Web 版 Outlook でのカレンダー設定

予定表は Outlook on the webのメール、連絡先、その他の機能と統合されています。 設定を使用して、予定表の既定の外観とその他の設定を変更します。

新しい Outlook on the web での手順

注: 手順が表示されない場合は、古いバージョンの Outlook on the webを使用している可能性があります。 従来のOutlook on the web 用の手順を試してみてください。

予定表の設定

  1. Outlook on the webで、予定表アイコンを選択します。

  2. ページの上部にある [ 設定 設定] を選択して、[設定] ウィンドウを開きます。 [設定] ウィンドウで、タイムゾーン、日付の形式、時刻の形式、週の最初の曜日を変更することができます。

  3. 別の設定を変更する場合は、検索バーを使用して、必要なものをすばやく見つけるか、[すべての Outlook 設定を表示] を選択します。

個人用設定を使用して、予定表の外観をカスタマイズします。

設定

説明

週の最初の曜日を次のように表示します

ここで選択した曜日は、週ビューの中で週の最初の曜日として表示されます。

[時間の表示間隔]

予定表で表示される時間の表示間隔を設定します。 オプション ボタンを使って 15 分間隔または 30 分間隔を選びます。

稼働日を次のように表示します

予定表で稼働日ビューを選択したときに表示される曜日を選びます。

業務時間

非稼働時間は、予定表の残りの部分よりも濃い色で表示されます。 スケジュール アシスタントを使用している場合は、各出席者の稼働時間は、会議時間の候補が考慮されます。

週番号を表示します

これを選択すると、Month ビューで予定表を表示した場合に週番号が表示されます。

次を年の最初の週として開始

月単位の表示に週番号を表示する を有効にしている場合は、番号付けを開始する場所:年の最初の日、年の最初の 4 日間の週、または、または最初の1週間を選択することができます。

誕生日の予定表をオンにする

連絡先の誕生日を表示する予定表を追加するには、これを選択します。

イベントと招待状を使って、イベントが作成されたときの既定値と、会議の出席依頼、返信、および通知の処理方法を制御します。

設定

説明

[アラームの既定値]

イベント発生のどれくらい前に既定のアラームを表示させるかを設定するには、この設定を使います。

[更新された招待と返信を削除する]

このチェックボックスをオンにすると、受信トレイからの会議出席依頼と返信が自動的に削除されます。 予定表アイテムは予定表に残ります。

[転送された会議出席依頼に関する通知を削除する]

このチェック ボックスをオンにすると、会議出席依頼の転送通知が [削除済みアイテム] に自動的に入れられます。 既定では、主催する会議出席依頼が、会議出席者の 1 人によって新しい受信者に転送された場合に、これらの通知を受信します。 このオプションを選択しても、会議出席依頼に対する応答の処理に影響はありません。

天気予報を使って天気をカスタマイズします。 天気の場所を変更する機能は、新しい Outlook on the web ではまだ利用できません。

設定

説明

天気予報を表示する

天気を表示  または 天気を非表示にする オプションのいずれかを選択します。

温度スケールの選択

使用する温度スケールとして華氏または摂氏のいずれかを選択します。

表示する場所を選択する

予定表に表示する場所を選択します。 最大5つの場所を追加できます。

メール設定のイベントを使用して、メールから予定表にイベントを追加する方法を制御します。

設定

説明

メールから自分の予定表にイベントを自動的に追加する

メールで検出されたイベントを予定表に自動的に追加するには、このチェックボックスをオンにします。

イベントを非公開としてマークする事により、自分がイベントをみることができるようにする。

イベントを非公開として自動的にマークするには、このチェックボックスをオンにします。

メールから自分の予定表にこれらのイベントを追加する

メールから予定表に追加するイベントの種類ごとにチェックボックスを選びます。

共有の予定表を使用して、特定のユーザーと予定表を共有したり、リンクを設定したユーザーの予定表を公開して、共有予定表を表示したり、管理したりします。

設定

説明

予定表を共有する

共有する予定表を選択します。

予定表を公開する

公開する予定表を選択し、共有する詳細を選択します。

従来の Outlook on the web 用の手順

予定表の設定

  1. Outlook on the webで、予定表アイコンを選択します。

  2. ページの上部で、[設定]、[予定表設定 ] 設定 の順に選択します。

個人用の個人設定を使用して、予定表の外観をカスタマイズし、天気予報や地域イベントを表示または非表示にすることができます。

予定表の外観を管理するには、[予定表のデザイン] 設定を使います。

設定

説明

[稼働日を次のように表示する]

