Teams ですべての会議を表示する

Teams ですべての会議を表示する

個人用予定表を表示する

アプリの左側の [予定表] [会議] ボタン を選択すると、予定されているすべての会議と予定が表示されます。 [日]、[稼働日]、[週全体] のビューを切り替えます。メニューは、アプリの右上隅の [新しい会議] ボタンの下にあります。

左上隅には年と月が表示されます。ここを選択すると、過去や未来の任意の日付に予定表ビューを変更できます。 [今日] を選択すると、現在の日付と週に戻ります。

カレンダーには、Teams、Exchange、または Outlook でスケジュール設定されたすべてのアイテムが表示されます。

特定の会議を選択すると、その会議の詳細が表示されます。 ここで、次の操作を行うことができます。

  • 会議への参加

  • 通話の詳細の表示

  • 参加者の表示とチャット

  • 会議の招待への応答

  • 開催者の場合、会議のキャンセル

共有予定表をチャネルに追加する 

  1. チャネルの上部にある [タブの追加] 柴色正符号 を選択する

  2. 使用可能なアプリのリストから [チャネル予定表] を選択するか、右上隅の検索バーから検索する

  3. 予定表に名前を付けて、[追加] を選択する

共有予定表が作成されたので、すべてのメンバーが参加できる会議を追加できます。 ただし、ゲストは予定表を表示できないため、直接招待する必要があります。 [Teams で会議をスケジュールする] でイベントをチャネル予定表に追加する方法の手順を表示します。

注: 現在、チャネル予定表はプライベート チャネルでは利用できません。

チャネルカレンダーに関する知り合い

  • チャネル イベントを個人用予定表に追加するには、イベントを開いて [予定表に追加] を選択します。

  • 個別に名前を追加しない限り、チャネル メンバーは直接招待されません。

  • イベントをスケジュールするたびに、イベントの詳細の概要を含む投稿がチャネルに作成されます。

  • そのチャネルの通知をオンにしたメンバーにのみ、イベントが作成されたことが通知されます。

  • チャネル イベントは、Teams アプリからのみスケジュールおよび表示できます。

  • 招待に追加できるのは、2018 年 5 月より前に作成されたチームのみです。 チームが 2018 年 5 月より後に作成された場合は、チャネル、Outlook グループ、個人のみを招待に追加できます。

  • チャネル予定表は、チームに関連付けられている Microsoft 365 グループ予定表のフィルター処理されたビューです。 チーム全体ではなく、特定のチャネルのイベントのみを表示します。 Teams グループと Microsoft 365 グループがチームでどのように動作するのかについては 、M365 グループの動作方法を参照してください

  • 個人用予定表で招待を受け取るには、Outlook でチームに対応する Microsoft 365 グループを管理する必要があります。 これを行う方法については、「Outlook でグループをフォローする」を参照してください。

    注: Outlook からグループが表示されない場合は、そのチームのサブスクリプション設定を変更できないという意味です。 既定では、名前を個別に追加しない限り、メンバーは招待を受け取らされません。

  • [予定表] [会議] ボタン をタップすると、Teams、Outlook、または Exchange からスケジュールされたすべての会議の週次予定表が表示されます。

モバイル会議の予定表

Microsoft Teams 会議には、[Teams] アイコンと [参加] ボタンがあります。

会議をタップすると、詳細と参加者が表示されます。 ここで、次の操作を行うことができます。

  • 会議への参加 ([参加] をタップする)

  • 通話の詳細の表示 ([詳細を表示] をタップする)

  • 参加者の表示とチャット ([参加者とチャットする] をタップする)

  • 会議の招待への応答

  • 開催者の場合、会議のキャンセル ([編集][キャンセル] の順にタップする)

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×