2017年10月5日

バージョン: 16.11.149

音声なしで会議に参加する

ユーザーは、オーディオに参加しなくても会議に参加することを選ぶことができます。 ユーザーは、[音声会議に参加する] ダイアログボックスで [音声を使用しない] を選択するか、[通話] ページの [すべての会議] に既定値を設定することで、1つの会議のオプションを選ぶことができます。 予定表から会議に参加するとき、または [会議] タブでアイテムをダブルクリックしたときに、[音声会議への参加] ダイアログボックスが表示されます。

[音声会議への参加方法] ダイアログボックスの例

簡単なサインイン

Mac での Skype for Business へのサインインが簡単になり、必要な情報のみを求められるようになりました。 ユーザーは自分のメールアドレスを入力して開始し、組織に必要な追加情報は、 Skype for Business によって決定されます。 [ユーザー名] フィールドが[詳細オプション] ダイアログボックスに移動されました。 ユーザー名の入力は、ほとんどのユーザーには必要ありませんが、組織によっては必要になる場合があります。

簡単なサインイン画面の例

クライアント証明書ベースの認証を使用してサインインする

組織で要求された場合、ユーザーはクライアント証明書ベースの認証を使用して Mac での Skype for Business にサインインできるようになりました。

会議コンテンツの表示と非表示を切り替える

ユーザーは、会議で他のユーザーが共有しているコンテンツを非表示にするか、表示するかを選ぶことができます。 他のユーザーが画面を共有している場合は、[その他のオプション(...)] メニューから [会議の内容を非表示にする] を選択します。 コンテンツがあり、表示されない (非表示になっているか、エラーが発生したため) 場合は、[その他のオプション(...)] メニューから [会議の内容を表示] を選びます。

会議コンテンツを有効または無効にする方法の例

組織とフェデレーションされていない組織から会議に参加する

これで、2つの組織間で外部接続 (フェデレーション) が確立されていない場合でも、ユーザーが別の組織によってホストされている会議に参加できるようになりました。 これらの会議に参加するには、[会議] タブの [会議] リストから開始します。 Outlook からこれらの会議に参加することは、まだサポートされていません。

MacOS High シエラレオネのサポート

高シエラレオネを完全にサポート Mac での Skype for Business については、お客さまの信頼性を確実にアップグレードしてください。 

改善点

  • ユーザーが組織内のネットワークに接続しているときに、E-911 通話に使用されているユーザーの場所が正しく識別されない問題が修正されました。

  • アプリを終了した後も、ユーザーの状態が [利用可能] と表示されるという問題が修正されました。

  • ユーザーが代替 ID でサインインできない問題が修正されました。

  • 会議での画面共有の信頼性を向上させるために、いくつかの問題が修正されました。

リリース日:2017 年 8 月 30 日

バージョン: 16.10.097

会議の終了コマンド

会議の発表者であるユーザーは、[その他のオプション (...)]を選び、[会議の終了] を選んで、 Mac での Skype for Business から会議を終了できるようになりました。 会議が終了すると、会議に参加しているすべてのユーザーが切断されます。

[その他のオプション (...)] メニューの [会議の終了] コマンド

注: Skype for Business Online のユーザーのみ。

すべての会議に対して [音声会議への参加] ダイアログボックスを表示する

[会議] タブから会議に参加するときに、[会議に参加する] ダイアログボックスが表示されるようになりました。また、 Mac での Skype for Businessの外部から会議に参加している場合もあります。

代理人を追加するためのヘルプ

[ユーザー設定] ダイアログボックスの [通話] ページにある新しい [ヘルプ] リンクを使用すると、ユーザーは Skype for Businessで代理人を追加する方法を説明したドキュメントに簡単にアクセスできるようになります。

[設定] ダイアログボックスの [通話] ページに「代理人を追加する方法」を参照してください。

改善点

  • 通話を発信するとき、または会議に参加するときに、接続されているオーディオヘッドセットがアプリによって自動的に選択されない問題が修正されました。

  • Outlook でオンライン会議に一部の地域のダイヤルイン電話番号が正しく表示されない問題が修正されました。  これには、Outlook for Mac 15.37.170815 以降が必要です。

