UML データベース表記図を作成する

Visio で UML データベース表記ダイアグラムを作成し、リレーショナルデータベースの構造を定義することができます。

UML には、データモデリングの仕様がありませんが、特にデータベースのデータをオブジェクト指向プログラミングで使うことができるため、diagraming では便利なツールとなります。 Visio UML データベースの図形は、オブジェクト指向のクラスをモデル化するために使用される UML クラス図の図形と非常に似ており、システム全体に一貫した表記を提供します。

最初に、 Visioのバージョンに応じて、UML 2.5 または2.0 標準に準拠している図形が含まれている、[ Uml データベース表記] という形式の図面を開きます。

  1. Visio を起動します。 ファイルが既に開いている場合は、[ファイル]、[新規] の順にクリックします。

  2. 検索ボックスに「 UML データベース表記」と入力します。

  3. [ UML データベース表記] テンプレートを選択します。

  4. ダイアログボックスで、[メートル法] または [米国単位] のいずれかを選択します。

  5. [作成] を選びます。

  6. ダイアグラムが開きます。 図の横に [図形] ウィンドウが表示されるはずです。 表示されていない場合は、[>作業ウィンドウ表示する] に移動し、[図形] が選択されていることを確認します。 それでも表示されない場合は、左側の [図形] ウィンドウを展開するボタンをクリックします。

  7. [表示] タブで、[接続ポイント] の横のチェック ボックスがオンになっていることを確認します。 これで、図形の接続を開始すると、接続ポイントが表示されます。

  8. 図の描画を開始する準備ができました。 ステンシルを選択し、[エンティティ] 図形を図面にドラッグして開始します。

    エンティティ図形。

  1. Web 用の Visio を開きます。

  2. ギャラリーで、ページの中央にある [UML データベース表記] 行まで下にスクロールします。

    行の最初の項目は、空白のテンプレートとコンパニオンのステンシルを表します。 この行の他の項目は、すぐに作業を開始できるように、いくつかの図形を既に描いているサンプル図面です。

  3. アイテムをクリックすると、より大きなプレビューが表示されます。

  4. 使用する図面が見つかったら、[作成] ボタンをクリックします。

  5. 関連するステンシルが表示された新しい図面がブラウザーで開きます。 図の描画を開始する準備ができました。 図面へのエンティティ図形の追加を開始します。

    エンティティ図形。

関連項目

UML 図形に多重度を指定する

Visio での UML 図

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×