TEXTJOIN 関数は、複数の範囲や文字列からのテキストを結合し、結合する各テキスト値の間に、指定した区切り記号を挿入します。 区切り記号が空の文字列の場合は、範囲が連結されます。

注: この機能は、Windows 2019 を使用している場合、または Office サブスクリプションを持っている場合は、Microsoft 365できます。 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Office があることをご確認ください

構文

TEXTJOIN (区切り記号、ignore_empty、文字列 1, [文字列 2],...)

引数

説明

delimiter
(必須)

空のテキスト文字列、または二重引用符で囲まれた 1 つ以上の文字、または有効なテキスト文字列への参照。 数値が指定されている場合は、文字列として扱います。

ignore_empty
(必須)

TRUE の場合、空のセルは無視されます。

text1
(必須)

結合するテキスト項目。 文字列またはセルの範囲などの文字列の配列。

[text2, ...]
(省略可能)

結合する追加のテキスト項目。 テキスト項目には、text1 を含め、最大 252 のテキスト引数を設定できます。 各引数には、文字列、またはセルの範囲などの文字列の配列を指定できます。

たとえば、=TEXTJOIN(" ",TRUE, "The", "sun", "will", "come", "up", "tomorrow.") は、The sun will come up tomorrow. を返します。

解説

  • 結果の文字列が 32767 文字 (セルの制限) を超える場合、TEXTJOIN は値を#VALUE。 エラーを返します。

次のそれぞれの表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式を選んで、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

使用例 1

通貨

US ドル

オーストラリア ドル

中国元

香港ドル

イスラエル シェケル

韓国ウォン

ロシア ルーブル

数式:

=TEXTJOIN(", ", TRUE, A2:A8)

結果:

米ドル、オーストラリア ドル、中国元、香港ドル、イスラエル シェケル、韓国金、ロシア ルーブル

使用例 2

A's

B's

a1

b1

a2

b2

a4

b4

a5

b5

a6

b6

a7

b7

数式:

=TEXTJOIN(", ", TRUE, A2:B8)

結果:

a1、b1、a2、b2、a4、b4、a5、b5、a6、b6、a7、b7

false ignore_empty=FALSE の場合、結果はa1、b1、a2、b2、a4、b4、a5、b5、a6、b6、a7、b7 になります

使用例 3

都市

郵便番号

Tulsa

OK

74133

US

Seattle

WA

98109

US

Iselin

NJ

08830

US

Fort Lauderdale

FL

33309

US

Tempe

AZ

85285

US

end

,

,

,

;

数式:

=TEXTJOIN(A8:D8, TRUE, A2:D7)

結果:

Tulsa,OK,74133,US;Seattle,WA,98109,US;Iselin,NJ,08830,US;Fort Lauderdale,FL,33309,US;Tempe,AZ,85285,US;end

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

CONCATENATE 関数

CONCAT 関数

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式エラーを見つけて修正する

Excel キーボード ショートカットとファンクション キー

文字列関数 (リファレンス)

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×