  • ユーザーが会議中に発表者から出席者に降格された場合、[発表者になる] ボタンが無効にならない問題を修正しました。

  • 発表者が会議を終了するときに、ユーザーに正しくないエラーメッセージが表示される問題が修正されました。

  • ユーザーが会議中に画面を共有しているときに、画面が黒く、または灰色で表示される問題が修正されました。

リリース日: 2017年8月2日

バージョン: 16.9.0.37

複数の緊急電話番号のサポート

これで、管理者によって構成された場合に複数の緊急電話番号をサポートできるようになりましたMac での Skype for Business

代理人は最大での代理として会議をスケジュールすることができます。

Outlook for Mac で、代理人が委任者の代理でオンライン会議をスケジュールできるようになりました。 この新機能には、委任者ではなく、代理人の会議 ID とポリシーを使用してオンライン会議が作成されるという制限があります。 この制限は、今後のバージョンの Mac での Skype for Business と Outlook for Macでは削除されます。

注: この機能を有効にするには、Outlook update バージョンなくなる以降をインストールする必要があります。

Lync Server 2013 の委任者機能と代理機能

委任者と delegate 機能は Lync Server 2013 累積更新プログラム 9: 2017 年7月に有効になっています。

  • ユーザーは連絡先グループの「代理人」グループに代理人を追加して、通話ルーティングの環境設定を代理人に設定することができるようになりました。

  • 代理人は誰によって代理人として指名されたかを確認できます。

  • 代理人は委任者の代理として通話を行えます。

Lync Server 2013 の連絡先管理

連絡先の追加と削除、および連絡先グループの作成と削除は Lync Server 2013 累積更新プログラム 9: 2017 年7月に有効になります。

Lync Server 2013 の Skype for Business 2016 ユーザーとのピアツーピアデスクトップ共有

Windows で Mac での Skype for Business と Skype for Business 2016 の間でピアツーピアのデスクトップ共有が Lync Server 2013 累積更新プログラム 9: 2017 年7月に有効になります。

改善点

  • 会議中のタッチバーボタンのサイズと間隔を増やしました。

  • Outlook でオンライン会議をスケジュールするときに、すべてのダイヤルイン番号が表示されない問題が修正されました。

  • PowerPoint プレゼンテーションを共有しているときに会議から切断すると、会議の参加者全員のプレゼンテーションが終了する問題が修正されました。

  • [サインインしたまま] をオフにした場合でも、ユーザーが自動的にサインインする可能性がある問題が修正されました。

  • [通話] タブと [会議] タブでのキーボードナビゲーションでのアクセシビリティの問題が修正されました。

  • 2人のユーザーが同時に共有を開始した場合に、ユーザーが画面共有を表示できない問題が修正されました。

  • 右から左に記述する言語で、一部のチェックボックスが正しく表示されない問題が修正されました。

  • Exchange のパスワードが必要なときにエラーメッセージが表示されない問題を修正しました。

  • ユーザーが最大化し、最大化を解除した後、会議での画面共有を表示しながらウィンドウを移動したときに、クラッシュの問題が修正されました。

リリース日: 2017年6月20日

追加された機能

  • これで、ユーザーは [チャット] タブから直接話していない連絡先を検索できるようになりました。

    [チャット] タブから連絡先を検索する
  • [連絡先] タブの [新しい連絡先] リストから Skype for Business の連絡先リストに追加したユーザーを確認できます。

    [連絡先] タブの新しい連絡先リスト
  • エンタープライズボイスユーザーは、[会議] タブの [電話で参加する] を選択して、音声を電話に接続することを選ぶことができます。

    [会議] タブの [電話で参加] オプション
  • 会議に [その他のオプション(...)] ボタンが追加されました。

    [その他のオプション] ボタンを示すスクリーンショット

    [その他のオプション] ボタンを選択すると、次のようなさまざまなコマンドを含むメニューが表示されます。

    • エンタープライズボイスユーザーは、[電話で参加] を選択して、音声を電話に切り替えることができます。

    • ユーザーは、[ Powerpoint ファイルの共有] を選択して、会議中に powerpoint プレゼンテーションを共有できます。

    • ユーザーには、[会議情報の表示]を選択することによって、会議に関する情報 (開催者の名前、会議リンク、会議 ID、コールイン電話番号など) を表示できます。

    • ユーザーは [再開通話] を選択して、保留中の通話を再開できます。

  • ユーザーは、ブラウザーに参加することなく、組織と Mac での Skype for Business直接フェデレーションされていない別の組織から会議に参加できるようになりました。 オンライン会議の場合と同様に、[会議] タブで [参加] を選択するだけです。

