UML 要素に制約を追加する

  1. 図面で、制約を追加する要素を表す ツリー ビュー または図形のアイコンをダブルクリックします。

  2. [制約条件] をクリックし、[新規] をクリックします。 目的の制約プロパティを入力または選択します。

  3. 追加の制約プロパティを指定するには、[プロパティ] をクリックします。 目的の制約プロパティを入力または選択します。

  4. [OK] をクリックします。

ヒント: [制約] 図形を使用して、特に制約が複数の要素に適用されている場合に、制約を図面に追加することもできます。 [静的構造] ステンシルから図面ページに [制約] 図形をドラッグし、図形をダブルクリックします。 必要なプロパティを入力または選択して、[ OK]をクリックします。 ([本文] に入力した説明は図形に表示されます)。 制約図形の中央にあるコントロールハンドル コントロール ハンドルの画像 - 黄色いひし形 を、制約が適用されている図形の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に接着します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×