UML 配置図を作成する

Office 2010 のサポートは 2020 年 10 月 13 日に終了しました

Microsoft 365 にアップグレードすると、あらゆるデバイスでどこでも作業を行うことができ、サポートを引き続き受けることができます。

今すぐアップグレード

注: 配置ダイアグラムの作成に使用した UML モデル図はTE000130250までしか利用できません。 ただし、UML 配置図テンプレートは、新しいバージョンの Visio で利用できます。 詳細については、「 UML 配置図を作成する」を参照してください。

ランタイム システムの構造を示す図

吹き出し 1 配置図では、 ノード はジェネリック型または特定のインスタンスを表すことができます。

吹き出し 2 、ノードインスタンス内にコンポーネントと オブジェクト インスタンスを配置して、コンポーネントとオブジェクトがノード上に存在することを示します。

吹き出し 3 依存関係はコンポーネントを接続します。インターフェイスを経由することもあります。 ステレオタイプを使って、正確な依存関係を示すことができます。

  1. TE000130250: [テンプレートのカテゴリ] で、[ソフトウェア] をクリックし、[ UML モデル図] をクリックします。

  2. ツリー ビューで、 配置図を追加するパッケージまたはサブシステムを右クリックし、[新規作成] をポイントして、[配置図] をクリックします。

    空白のページが表示され、[ UML 配置] ステンシルが一番上のステンシルになります。 ワークスペースには、透かしとして "展開" と表示されます。 図を表すアイコンがツリー ビューに追加されます。

    注: ツリービューが表示されていない場合は、[ UML ] メニューの [表示] をポイントし、[モデルエクスプローラー] をクリックします。

  3. [ノード] 図形を図面ページにドラッグします。 [コンポーネント] および [オブジェクト] 図形をノードにドラッグします。 ノードの選択ハンドルをドラッグしてサイズを変更します。

    配置図のノード内の要素を含む

    1. 配置図で、[ UML 展開] ステンシルから図面ページにノードまたはノードインスタンス図形をドラッグします。

    2. ノードをダブルクリックして、名前、属性、操作、その他のプロパティ値を追加します。

    3. 四隅の選択ハンドルをドラッグして、ノードのサイズを変更し、目的の要素が収まるようにします。

    4. [コンポーネント]、[コンポーネントインスタンス]、および [オブジェクト] 図形をノード図形の上にドラッグし、必要に応じて依存関係に基づいて図形を接続します。

    5. 次のいずれかの操作を行います。

      • 各ノードをダブルクリックします。 [ UML ノードプロパティ] ダイアログボックスで、[コンポーネント] をクリックします。 [このノードによって展開されるコンポーネントを選択してください] で、適切なコンポーネントを選び、[ OK]をクリックします。

      • 各コンポーネントをダブルクリックします。 [ UML コンポーネントプロパティ] ダイアログボックスで、[ノード] をクリックします。 [このコンポーネントを展開するノードを選択してください] で適切なノードを選択し、[ OK]をクリックします。

        注: ノードとそれに含まれる図形をグループ化しないでください。 ノードとその中の要素を移動する必要がある場合は、ノードを囲むように選択四角形をドラッグしてすべての図形を選択し、目的の位置までドラッグします。

  4. 必要なすべてのノードが表示されるまで、手順3を繰り返します。

  5. 必要に応じて、[インターフェイス] 図形を図面ページにドラッグし、円のないエンドポイントをコンポーネント図形に接着します。

    クラス、コンポーネント、その他の要素にインターフェイスを追加する

    1. 静的な構造体コンポーネント、または配置図で、ロリポップインターフェイス図形を図面ページにドラッグします。

    2. 円のないエンドポイントを、 クラス コンポーネント、またはその他の要素の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に接着します。

    3. [インターフェイス] 図形をダブルクリックして、名前、操作、その他のプロパティ値を追加します。

      Tiplist

      また、クラスに似た四角形のインターフェイス図形を持つインターフェイスを表すこともできます。 インターフェイス操作の一覧を表示する場合は、この図形を使用します。

      インターフェイスに対して表示される図形の種類を変更するには、インターフェイス図形を右クリックし、[クラスのようなインターフェイスとして表示] または [ロリポップインターフェイスとして表示] をクリックします。

  6. [通信] 図形を使用して、ノード間の関係を示します。

    配置図のノード間の通信の関連付けを示す

    1. 配置図で、[ UML 配置] ステンシルから図面ページに、[通信] 図形をドラッグします。

    2. [通信] 図形の1つのエンドポイントを、最初のノードの 接続ポイントの画像 - 青い X 接続ポイントに接着します。

    3. 通信図形の他の端点を2番目のノードの接続ポイントに接着します。

    4. [通信] 図形をダブルクリックして、名前とその他のプロパティ値を要素に追加し、その末尾に追加します。

  7. 依存関係図形を使って、コンポーネントとオブジェクト間、およびコンポーネントと他のコンポーネントのインターフェイス間の関係を示すことができます。

    UML 要素間の依存関係を示す

    1. [ Uml 静的構造]、[ uml 展開]、[ uml コンポーネント] ステンシルから図面ページに [依存性] 図形をドラッグして、関連付ける要素の近くに配置します。

    2. 矢印付きの端点を、他の要素が依存する要素の 接続ポイントの画像 - 青い X 接続ポイントに接着します。 矢印のない端点を、他の要素に依存する要素の接続ポイントに接着します。

    3. 依存関係をダブルクリックして、名前、ステレオタイプ、その他のプロパティを追加します。

      ヒント: 追跡、 絞り込み、 用途、または バインド の依存関係を指定する場合は、[ UML 静的構造] ステンシルから、[トレース]、[洗練]、[使用状況]、または [バインディング] 図形を使用できます。

  8. 任意の図形をダブルクリックして、[ UML プロパティ] ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、名前、属性、操作、その他のプロパティを追加できます。

  9. 図面を保存します。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×