  • ユーザーは、 Skype for Business の [会議] タブから、会議を選び、[参加] を押して、Microsoft Teams 会議に直接参加できるようになりました。

    [会議上のチーム会議] タブ
  • 会議中に画面を共有している場合、 Skype for Business オンラインユーザーは、高いフレームレートと高品質のビデオベースの画面共有を使用します。

    注: Skype for Business オンラインユーザのみ。

  • オンプレミスのユーザーは、専用の会議スペース (各会議に同じ会議 ID を使用する) で、Outlook での会議の Skype for Business をスケジュールできるようになりました。

  • Outlook で会議のスケジュールを設定すると、オンプレミスのユーザーに割り当てられている事前の会議が使用できるようになります。

    注: Skype for Business Server 2015 でサポートされていますが、 Skype for Business 2013 のみです。

  • 連絡先カードのさまざまな機能 (IM、電話、ビデオ、メール、会議のスケジュールなど) と、会議 (ビデオ、マイク、共有などの会議コントロール) について、タッチバーのサポートが追加されました。

  • クラウド PBX自動応答とクラウド pbx通話キューのサポートが追加されました。 Skype for Business オンラインユーザーの場合。

改善点

  • 代理管理のサポートが改善されました。

    注: オンプレミスの Skype for Business Server 6.0.9319.281 でサポートされています。

  • 会議中に切断された接続は、ネットワークの問題が原因で、十分なネットワーク品質が再確立された後に、自動的に再接続されるようになりました。

  • Skype for Business Online ユーザーの双方向ファイル転送に関する既知の問題が修正されました。

    注: Skype for Business Server 2015 更新プログラムバージョン1617.5 でのオンラインユーザー Skype for Business サポートされています。

  • ビデオ通話またはビデオベースの画面共有の後に、アプリが過剰なメモリをリークするという第4世代の MacBook Pro でメモリの問題が修正されました。

  • ネットワークの問題に関するアラートが通知センターに入力される問題が修正されました。

  • ユーザーの地域に関係なく、00が常に+に正規化されている問題を修正しました。

  • バニティの電話番号の文字が数字に正しく変換されず、通話が失敗する問題が修正されました。

  • PSTN 番号をダイヤルしているときに、二重ダイヤルトーン音が発生する問題を修正しました。

  • 公開会議のスケジュール時にポリシーが変更されたためにユーザーが会議を更新するように求める問題が修正されました。

  • 会議中に複数の参加者がデスクトップまたはプログラムを共有すると、黒い画面が表示される問題が修正されました。

  • ピアツーピア通話でのミュートとミュート解除の問題を修正しました。

  • サインイン、画面共有の問題、クラッシュのさまざまな問題が修正されました。

既知の問題

新しい問題

問題

コメント

統合連絡先ストアが有効になっている場合、代理管理などの連絡先管理はサポートされません。

Exchange 用のユニファイド連絡先ストアの Skype for Business 管理者によってユーザーアカウントが有効になっている場合、ユーザーは Skype for Business の連絡先リストを変更できません。 ユーザーは Outlook で連絡先リストを変更することができます。

その他の既知の問題

既知の問題の完全な一覧については、「既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

リリース日: 2017 年 4 月 18 日

追加された機能

  • ピアツーピアでのファイル転送が Skype for Business Online で有効です。 ユーザーはチャット セッション中にチャット メッセージの入力ボックスのクリップ アイコンをクリックすることによってファイルを送受信できるようになりました。 ファイルを直接 Finder からチャット メッセージの入力ボックスにドラッグすることもできます。

    ファイルが添付されたチャット ウィンドウ

改善点

  • ユーザーが着信を受信すると、通話に応答するためのビデオ プレビューおよびビデオ ボタンが着信呼び出しパネルに表示されます。

  • 委任者の代わりに代理人から通話を受信する Skype for Business ユーザーは、その通話が委任者の代わりに発信されたことを確認できるようになりました。

