Teams で会議のメモを取る

Teams で会議のメモを取る

会議のメモは、Teams 会議の会議前、会議中、会議後にメモを取って共有するためのとても便利な機能です。

次の点にご注意ください。

  • 会議のメモの開始またはメモへのアクセスは、会議の開催者と同じ組織のユーザーのみに許可されています。

  • 会議のメモは、最大100人の会議で利用できます。

  • メモが作成される前に会議に招待されたユーザーのみが、最初にそれらにアクセスできます。 他のユーザーがアクセス権を要求できます。また、メモの所有者には、メールで通知されます。

会議前

会議の前にメモを作成するには、[予定表] [会議] ボタン に移動し、会議を選択し、[参加者とチャットする] を選択します。 [会議のメモ] タブを選択し、[会議のメモを取り始める] を選択します。

議題やその他の重要な検討事項を追加します。 ユーザーを @メンションすることで、そのユーザーの注意を引いたりアクション アイテムを割りてたりできます。

注: 現在、会議前のメモは、チャネル以外の場所で開催される会議でのみ利用できます。 チャネルで開催されている会議で [参加者とチャットする] をクリックすると、そのチャンネルに移動します。

会議中

会議に参加したら、会議コントロールで [ その他のアクション ] [その他のオプション] ボタン に移動し、[会議ノート [会議のメモ] ボタン を選択します。

まだメモを取っていない場合は、[ノートを取る] を選びます。 それ以外の場合は、メモを取り始めます。 パネルの上部にあるコントロールを使用して、テキストの書式を設定します。 新しいメモを追加するには、[新しいセクションをここに追加する] を選択します。 特定のメモにユーザーの注意を集めたりアクション アイテムを割り当てたりするには、@メンションを使用します。

会議のメモ

注: 

  • 新しい会議環境を有効にしている場合、会議のメモは、会議ウィンドウではなくメインのチームウィンドウで開きます。

  • 初めてメモを追加すると、会議のチャットにメッセージが自動的に投稿されます。

定期的な会議では、メモは毎回の会議間で維持されます。 メモの中で、各会議は新しいセクションとなります。

会議後

チャネル会議のメモにアクセスするには、会議が開催されたチャネルに移動し、会議を見つけます。 その下にある [全画面表示でメモを表示] を選択します。

チャットの会議のメモ

プライベート会議のメモにアクセスするには、[チャット] [チャットを開く] ボタン に移動し、チャット一覧で会議のチャットを見つけ、[全画面表示でメモを表示] を選択します。

会議のメモが [Wiki] タブに表示され、閲覧またはメモへの追加を行えます。 タブの編集と書式設定は、その他の [Wiki] タブと同じ方法で行えます。

タブの会議のメモ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×