Visio でエンティティ関係図を作成する

エンティティ関係図 (ERD) では、データベースでのさまざまなエンティティ (顧客や製品など) の関係を示しています。 

ここでは、ERD の3つの主なパーツについて説明します。

  • [エンティティ: データベース内のテーブル。 エンティティは名詞です。 一般的な分類としては、概念、場所、役割、イベント、項目があります。

  • 属性: 各テーブルについて説明します。 これらは名詞であり、多くの場合、テーブルの列になります。

  • リレーションシップ: リレーションシップは動詞です。 エンティティ間の関連付けを示します。

Visio には、3種類のエンティティ関係図のステンシルが用意されています。 各要素は、特定のシンボルを使ってエンティティとその間の関係を表します。 これらの種類の図の詳細については、次のサポート記事を参照してください。

Visio では、既存のデータベースからデータベースモデルをリバースエンジニアリングする機能もサポートされています。 詳細については、「データベースモデルを作成する」を参照してください。

Visio には、データフロー図を作成するためのステンシルも用意されています。これにより、各エンティティのアウトプットと入力に関する情報が提供されます。 詳細については、「データフロー図を作成する」を参照してください。

関連図面

Visio でデータ フロー図を作成する

Web 用 Visioには、2種類のエンティティ関係図のステンシルがあります。 各要素は、特定のシンボルを使ってエンティティとその間の関係を表します。 これらの種類の図の詳細については、次のサポート記事を参照してください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×