  • ユーザーが呼び出しデバイス設定を保存すると、アプリケーションの再起動後に選択した内容が保存されます。

  • 連絡先リストの名前はアルファベット順に並べ替えられます。

    連絡先リスト
  • 複数回にわたり参加しようとすると、会議への参加が拒否されたことが通知されます。

  • すでに存在する連絡先グループを作成しようとすると表示されるエラー メッセージを修正しました。

  • Exchange の接続の問題を修正しました。

  • マルチドメインのサインインの問題を修正しました。

  • 細かいバグ修正を実装しました。

  • クラッシュする問題を修正しました。

リリース日: 2017年3月28日

追加された機能

  • ユーザーは連絡先グループの「代理人」グループに代理人を追加して、通話ルーティングの環境設定を代理人に設定することができるようになりました。

  • 代理人は誰によって代理人として指名されたかを確認できます。

  • 代理人は委任者の代理として通話を行えます。

    注: 代理人/委任者の機能は現在 Skype for Business Online ユーザーのみが利用できます。 今後さらに機能が実装されます。

  • ユーザーは「音が鳴る」デバイス用の別個のオーディオ設定を追加できます。

  • ユーザーが USB デバイスを接続すると、デバイスへの切り替えを求められます。

  • 連絡先カードと連絡先の詳細ビューに [グループ] ボタンが追加されました。これにより、ユーザーは連絡先リストに他のユーザーをすばやく追加できるようになりました。

  • ユーザーはグループの連絡先カードから、配布リストとグループに対して通話を発信したり IM を送信できるようになりました。

  • メッセージが日付で区切られるようになりました。

  • チャット ウィンドウでオプション SIP の URI のサポートが追加されました。

  • 管理者は、ユーザー プロファイルにより電子メールおよびユーザー名を設定できるようになりました。

  • ユーザーに対して、通話体験を評価するよう求めるメッセージが時々表示されるようになりました。

改善点

  • コンピューターの再開時の会話履歴の利用可能性についての間違った警告を修正しました。

  • HTTP プロキシ設定を構成せずにネットワーク プロキシ サーバーを使用するネットワーク上の Mac での Skype for Business へのサイン インの試行時に、エラー メッセージを受信しない問題を修正しました。

  • ヘッドセットのミュート/ミュート解除に関する複数の問題を修正しました。

  • ミュートと接続に関する問題を修正しました。

  • Outlook で作成された会議に関する問題と、Polycom および Skype Room Systems からの参加に関する問題を修正しました。

    注: 修正を適用するには、Skype Room Systems で Mac クライアントにより予約された既存の会議を予約し直す必要があります。

  • 会議およびカレンダーの更新では、Exchange にサインイン済みでないユーザーは、Exchange へのサインインを求められます。

  • 1 対 1 の会話での画面共有を改善しました。

  • 通話の終了を改善しました。ロビー内で一部のユーザーが通話を終了できなかった問題を修正しました。

  • ナレーションによるお知らせの機能を向上し、その他のアクセシビリティ機能も改善しました。

  • メッセージ「マイクはミュートになっています。」の位置を変更しました。

  • その他の UI の改善とバグ修正を実装しました。

  • クラッシュする問題を修正しました。

既知の問題

既知の問題の完全な一覧については、「既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

リリース日: 2017年2月7日

追加された機能

  • ピア ツー ピアの IM 会話中にユーザーがデスクトップを共有できるようになりました。

    注:   オンプレミスの Skype for Business Server 2015 ユーザーに対する Windows クライアントでの Skype for Business 2016 からのピア ツー ピアのデスクトップ共有には、Skype for Business Server 2015 の 2 月の更新プログラムが必要です。 オンプレミスのLync Server 2013  ユーザーに対する Windows クライアントでの Skype for Business 2016 からのピア ツー ピアのデスクトップ共有はサポート対象外です。

  • 次の USB デバイスについて認定済みサポートが適用されるようになりました。

    • Polycom CX300

    • Jabra Speak 510

    • Jabra Evolve 65

    • Plantronics Blackwire C520-M

    • Logitech Webcam C930e

改善点

  • ユーザーが連絡先を検索したときに、重複した連絡先および連絡先の電子メールが同時に表示されます。 サインイン情報を削除する対処により、ユーザーに表示される連絡先は 1 つだけになりました。

