Split 関数

サブ文字列の指定した数字を含む、0 を基準とする 1 次元の配列が返されます。

構文

Split( expression [, delimiter ] [, limit ] [, compare ] )

Split 関数構文の引数は次のとおりです。

引数

説明

expression

必須。 サブ文字列と区切り記号を含む文字列式。 式 長さ 0 の文字列("") の場合 、Split は空の配列、つまり要素とデータがない配列を返します。

delimiter

省略可能。 文字列の文字を使用して、サブ文字列の制限を特定します。 省略すると、区切り記号は空白文字 (" ") になります。 delimiter が長さ 0 の文字列の場合、expression 文字列全体を含む 1 つの要素の配列が返されます。

limit

省略可能です。 返されるサブ文字列の数。–1 は、すべてのサブ文字列が返されるかどうかを示します。

compare

省略可能。 サブ文字列を評価するときに使う比較の種類を示す数値です。 値については、「設定」セクションをご覧ください。


設定

compare 引数には、次の値を指定できます。

定数

説明

vbUseCompareOption

–1

Option Compare ステートメントの設定を使用して、比較を実行します。

vbBinaryCompare

0

バイナリの比較を実行します。

vbTextCompare

1

テキストの比較を実行します。

vbDatabaseCompare

2

Microsoft Office Access 2007 のみ。 データベース内の情報に基づいて比較を実行します。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×