SUM 関数を使って範囲内の数値を合計する

単純な数式を 使用して範囲 (セルのグループ) の数値を合計できますが、SUM 関数は、数を超える数値を操作する場合に使いやすいです。 たとえば、=SUM(A2:A6) は、=A2 +A3 +A4+A5+A6 よりも入力エラーが発生する可能性が低い。

2 つの範囲の数値に SUM 関数を使う

=SUM(A2:A4,C2:C3) の範囲 A2:A4 と C2:C3の 2 つのセル範囲を使用する数式を次に示します。 Enter キーを押して合計 39787 を取得します。

数式を作成するには:

  1. セル に「=SUM」 と入力し、その後にかっこ () を開 きます

  2. 引数 (数式を実行する必要があるデータの一部) と呼ばれる最初の数式範囲を入力するには、A2:A4と入力します(またはセル A2 を選択し、セル A6 をドラッグします)。

  3. 最初の引数を次の引数から区切る場合は、コンマ (,) を入力します。

  4. 2 番目の引数 C2:C3 を入力します (またはドラッグしてセルを選択します)。

  5. )を入力し、Enterキーを押します。

各引数には、範囲、数値、または単一のセル参照を指定できます。すべてコンマで区切ります。

  • =SUM(A2:A4,2429,10482)

  • =SUM(4823,A3:A4,C2:C3)

  • =SUM(4823,12335,9718,C2:C3)

  • =SUM(A2,A3,A4,2429,10482)

ヒント:  隣り合う数値の列または行を合計する必要がある場合は 、AutoSumを使用して数値を合計します。

試してみましょう

サンプル データを使用する場合は、使用するデータを次に示します。

SUM 関数の動作を確認するには、次の表をワークシートにコピーし、セル A1 に貼り付けします。

データ

-5

15

30

'5

TRUE

数式

説明

結果

=SUM(3, 2)

3 と 2 を追加します。

5

=SUM("5", 15, TRUE)

5、15、1 を追加します。 テキスト値 "5" は最初に数値に変換され、論理値 TRUE は最初に数値 1 に変換されます。

21

=SUM(A2:A4)

セル A2 ~ A4 の値を追加します。

40

=SUM(A2:A4, 15)

セル A2 ~ A4 の値を追加し、その結果に 15 を追加します。

55

=SUM(A5,A6, 2)

セル A5 と A6 の値を追加し、その結果に 2 を追加します。 参照内の数値以外の値は変換されないので、セル A5 ('5) の値とセル A6 (TRUE) の値はどちらもテキストとして扱われるため、これらのセルの値は無視されます。

2

補足説明

xcel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×