    1. Mac での Skype for Business からログ アウトします。

    2. サインイン情報を削除します。

  • デスクトップ共有と会議の通話に関するバグを修正しました。

  • リモート デスクトップ プロトコル (RDP) を介した共有スクリーンの表示時の CPU パフォーマンスの改善を実装しました。 

  • クライアントの UI と通知を改善しました。

  • クライアントによって上書きされていた Microsoft AutoUpdate チャネルの問題を修正しました。 

  • ユーザーが通話を転送できない問題を修正しました。 

  • アクセシビリティに関連した問題を改善しました。

  • クラッシュする問題を修正しました。

  • その他のバグ修正を実装しました。

既知の問題

新しい問題

問題

コメント

Outlook の予定表に基づいてプレゼンスが自動的に「会議中」に更新されない

Outlook の予定表に基づいてプレゼンスを自動的に更新する機能は現時点ではサポートされていません。 この機能は Mac での Skype for Business の今後の更新で対応する予定です。

IM 会話でのデスクトップ共有を表示できない

Windows 版 Skype for Business ユーザーが IM 会話 (ピアツーピアまたはグループ IM) でデスクトップを共有するときに、Mac での Skype for Business ユーザーに対して空白の画面が表示される場合があります。

回避策: Windows ユーザーの Skype for Business では、プログラムまたはウィンドウを共有します。または Mac での Skype for Business ユーザーが Mac での Skype for Business アプリを再起動します。

Skype Room Systems 会議に参加できない

Skype Room Systems では、Mac での Skype for Business によってスケジュールされた会議に参加できません。

回避策: 会議にダイヤルインするか、Windows クライアントの Skype for Business を使用して会議をスケジュールします。

既知の問題の完全なリスト

既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

リリース日: 2016年12月20日

改善点

  • Microsoft AutoUpdate の ChannelName プリファレンスにカスタム チャネルを使用する組織の問題を修正しました。

リリース日: 2016年12月12日

追加された機能

  • Microsoft 365 では、ビデオベースの画面共有 (VBSS) の表示を使用できます。 VBSS は、RDP よりも効率的にネットワーク上でコンテンツを共有する方法を提供するテクノロジです。 詳細情報。

  • Lync Server 2013 ユーザー向けの単一ウィンドウ モード。 Mac での Skype for Business では複数の会話を単一ウィンドウで管理するための優れたエクスペリエンスを既に実現しています。 このエクスペリエンスは、16.2 以前ではサポート対象外であった Lync Server 2013 に接続する Mac クライアントにも適用範囲を広げています。 また、以前にサーバー側の会話履歴が無効化されていた場合に、単一ウィンドウを利用することができませんでした。 この症状は、所属する組織が明確に EnableAutoIMArchive を無効化しない限り、発生しないようになりました。 さらに、Mac クライアントがアクティブな場合はメッセージを自動的に受け取るようになり、IM は不在着信メッセージとしても表示されます。

    単一ウィンドウ:

    • SSCH に依存しません。 EnableIMAutoArchiving のみに依存します。

    • EnableIMAutoArchiving が有効または設定されていない場合はオンになります。

    • EnableIMAutoArchiving が無効になっている場合はオフになります。

    自動受け取り:

    • Mac での Skype for Business は、最もアクティブなエンドポイントの場合、常に IM を自動的に受け取ります。

    • SSCH が有効な場合は、サーバーによって受け入れられます。 会話は Exchange で永続的になり、会話リストに表示されます。

    • SSCH が無効または設定されていない場合 (Lync Server 2013 など) は、クライアントは IM を受け取り会話ウィンドウに表示しますが、Exchange の「会話の履歴」フォルダーには保存しません。

      • EnableIMAutoArchiving が有効または設定されていない場合:

        • Mac での Skype for Business は会話をローカルに表示し、ローミングしません。

        • ユーザーが会話ウィンドウを閉じるか、クライアントを再起動すると、会話は会話リストに再表示されます。

        • ユーザーが Mac での Skype for Business のクリーン インストールを行うか、別のコンピューターからログ オンすると、過去の会話の履歴は表示されません。

      • EnableIMAutoArchiving が無効の場合:

        • ユーザーが会話ウィンドウを閉じるか、クライアントを再起動すると、会話は永続的ではなくなり、会話リストに表示されません。

  • 音声通話では、デスクトップ共有を追加できるようになります。

注: 1つのウィンドウモードは、Microsoft 365 および Skype for Business Server 2015 2015 ユーザーで既に使用できます。 ただし、EnableIMAutoArchiving ポリシーが管理者によって無効化されている場合は、単一ウィンドウ モードは利用できません。

