Visio でグリッドを表示、非表示、または変更する

Visio でグリッドを表示、非表示、または変更する

グリッドの線は、従来のグラフ用紙の線のように、それぞれの図面ページをクリップしています。 グリッドを使用すると、図面ページに図形を配置することができます。

グリッドの表示と非表示を切り替える

  • [表示] タブの [表示] グループで、[グリッド] チェックボックスをオンまたはオフにします。

    ヒント: 通常、グリッドは印刷されませんが、印刷対象を指定できます。 [ページ] タブを右クリックし、[ページ設定] をクリックして、[印刷設定] タブで [枠線] チェックボックスをオンにします。

グリッドの間隔とサイズを変更する

Microsoft Visio のほとんどのテンプレートでは、既定で可変グリッドが使用されています。 図面を拡大または縮小すると、可変グリッド線が変化します。図形を正確に配置する場合に便利です。

たとえば、これらの目盛線は [標準] に設定されています。また、縮小表示すると、5フィートの間隔で表示されます。

縮小された可変グリッド

ただし、ビューを拡大したときは、1フィートの間隔で表示されます。

拡大された可変グリッド

一部の図面では、固定グリッドを使用することができます。そのため、倍率に関係なく、グリッドに同じ間隔が表示される場合があります。 たとえば、固定グリッドと最小間隔が1フィートの場合、図面ビューを拡大または縮小した場合でも、枠線は1フィートの四角形で表示されます。

固定グリッド間隔

  1. [表示] タブで、[表示] ダイアログボックス起動ツールをクリックします。

    グループの表示

  2. [ルーラー & グリッド] ボックスの [グリッド] の [グリッド間隔] の一覧で、[固定] をクリックします。 [最小間隔] ボックスに目的の間隔を入力します。固定グリッドは、最小間隔の数値が入力されていない場合は機能しません。

    可変グリッドの場合、[グリッド間隔] の [水平] と [] の一覧で、[細かい]、[標準]、または [粗い] をクリックします。

    [細かい」は、グリッド間隔の最小値です。

    [細かい] 設定のグリッド間隔

    [粗い値 (最大) を選びます。

    [粗い] 設定のグリッド間隔

グリッド線の開始位置を変更する

Grid の原点は、ルーラーのゼロ点と同じ位置に設定されます。 ルーラーのゼロ点を移動すると、グリッドの原点も移動します。 ただし、グリッドの原点は、ルーラーのゼロ点から独立して設定できます。

  1. [表示] タブの [表示] グループで [ルーラー & グリッド] ダイアログボックス起動ツールをクリックします。

  2. [グリッド線の開始位置] で、グリッドを開始する位置の x (水平) 座標と y (垂直) 座標を入力して、[ OK]をクリックします。

グリッドの色を見やすくする

Visio 自体のグリッド線の色を変更することはできませんが、 Windows でハイコントラストモードをオンにすると、見やすくなります。 

申し訳ございません。 現時点では、 Web 用 Visioは、目盛線をサポートしていません。 この機能に興味をお持ちの場合は、[提案] ボックスのこの項目に移動して、[投票] をクリックしてください。 

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×