SUMIFS 関数

SUMIFS 関数 (数学/三角関数の 1 つ) は、複数の検索条件に一致するすべての引数を合計します。 たとえば、(1) ある 1 つの郵便番号区域に所在しており、(2) 利益が特定の金額を超える、国内の販売店の数を合計するときなどに、SUMIFS 関数を使います。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

これは、「高度な IF 関数」というトレーニング コースに含まれているビデオです。

書式

SUMIFS(合計対象範囲, 条件範囲 1, 条件 1, [条件範囲 2, 条件 2], ...)

  • =SUMIFS(A2:A9,B2:B9,"=ア*",C2:C9,"トム")

  • =SUMIFS(A2:A9,B2:B9,"<>バナナ",C2:C9,"トム")

引数名

説明

合計対象範囲    (必ず指定します)

合計するセルの範囲を指定します。

条件範囲 1    (必ず指定します)

条件 1 に基づいて検証する範囲を指定します

条件範囲 1 条件 1 が検索時にペアとなり、特定の条件に基づいて条件範囲が検索されます。 条件範囲で項目が見つかったら、合計対象範囲内のその項目に対応する値が合計されます。

条件 1    (必ず指定します)

条件範囲 1 内のどのセルを合計するかを定義する条件を指定します。 たとえば条件は、32">32"B4"リンゴ"、または "32" のように入力できます。

条件範囲 2, 条件 2, ...    (省略できます)

追加の範囲と対応する条件です。 最大 127 の範囲/条件のペアを入力できます。

これらの例を Excel で使うには、テーブル内のデータをドラッグして選び、選択内容を右クリックして [コピー] をクリックします。 新しいワークシートで、セル A1 を右クリックし、[貼り付けオプション] の [貼り付け先の書式に合わせる] を選びます。

販売数

製品

販売員

5

リンゴ

トム

4

リンゴ

サラ

15

アーティチョーク

トム

3

アーティチョーク

サラ

22

バナナ

トム

12

バナナ

サラ

10

ニンジン

トム

33

ニンジン

サラ

数式

説明

=SUMIFS(A2:A9, B2:B9, "=ア*", C2:C9, "トム")

A で始まり、Tom によって 販売された製品の数 を追加しますCriteria1、"=A*"のワイルドカード文字 * を使用して、Criteria_range1 B2:B9 で一致する製品名を検索し、Criteria_range2 C2:C9 で"Tom"という名前を検索します。 次に、両方の条件を満 Sum_range A2:A9 の数値を加算します。 結果は 20 になります。

=SUMIFS(A2:A9, B2:B9, "<>バナナ", C2:C9, "トム")

Tom によって販売される、バナナではない製品の数を追加します。 Criteria1、"<>Bananas"の<>を使用してバナナを除外し、C2:C9 で"Tom"という名前Criteria_range2します。 次に、両方の条件を満 Sum_range A2:A9 の数値を加算します。 結果は 30 です。

よくある問題

問題

説明

予想される結果の代わりに 0 (ゼロ) が表示されます。

人の名前など、テキストの値を検証する場合は、条件 1、2 が二重引用符で囲まれていることを確認します。

合計対象範囲 に TRUE または FALSE の値がある場合は、結果が正しく表示されない。

合計対象範囲 の TRUE と FALSE の各値は、異なる方法で評価されるため、それらの値が合計されると、想定されない結果が出る場合があります。

TRUE を含 Sum_range セルは 1 に評価されます。 FALSE を含む値は 0 (ゼロ) と評価されます。

ベスト プラクティス

操作

説明

ワイルドカード文字を使う。

条件 1、2 で、疑問符 (?) やアスタリスク (*) などのワイルドカード文字を使うと、類似しているが厳密には一致しない項目を見つけることができます。

疑問符は任意の 1 文字に相当します。 アスタリスクは任意の一連の文字列に相当します。 ワイルドカード文字ではなく、通常の文字として疑問符やアスタリスクを検索する場合は、その文字の前にチルダ (~) を付けます。

たとえば、=SUMIFS(A2:A9, B2:B9, "=A*", C2:C9, "To?") は、"To" で始まり、変化する可能性のある最後の文字で終わる名前を持つすべてのインスタンスを追加します。

SUMIF と SUMIFS の違いを把握する。

SUMIFS と SUMIF とでは、引数の指定順序が異なります。 特に、合計対象範囲SUMIFS では第 1 引数であるのに対し、SUMIF では第 3 引数になります。 これが、これらの関数を使う場合に発生する問題の一般的な原因です。

このような類似の関数をコピーして編集する場合は、引数の指定順序を間違えないように注意してください。

範囲引数では、同じ数の行と列を使う。

条件範囲 の引数の行と列の数が、合計対象範囲の引数と一致している必要があります。

ページの先頭へ

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

SUMIFS のような高度な IF 関数を使用する方法のビデオをご覧ください。

1 つの条件を満たす値のみを加算する SUMIF 関数

複数の各値に対して 2 乗演算を実行した後、それらを合計する SUMSQ 関数

1 つの条件を満たす値のみをカウントする COUNTIF 関数

複数の条件を満たす値のみをカウントする COUNTIFS 関数

IFS 関数 (Microsoft 365、Excel 2016 以降)

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式のエラーを検出する

数学/三角関数

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×