Visio の図面内のテキストの書式を設定する

Visio の図面内のテキストの書式を設定する

次の手順を使用して、図形、テキストボックス、または図面ページでテキストの書式設定を行います。

1つの図形のテキストの書式を設定する

  1. 編集するテキストをダブルクリックします。

  2. [テキストツール I ビーム ポインター で、次のいずれかの操作を行います。

    • 書式設定するテキストをクリックします。 これにより、クリックしたテキストのブロック全体に書式の変更が適用されます。

    • 書式設定するテキストの特定のセクションを強調表示します。 この方法では、強調表示されたテキストにのみ書式が変更されます。

  3. [ホーム] タブの [フォント] グループまたは [段落] グループで、[テキストの書式設定] コマンドを使用します。 その他のオプションと詳細オプションを表示するには、ダイアログボックス起動ツールをクリックし ダイアログ ボックス起動ツール [テキスト] ダイアログボックスを開きます。

  4. ページの空白の領域をクリックするか、 Escキーを押して終了します。

複数の図形のすべてのテキストを書式設定する

複数の図形を選択して、そのすべてのテキストの書式を設定することができます。

  • 特定の図形に書式を設定するには、最初に CTRL キーを押しながら図形をクリックします。

  • すべての図形を書式設定するには、CTRL キーを押しながら A キーを押してすべての図形を選びます。

目的の図形を選択した後、[ホーム] タブの [フォント] グループまたは [段落] グループのコマンドを使用して、テキストを調整します。 入力が完了したら、ESC キーを押すか、ページの空白の領域をクリックします。

図形のすべての使用にテキストの書式を適用する

特定の図形を使用するたびに同じテキスト書式を設定する場合は、マスターシェイプを作成するのが一番簡単な場合があります。

  1. ページに図形を作成し、その図形に毎回表示させるテキストの書式設定を適用します。

  2. 新しいステンシル、[お気に入り] ステンシル、または作成済みのユーザー設定のステンシルを開きます。

    • 新しいステンシルを開くには、[図形] ウィンドウで、[その他の図形] をポイントし、[新しいステンシル] をクリックします。

    • ユーザー設定のステンシルを開くには、[図形] ウィンドウで、[その他の図形] をポイントし、[個人用図形] をクリックして、目的のステンシルの名前をクリックします。

      ステンシルが編集不可になっている場合は、ステンシルのタイトル バーを右クリックし、[ステンシルの編集] をクリックします。 ステンシルのタイトルバーのアイコンがアスタリスク (*) に変わり、ステンシルが編集可能であることを示します。

  3. ステンシル ウィンドウを右クリックし、[新しいマスター シェイプ] をクリックします。

  4. [オブジェクト選択ツール] を使用して、再利用する図形をステンシルウィンドウにドラッグしてマスターシェイプを作成します。

  5. 新しいマスターシェイプをさらに変更する場合は、ステンシルウィンドウでマスターシェイプを右クリックし、[マスターシェイプの編集] をクリックして、[マスターシェイプの編集] をクリックします。

新しいマスターシェイプを使用するには、ステンシルウィンドウから図面にドラッグします。 必要に応じてテキストを編集することができます。また、テキストの書式は同じになります。

図形内のテキストを書式設定する

  1. 編集のために図面を開きます。

  2. テキストを書式設定する図形をダブルクリックします。

    既定では、すべてのテキストが選択されます。 テキストの一部を書式設定するには、書式設定するテキストの部分のみを選択します。

  3. [ホーム] を選択し、次の操作を行います。

    • フォントを変更するには、[フォント名] または [フォントサイズ [フォントの種類] アイコンと [フォント サイズ] アイコン から選びます。

    • 強調表示するには、[太字]、[斜体]、または [下線] 太字、下線、斜体、アイコン を選びます。

    • フォントの色を変更するには、[フォントの色] [フォントの色] アイコン を選びます。

    • テキストを左、中央、および右に揃えるには、[テキストの整列] [文字の配置] アイコン を選びます。

  4. 書式設定を停止するには、図形の外側をクリックするか、Esc キーを押します。

複数の図形のすべてのテキストを書式設定する

複数の図形を選択して、そのすべてのテキストの書式を設定することができます。

  • 特定の図形に書式を設定するには、最初に CTRL キーを押しながら図形をクリックします。

  • すべての図形を書式設定するには、CTRL キーを押しながら A キーを押してすべての図形を選びます。

目的の図形を選択した後、[ホーム] タブの [フォント] グループまたは [段落] グループのコマンドを使用して、テキストを調整します。 入力が完了したら、ESC キーを押すか、ページの空白の領域をクリックします。

テキスト ボックスを追加して書式設定する

タイトル、コメント、凡例、脚注などを追加して図面について説明するには、テキスト ボックスを使用します。 テキスト ボックス内のテキストは、図形のテキストの編集と同じように編集できます。 テキスト ボックスは図形であるため、他の図形と同様に、選択、移動、サイズ変更、回転、および削除することができます。

  1. 編集のために図面を開きます。 

  2. [ホーム]、[テキスト ボックス] [テキスト ボックス] アイコン の順に選択します。

  3. ポインターを図面上の空いている場所に置いて、十字形 (領域選択) 十字形アイコン に変わるようにします。

  4. ポインターを目的の四角形にドラッグします。 テキストを編集するために、テキスト ボックスが開きます。

  5. [ホーム] を選択し、次の操作を行います。

    • フォントを変更するには、[フォント名] または [フォントサイズ [フォントの種類] アイコンと [フォント サイズ] アイコン から選びます。

    • 強調表示するには、[太字]、[斜体]、または [下線] 太字、下線、斜体、アイコン を選びます。

    • フォントの色を変更するには、[フォントの色] [フォントの色] アイコン を選びます。

    • テキストを左、中央、および右に揃えるには、[テキストの整列] [文字の配置] アイコン を選びます。

  6. 書式設定を停止するには、テキスト ボックスの外側をクリックするか、Esc キーを押します。

ヒント    空白のテキストボックスを探すには、ポインターがコンパス (移動) コンパスアイコン。 に変わるまで、ポインターを図面の周りで動かし、クリックしてテキストボックスを選択します。 テキストボックスを選択すると、新しい位置にドラッグできます。

関連項目

Visio でテキストを追加、編集、移動、または回転する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×