予定、計画、予算の管理 - Microsoft 365 では簡単に行うことができます

Surface Hub 上の Teams 会議に参加する

Surface Hub 上の Teams 会議に参加する

会議に参加する

[ようこそ] 画面で [ 参加 ] をタップして、会議に参加します。 チーム会議や Skype for business など、アプリは Surface Hub 上で共存させることができます。

全画面表示

会議に参加すると、画面の右側にある [チーム] ウィンドウに他の参加者のビデオフィードが表示されます。 Surface Hub には最大4つの受信ビデオストリームを表示できます。 受信したビデオを展開して画面全体を表示するには (4 つのビデオフィードすべての場合)、または1つだけの場合は、[チーム] ウィンドウの下部にある [ 全画面表示] [全画面表示] ボタン ます。

全画面表示モードを終了するには、同じボタンをもう一度タップします。

注: Teams アプリが全画面表示になっているときは、画面を共有することはできません。

会議に他のユーザーを追加する

会議に他のユーザーを追加するには、[チーム] ウィンドウの下部 ([全画面表示] ボタンの横にある) で [ ユーザーの追加 ] を [ユーザーをチームに追加] ボタン し、テキストフィールドにその人の名前を入力します。 入力すると、オプションの一覧が表示されます。 探している相手が表示されたら、名前をタップして追加します。

カメラを切り替える

Surface Hub には2つのカメラが装備されています。1つは右側、もう1つは左側にあります。 右上の1つは既定で有効になっていますが、必要に応じてカメラを切り替えることができます。

[ ユーザーを追加する] の横の [ 設定 [設定] ボタン を参照してください。 [ カメラ ] メニューをタップし、[ ] または [ ] を選択します。

会議の詳細を表示する

[ 情報 ] ボタン ([チーム] ウィンドウの下部にある右端のアイコン) は、会議の名前、時刻、期間、日付、場所を示します。

画面を共有する

会議の参加者全員と画面を瞬時に共有するには、通話コントロールの中央にある [ 画面共有] [画面共有] ボタン をタップするだけです。 これで完了です。

また、会議の参加者は、自分の画面を Surface Hub と共有することもできます。 画面は全画面表示モードで自動的に表示されます。 参加者が PowerPoint プレゼンテーションを共有している場合、Surface Hub ユーザーは、共有先とは別のスライドをスクロールできます。

[チーム] ウィンドウを移動する

既定では、[チーム] ウィンドウは画面の右側に表示されます。 左側に切り替える場合は、右上隅の [サイドの切り替え] ボタン タッチします。

ビデオの受信をオフにする

通話コントロールで、[ その他のアクション その他のオプション ボタン をタップします。 [ 着信ビデオをオフにする] を選びます。

ホワイトボードのリンクを共有する

会議の参加者全員とホワイトボードリンクを共有するには、次の操作を行います。

  • ホワイトボードにサインインして、リンクをコピーします。

  • Edge ブラウザーを起動し、 teams.microsoft.comにサインインします。

  • 会議チャット (または個々の参加者) を見つけて、リンクをチャットメッセージに貼り付けます。

会議を終了する

通話コントロールで電話を切って、会議を終了します。

セッションを終了すると、次のユーザーに対して Surface Hub の履歴が消去され、デバイス上の前のアクティビティのトレースは表示されません。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×