Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

クロス集計クエリを作成します。

構文

TRANSFORM aggfunction
selectstatement
PIVOT pivotfield [IN (value1[, value2[, ...]])]

TRANSFORM ステートメントでは、次の引数を使用します。

引数

説明

aggfunction

選択されたデータに対して実行される SQL 集計関数。

selectstatement

SELECT ステートメント。

pivotfield

クエリの結果セットの列見出しの作成に使用するフィールドまたは式。

value1, value2

列見出しの作成に使用する固定値。


解説

クロス集計クエリを使用してデータを集計するときに、指定したフィールドから値を選択するか、列見出しとして式を選択すると、選択クエリよりコンパクトな形式でデータを表示することができます。

TRANSFORM は省略可能ですが、含める場合は、SQL 文字列の最初のステートメントになります。 行見出しとして使用されるフィールドを指定する SELECT ステートメントおよび行のグループ化を指定する GROUP BY 句より前に配置します。 必要に応じて、追加の選択や並べ替え条件を指定する他の句 (WHERE など) を含めることができます。 クロス集計クエリでは、(具体的には WHERE 句で) 述語としてサブクエリを使用することもできます。

pivotfield に返される値は、クエリの結果セットの列見出しとして使用されます。 たとえば、クロス集計クエリで販売月別の売上高をピボットすることで 12 の列が作成されます。 pivotfield を制限して、オプションの IN 句でリストされた固定値 (value1value2) から見出しを作成できます。 追加の列を作成するため、データが存在しない固定値を含めることもできます。



ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×