Visio で図形やその他のオブジェクトに影を追加する

[図形の書式設定] ウィンドウで数回クリックするだけで、図面内のオブジェクトに影の効果を追加します。

  1. 影を付けるオブジェクトを右クリックし、[図形の書式設定] をクリックします。

  2. [図形の書式設定] ウィンドウで、[効果] をクリックし、[] をクリックします。

  3. [プリセット] をクリックし、既定の影の効果のいずれかを選択します。 他のコマンドを使ってカスタマイズすることができます。

    [影] のオプション

    スライダーまたは数値のボックスを使用して、外観を調整します。

    • [   を使用すると、影の色を変更できます。

    • [透明度   ] では、影の明暗 (低い数値) または薄い (大きい数値) が有効になります。

    • [サイズ   を使用すると、影を短くしたり長くしたりできます。

    • ぼかし   は、あいまい (より高い数値) または鮮明 (低い数値) になります。

    • [角度   ] は、影を図形の周りで回転させる光源の場合と同様に、影を回転させます。

    • [距離   ] では、影の上にオブジェクトが表示される高さを変更できます (図形と影の間にすきまを作成します)。

ヒント: 図の別のオブジェクトに影が表示されている場合は、そのオブジェクトを前面に移動して、影が重なって見えるようにすることができます。 オブジェクトをクリックし、[ホーム] をクリックして [配置] をクリックし > [最前面へ] > ます。

もう1つの便利なリマインダー: 視覚効果は慎重に使用して、図面の情報から見にくくすることができます。

図面内の図形に影を適用し、それらの影の色、スタイル、パターン、サイズ、位置、および角度を簡単に変更することができます。

タスク

アクション

図形に影を適用する

  1. 影を適用する図形を選びます。

  2. [ホーム] タブの [図形] グループで [] をクリックし、目的の色を選択します。

影のスタイル、パターン、サイズ、または位置を変更する

  1. 影を変更する図形を選択します。

  2. [ホーム] タブの [図形] グループで [] をクリックし、[影のオプション] を選択します。

  3. [] ダイアログボックスで、目的の書式設定オプションを選択します。

  4. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

図形から影を削除する

  1. 影を変更する図形を選択します。

  2. [ホーム] タブの [図形] グループで、[影付き] をクリックし、[影なし] を選択します。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×