Windows Phone 用の Yammer アプリにサインインしようとすると、"このページを表示するときに問題が発生しました" というエラーが表示される

問題

たとえば次のようなシナリオを考えてみます。

  • Yammer シングルサインオン (SSO) プロセスまたは Microsoft 365 を使って、Yammer にサインインします。

  • SSO は Microsoft 365と共に使用します。

  • Active Directory フェデレーションサービス (AD FS) を Id プロバイダー (IdP) として使用します。

  • 内部ユーザーに Windows 統合認証を使用するように AD FS を構成します。

このシナリオでは、Windows Phone 用の Yammer アプリにサインインしようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。

  • このページを表示するときに問題が発生しています。

解決策

この問題を解決するには、次の認証方法のいずれかを使用して、Windows Phone 用の Yammer アプリにアクセスします。

AD FS でのフォームベースの認証

通常、AD FS と AD FS プロキシを設定する場合は、外部ユーザーに対してフォームベースの認証を使うことができます。 外部の場所 (自宅など) からサインインしようとしているユーザーは、企業ネットワークにはありません。 AD FS は、フォームベースの認証を使用して、ユーザーにサインインします。  

会社のワイヤレスネットワークに接続している間にサインインしようとしているユーザーは、携帯電話のデータ接続を使用するか、企業以外のワイヤレス接続に接続できます。 こうすることで、ユーザーは外部ユーザーとして識別され、サインインするためのフォームベース認証にリダイレクトされます。

一時パスワード

AD FS と共に Windows 統合認証のみを使用しているユーザーは、サインインするために一時パスワードを取得することができます。 一時的なパスワードを取得するには、 Yammer ディレクトリ同期ツールの [予期しないログインエラー] エラーの "解決策" セクションに記載されている手順に従ってください。

詳細情報

この問題は、Windows Phone 用の Yammer アプリでは、Windows 統合認証がサポートされていないために発生します。 Windows Phone 用の Yammer アプリへのサインインを試みるユーザーは、社内のワイヤレスネットワークに接続され、内部ユーザーとして識別されます。 AD FS は、Windows 統合認証を使用してユーザーにサインインしようとします。 

ユーザーが Windows Phone 用の Yammer アプリにサインインすると、そのアカウントのトークンが発行されます。 トークンは、ユーザーが Yammer でアクティブになっているときに使用できます。 これは、ユーザーが Windows Phone 用の Yammer アプリを開くたびに認証する必要がないことを意味します。  


さらにヘルプが必要な場合 Microsoft コミュニティに移動します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×