Teams でマークダウンの書式を使用する

Teams でマークダウンの書式を使用する

マークダウンでは、入力時に作成ボックス内で書式設定されたテキストのリアルタイムのプレビューを表示できます。また、Ctrl キーを押しながら Z キーを押すと、いつでも書式を元に戻すことができます。 また、作成ボックスを展開しても、これらの操作のほとんどは使用できます (ただし、ブロック引用符と取り消し線を除くすべてのアクションは、独自のボタンを持ちます)。

この記事の内容

Teams で利用可能なマークダウンアクション

マークダウンを使用してコードを共有する

Teams で利用可能なマークダウンアクション

名前

操作

太字のテキスト

* 太字のテキスト *

太字のテキスト

斜体テキスト

_italic text_

斜体のテキスト

取り消し線

~ 打ち消し線 ~

マークダウン取り消し線テキスト

段落番号

項目 1> <番号

1. 項目 1
両面. 項目2

順序なしリスト

* 項目 1
または
-項目1

· アイテム 1
· 項目2

ハイパーリンク

テキストURL

リンクを次に示します。

複数行のコードブロック

' ' ' [コードブロック]

インラインコードブロック

' [コードテキスト] '

Header

# #Header のテキスト

ヘッダーテキスト

マークダウンを使用してコードを共有する

Teams では、コードの書式設定や共有を行うことができます。

  • インラインコードブロックを追加するには、キーボードの1の隣にあるバックチック (') を使用して、テキストを開始および終了します。

  • 複数行のコードブロックを追加するには、テキストの頭に ' ' ' を付けて、作成ボックスに貼り付けます。

コードのリアルタイムのプレビューが表示され、Ctrl キーを押しながら Z キーを押すと、書式設定を元に戻すことができます。

現時点では、モバイルデバイスでマークダウン形式のメッセージを表示することはできますが、コードで共同作業する場合は、デスクトップまたは web アプリを使います。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×