Web サービス データ接続を作成する

Access では、データサービスまたは Web サービスともリンクできます。 たとえば、エンタープライズビジネスデータカタログへのデータサービス接続を作成し、ビジネスデータを Access に取り込むことができます。

データサービス接続を作成した後は、他の外部データソースと同じようにリンクを設定できます。 データサービスがパラメーターを受け入れる場合、データサービス接続を使用してリンクテーブルを作成するときに、パラメーターを変更できます。

注: Business Data Connectivity Services などの新しいデータサービス接続ファイルの作成については、この記事の範囲を超えています。 BDCM ファイルと Access の操作の詳細については、「 access で外部データを使用する」を参照してください。

概要

Access を使用すると、データサービス経由で利用可能な外部データにリンクすることができます。 データサービスプロバイダーによって提供されるデータサービス接続ファイルを既に持っている必要があります。 データサービスデータを使用する一般的なプロセスを次に示します。

  1. データサービスデータ接続ファイルを取得します。

  2. 接続ファイルを使用して、データサービスデータ接続をインストールします。

  3. インストールされているデータサービスデータ接続を使用して、リンクテーブルを作成します。

データサービス接続を使用して作成したリンクテーブルは読み取り専用であることに注意してください。

データサービスへの接続を作成する

  1. データサービスへのリンクウィザードの場所は、Access のバージョンによって若干異なります。 Access のバージョンに対応する手順を選択してください。

    • 最新バージョンの Access Microsoft 365 サブスクリプションを使用している場合は、[外部データ] タブの [インポート & リンク] グループで、[新しいデータソース>オンラインサービス>データサービスから] をクリックします。

    • Access 2016、access 2013、または Access 2010 を使っている場合は、[外部データ] タブの [インポート & ] グループで、[その他] をクリックしてオプションの一覧をドロップダウンし、[データサービス] をクリックします。

  2. [データサービスへのリンクの作成] ダイアログボックスの下部にある [新しい接続のインストール] をクリックします。

    Web サービスのデータ接続をインストールする

  3. [接続定義ファイルの選択] ダイアログボックスで、データサービスの説明が含まれている XML ファイルを参照して選びます。

    注: このファイルは、データまたは Web サービスプロバイダーまたはシステム管理者によって提供されます。

[データサービス] ボタンを有効にするには、Microsoft .net 3.5 以降がインストールされている必要があります。

既存のデータサービス接続へのリンク

  1. データサービスへのリンクウィザードの場所は、Access のバージョンによって若干異なります。 Access のバージョンに対応する手順を選択してください。

    • 最新バージョンの Access Microsoft 365 サブスクリプションを使用している場合は、[外部データ] タブの [インポート & リンク] グループで、[新しいデータソース>オンラインサービス>データサービスから] をクリックします。

    • Access 2016、access 2013、または Access 2010 を使っている場合は、[外部データ] タブの [インポート & ] グループで、[その他] をクリックしてオプションの一覧をドロップダウンし、[データサービス] をクリックします。

  2. [データサービスへのリンクの作成] ダイアログボックスに、データサービスで提供されるデータのテーブルが表示されます。 たとえば、飛騨物産株式会社の Web サービスに接続した場合は、次のように表示されます。

    リンクに使用できる Web サービス データ接続

  3. [データサービスへのリンクの作成] で、使用するテーブルをクリックします。

  4. [リンク テーブルの作成] をクリックします。

パラメーター値を指定する

データサービス接続ファイルでパラメーターがサポートされている可能性があります。 パラメーターは、データをフィルター処理するために使用する式です。

たとえば、AdventureWorks Web サービスデータ接続には Orders テーブルがあり、Location の値を受け入れることができ、その値を使って、リンクを使ってアクセスできるレコードを制限することができます。

Web サービス データ接続パラメーター

リンクテーブルを作成するときに、データサービス接続のパラメーター値を設定します。

  1. 前の手順の最初の4つの手順に従って、既存のデータサービス接続にリンクします。 [リンクテーブルの作成] をまだクリックしないでください。

  2. [データサービスへのリンクの作成] ダイアログボックスで、[パラメーター] セクションの適切なボックスでパラメーター値を指定します。 表示されるインターフェイスは、使用しているデータサービスデータ接続ファイルによって多少異なります。 一部の接続では、複数のパラメーターをサポートしています。

  3. パラメーター値の設定が完了したら、[リンクテーブルの作成] をクリックします。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×