予定表で [稼働日] ビューを選択したときに表示される曜日を選びます。

[稼働時間の設定]

非稼働時間は、予定表の残りの部分よりも濃い色で表示されます。 スケジュール アシスタントを使用している場合は、各出席者の稼働時間は、会議時間の候補が考慮されます。

[月単位の表示に週番号を表示する]

これを選択すると、[] ビューで予定表を表示した場合に週番号が表示されます。

[次を年の最初の週として開始]

月単位の表示に週番号を表示する を有効にしている場合は、番号付けを開始する場所:年の最初の日、年の最初の 4 日間の週、または、または最初の1週間を選択することができます。

[次を週の最初の曜日として表示]

ここで選択した曜日は、[] ビューの中で週の最初の曜日として表示されます。

既定の会議の長さ (分)

15 分単位から会議の既定の期間を設定するか、またはユーザー設定の長さを作成します。

[時間の表示間隔]

予定表で表示される時間の表示間隔を設定します。 オプション ボタンを使って 15 分間隔または 30 分間隔を選びます。

[予定表を表示する色]

予定表の色として [明るい色] または [淡い色] を選びます。

[天気予報] と [ローカル イベント] の設定を使用して、選択した場所に合わせて情報を追加します。

設定

説明

天気

天気を表示  または 天気を非表示にする オプションのいずれかを選択します。

使用する温度スケールの 華氏 または 摂氏 オプションのいずれかを選択します。

予定表に表示する場所を選択します。

天気も確認したい場合は、 別の場所を追加する を選びます。

ローカルイベント

予定表のローカルイベントを表示または非表示にする場合に選択します。

ローカルイベントの表示 または ローカルイベントの非表示 オプションのいずれかを選びます。

現在の場所を使用する を選択するかまたは 都市を選択 を選んで場所を入力します。

自動処理 設定を使用して、予定表にイベントを追加する方法と、会議の出席依頼、返信、通知を処理する方法を制御します。

を使用して、Eメールからのイベント のセッティングでメールから予定表にイベントを追加する方法を制御します。

設定

説明

Eメールから私の予定表にイベントを加えないでください。

メールで検出されたイベントが予定表に追加されないようにするには、このチェックボックスをオンにします。

メールから自分の予定表にイベントを自動的に追加する

メールで検出されたイベントを予定表に自動的に追加するには、このチェックボックスをオンにします。

メールから自分の予定表にこれらのイベントを追加する

メールから予定表に追加したいイベントの種類ごとにチェックボックスを選択します。

イベントを非公開としてマークする事により、自分がイベントをみることができるようにする。

イベントを非公開として自動的にマークするには、このチェックボックスをオンにします。

タイムゾーンを更新する

予定表で使用されるタイムゾーンを変更するには、このオプションを選択します。

を使用して、出席依頼 の 設定を使うと、会議の出席依頼、返答、通知を処理する方法を管理できます。

設定

説明

[更新された招待と返信を削除する]

このチェックボックスをオンにすると、受信トレイからの会議出席依頼と返信が自動的に削除されます。 予定表アイテムは予定表に残ります。

[転送された会議出席依頼に関する通知を削除する]

このチェック ボックスをオンにすると、会議出席依頼の転送通知が [削除済みアイテム] に自動的に入れられます。 既定では、主催する会議出席依頼が、会議出席者の 1 人によって新しい受信者に転送された場合に、これらの通知を受信します。 このオプションを選択しても、会議出席依頼に対する応答の処理に影響はありません。