改善点

  • 既定の通知タイプをバナーに変更しました。 ユーザーが通知センター上の設定を変更できます ([Skype for Business] > [基本設定] > [通知])。

  • 会議中や通話中のユーザー エクスペリエンス。

  • グループ管理

  • クライアントの安定性およびその他のバグの修正

既知の問題

新しい問題

問題

コメント

連絡先の検索の制限

Mac の検索では、フェデレーションされた連絡先および Skype コンシューマーの連絡先を表示しないという既知の制限があります。表示できるのは ローカルの Active Directory の連絡先のみです。

Windows 版 Skype for Business クライアントでのデスクトップ表示

通話中の、Windows 版 Skype for Business 2016 のオンプレミス ユーザーからのデスクトップ表示は現在サポート対象外です。

対応策: ユーザーは電話会議に参加するか「今すぐミーティング」を使うことができます。

注: Mac での Skype for Business クライアントは、Microsoft 365、Skype for Business Server 2015、および Lync Server 2013と互換性があります。 Lync Server 2010 を使用しているユーザーは引き続き Lync for Mac 2011 を Mac クライアントとして使用する必要があります。

既知の問題の完全なリスト

既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

リリース日: 2016年11月22日

追加された機能

連絡先グループの管理

  • Skype for Business Online および Skype for Business Server 2015 のユーザーは、連絡先リストで連絡先グループおよびエンタープライズ配布グループを追加、削除できるようになりました。

連絡先を状態変更通知の対象としてマークする

  • Skype for Business Online、Skype for Business Server 2015、Lync Server 2013 のユーザーは、連絡先の状態がオンラインに変わったときに通知されるように連絡先をマークすることができます。

改善点

メッセージング

  • 受信者が着信メッセージに応答できない場合の送信者のエクスペリエンスが改善されました。

  • チャット通知に関する問題が修正されました。特定の状況において、新しいチャットをクライアントが既読であると判断するためにマーク付けされなかった問題を解決しました。

会議

  • 数多くの修正と信頼性の向上により、より安定した会議のエクスペリエンスを得られるようになりました。

全般

  • 予定表の同期に関する問題が修正され、起動時に会議が正しく取得されるようになりました。

  • サインインのバグの修正。特定のアカウントの種類でサインインができない問題を解決しました。

既知の問題

新しい問題

問題

コメント

単一またはタブ形式のウィンドウ エクスペリエンスが利用できない

既定では、トポロジが次の要件を満たす場合、すべての会話が単一またはタブ形式のウィンドウに表示されます。 ただし、サーバー側会話履歴が有効になっているかどうかをクライアントが検出できず、デフォルトの単一ウィンドウ ビューに戻らない場合があります。 この問題は、[環境設定] の設定を更新することで解決できます。

単一/タブ形式のウィンドウのエクスペリエンスに関する要件:

  • Skype for Business Online または Skype for Business Server 2015

  • サーバー側会話履歴の有効化

単一ウィンドウ モードが利用できない場合のトラブルシューティングとして、次のことを確認してください。

  • [環境設定]、[一般] の順に選択した場合に表示される [会話を個別のウィンドウに表示する] チェック ボックスがオフになっている。

E-911 と ADFS の組み合わせがサポートされていない

これは既知の問題で、Skype for Business Server 2015 の今後の更新で解決される予定です。

連絡先グループの追加、名前変更、削除メニューが、グループを新規追加した直後に無効になる

対応策: 任意の連絡先またはグループを選択すると、メニューが再び有効化されます。

[グループの展開] / [グループの折りたたみ] シェブロン アイコンが、最小化または最大化した後に連絡先のリストと同期しなくなる Skype for Business

対応策: シェブロンをクリックしてアイコンを修正します。

100 件を超える連絡先を持つ配布グループを追加すると、100 件の連絡先のみが表示される

対応策: 配布グループの全メンバーの一覧を表示するには、Outlook でグループを展開します。

既知の問題の完全なリスト

既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

IOS および Android の Skype for Business

iOS の更新履歴

[ App Store ] ページの iOS アプリの [新着情報] セクションで、[バージョン履歴] を選択して、各リリースの更新プログラムの一覧を表示します。

Android 更新履歴

[Play ストア] ページのAndroid アプリで、[新機能] セクションに最新の更新プログラムの説明を参照してください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×