UML モデルにイベントを追加する

  1. 編集するイベントが含まれている図形を選択します。 図形を右クリックし、[プロパティ] を選択します。

  2. [プロパティ] ダイアログボックスで、[イベント] をクリックします。

  3. [新規] をクリックし、追加するイベントの種類を選んで、[ OK]をクリックします。

    適切なイベントプロパティのダイアログボックスが開きます。

  4. イベントの名前を入力します。

  5. ボックスの一覧から必要なステレオタイプを選びます。 使用するステレオタイプが一覧にない場合は、リボンの [ UML ] タブの [ステレオタイプ] をクリックして、新しいステレオタイプを追加したり、既存のステレオタイプを編集したりできます。

  6. タグ付き値として要素に追加するドキュメントを入力します。 要素を表す図形またはアイコンを選択すると、ここで入力したドキュメントも [ドキュメント] ウィンドウに表示されます。

  7. 選択した通話の種類に応じて、次の表で説明するように、他のプロパティを完了させることができます。

    プロパティ

    説明

    適用対象

    Operation

    イベント呼び出しに使用する操作を選びます。

    通話イベント

    Language

    変更条件式を記述する言語を選びます。

    イベントの変更、時間イベント

    ChangeExpression

    指定した言語を使用して、変更後の式を作成します。 変更式はブール型の条件で構成されます。 このイベントは、式の値が FALSE から TRUE に変更されたときに発生します。

    イベントを変更する

    電波

    イベントが関連する シグナル を選びます。 該当するパッケージに対して定義されたすべてのシグナルがここに表示されます。

    シグナルイベント

    期間

    指定した言語を使って式を作成します。このとき、イベントが発生するまでの一定の期間または特定の日付または時刻を示します。

    時刻イベント

  8. 手順 3 ~ 7 を繰り返して、必要なすべてのイベントを追加したら、[ OK ] をクリックして、パッケージの [ UML プロパティ] ダイアログボックスを閉じます。

    パッケージに追加するイベントは、パッケージに含まれる他の適切な要素 (アクションの状態など) で利用できます。

ヒント: [ UML ] メニューの [イベント] をクリックして、新しいイベントを作成することもできます。 イベントを作成するパッケージを選択し、[新規] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×