SUMPRODUCT 関数

SUMPRODUCT 関数は、対応する範囲または配列の製品の合計を返します。 既定の操作は乗算ですが、加算、減算、除算も可能です。

この例では、SUMPRODUCT を使用して、特定のアイテムとサイズの売上合計を返します。

SUMPRODUCT 関数を使用して、それぞれの製品名、サイズ、個々の売上値を指定した場合に合計売上を返す例。

SUMPRODUCT は Item Y/Size M のすべてのインスタンスと一致し、それらを合計します。したがって、この例では 21 + 41 が 62 になります。

書式

既定の操作 (乗算) を使用するには:

=SUMPRODUCT(array1, [array2], [array3], ...)

SUMPRODUCT 関数の書式には、次の引数があります。

引数

説明

array1   

必須

計算の対象となる要素を含む最初の配列引数を指定します。

[array2]、 [array3],...    

任意

計算の対象となる要素を含む、2 から 255 個までの配列引数を指定します。

その他の算術演算を実行する

通常どおり SUMPRODUCT を使用しますが、配列引数を区切るコンマを、必要な算術演算子 (*、/、+、-) に置き換えます。 すべての操作が実行された後、結果は通常どおり合計されます。

注: 算術演算子を使用する場合は、配列引数をかっこで囲み、かっこを使用して配列引数をグループ化して算術演算の順序を制御します。

解説

  • 引数となる配列は、行数と列数が等しい配列である必要があります。 行数と列数が等しくない場合は、エラー値 #VALUE! が返されます。 たとえば、=SUMPRODUCT(C2:C10,D2:D5) は、範囲が同じサイズではなかからエラーを返します。

  • SUMPRODUCT は、数値以外の配列エントリを 0 である場合と同様に扱います。

  • 最適なパフォーマンスを得る場合は、SUMPRODUCT を完全な列参照と一緒に使用する必要があります。 =SUMPRODUCT(A:A,B:B) と考えます。ここで、この関数は、列 A の 1,048,576 セルに列 B の 1,048,576 セルを乗算してから追加します。 

使用例 1

単位コストと数量を指定した場合に販売された商品の合計を返す SUMPRODUCT 関数の例。

上記のサンプル リストを使用して数式を作成するには、「=SUMPRODUCT(C2:C5,D2:D5)」と入力し、Enter キーを 押します。 列 C の各セルに、列 D の同じ行の対応するセルが乗算され、結果が追加されます。 食料品の合計金額は $78.97 です。

同じ結果を得る長い数式を記述するには、「=C2*D2+C3*D3+C4*D4+C5*D5」と入力し 、Enterキーを押します。 Enter キーを押すと、結果は $78.97 になります。 セル C2 は D2 で乗算され、セル C3 の結果にセル D3 の結果が追加されます。

使用例 2

次の例では、SUMPRODUCT を使用して、エージェント別の売上と経費の両方を含む、販売エージェント別の売上高の合計を返します。 この例では、標準のテーブル範囲ではなく構造化参照Excelテーブル を使用 Excelしています。 ここでは、Sales、Expenses、Agent の範囲が名前で参照されているのが表示されます。

各営業担当者の売上と経費を指定した場合に売上合計を返す SUMPRODUCT 関数の例。

数式は =SUMPRODUCT(((Table1[Sales])+(Table1[Expenses]))*(Table1[Agent]=B8)) で、セル B8 に表示されているエージェントのすべての売上と経費の合計を返します。

使用例 3

この例では、特定の地域によって販売された特定のアイテムの合計を返します。 この場合、東地域で販売されたサクランボの数はどれくらいでしたか?

SUMPRODUCT を使用してリージョン別の項目の合計を返す方法を示します。 この場合、東部リージョンで販売されたサクランボの数。

数式は=SUMPRODUCT((B2:B9=B12)*(C2:C9=C12)*D2:D9 です。 最初に、東部の出現回数と、一致するサクランボの出現回数を乗算します。 最後に、Sales 列の対応する行の値を合計します。 計算方法をExcelするには、数式セルを選択し、[数式の評価] >移動>します

さらにヘルプが必要ですか?

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

セル範囲に対して条件付き計算を実行する

SUMIFS を使用した複数の条件に基づく合計

COUNTIFS を使用して複数の条件に基づいてカウントする

AVERAGEIFS を使用した複数の条件に基づく平均

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×