通知の設定を使用して、アラームを設定したり、携帯電話に通知を送信したり、予定表イベントの議題を受け取ったりすることができます。

[アラーム] 設定では、予定表の項目に対する既定のアラームを変更します。 既定では、アラームは項目の予定時刻の 15 分前にオンになるように設定されています。

設定

説明

[アラーム機能を有効にする]

予定表の項目に対してアラームを表示するには、このチェック ボックスをオンにします。

[アラームを音で知らせる]

アラームを音で知らせるには、このチェック ボックスをオンにします。

[アラームの既定値]

イベント発生のどれくらい前に既定のアラームを表示させるかを設定するには、この設定を使います。

[1 日の予定表と仕事の項目をメールで取得する]

このオプションを選択すると、予定表のイベントと割り当てられているタスクに基づいて、その日の議題が一覧表示された毎日のメールが届きます。

次に、毎日の議題に含める予定表ごとにチェック ボックスをオンにします。

イベントやタスクがない日に議題を送信しない

このオプションをオンにすると、イベントまたはタスクが期限がない日に、日常的な議題のメールを受信できなくなります。

タイムゾーンを更新する

予定表で使用するタイム ゾーンを変更する場合は、このリンクを選択します。

天気予報の設定を更新する

予定表に表示される気象情報の設定を変更する場合は、このリンクを選択します。

テキスト メッセージ通知の設定を使用して、予定表イベントに関する通知を携帯電話にテキスト メッセージとして送信します。

設定

説明

次の日数以内に発生したイベントの変更に関する通知

このチェック ボックスをオンにすると、指定した日数以内に発生したイベントに対する変更について、電話に送信された通知を受け取ることができます。

他のタイミングで通知が送信されないようにするには、作業時間内にのみチェック ボックスをオンにします。

イベント アラームの通知

イベント アラームの通知を受信するには、このチェック ボックスをオンにします。

他のタイミングで通知が送信されないようにするには、作業時間内にのみチェック ボックスをオンにします。

[日次予定表の項目]

このチェック ボックスをオンにし、毎日の予定表の議題を送信する時間を指定します。

通知を設定する

このリンクを選択して、以前に実行していない場合は、アカウントのテキストメッセージを設定します。 (テキストメッセージの通知オプションは、テキストメッセージを設定するまで無効になります)。

[予定一覧メール] 設定を使用して、予定表のイベントとタスクを示す予定一覧を、毎日メールで受信するかどうかを選択します。

設定

説明

毎日の予定一覧を送信しない

このオプションを選択すると、予定一覧が表示されたメールを毎日受信しません。

予定一覧を毎日送信する

このオプションを選択すると、予定表のイベントと割り当てられているタスクに基づいて、その日の議題が一覧表示された毎日のメールが届きます。

次に、毎日の議題に含める予定表ごとにチェック ボックスをオンにします。

タイムゾーンを更新する

予定表で使用するタイム ゾーンを変更する場合は、このリンクを選択します。

天気予報の設定を更新する

予定表に表示される気象情報の設定を変更する場合は、このリンクを選択します。

[予定表の公開] オプションを使用して自分の予定表へのリンクを作成することで、他の人と共有できます。 たとえば、リンクを Web ページに投稿できたり、またはソーシャル グループで共有できます。

設定

説明

[予定表の選択]

共有したい予定表を選びます。

[アクセス許可の選択]

他のユーザーに対して、連絡可能な時間のみ、部分的に、または予定表全体を公開するのかを選べます。

誕生日の予定表には、連絡先リストの既知の誕生日が自動的に入力されます。 また、いつでも誕生日を追加できます。

設定

説明

[誕生日の予定表をオンにする]

誕生日の予定表が追加され、連絡先の誕生日が自動入力されます。 [連絡先] のオプションでソーシャル ネットワークに接続すると、該当する連絡先の誕生日もこの予定表に自動的に表示されます。

[誕生日の予定表をオフにする]

誕生日の予定表を非表示にします。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×