キー ヒントのキーボード ショートカット

Alt キーを押すと、タブまたはクイック アクセス ボタンによって、文字またはキー ヒントがリボンに表示されます。

Word のキー ヒントのヒント

この表のキーボード ショートカットを使用して、リボン タブをアクティブ化できます。 選択するタブによっては、追加の KeyTip が表示される場合があります。

目的

キー

[ファイル] ページを開く。

Alt + F

[ホーム] タブを開く。

Alt + H

[挿入] タブを開く。

Alt + N

[デザイン] タブを開く。

Alt + G

[レイアウト] タブを開きます。

Alt キー + P

[参照] タブを開きます。

Alt + S

[郵送] タブを開きます。

Alt キー + M

[校閲] タブを開く。

Alt + R

[表示] タブを開く。

Alt + W

[開発] ボックスを開きます。

Alt + L

[ヘルプ] ボックスを開きます。

Alt + Y2 または F1 キーを押し、検索用語を入力します。

[操作アシスト] ボックスを開く。

Alt + Q を押してから、検索語句を入力

Tab キーを使用して、一部のタブのメニュー オプション間を移動し、Space キーまたは Enter キーを押して選択します。

マウスを使用せずにキーボードのフォーカスを移動する

マウスを使わずに、キーボードのフォーカスを移動する方法は、以下のとおりです。

目的

キー

アクティブ タブを選んで、アクセス キーを表示する。

Alt または F10。 Office ファイルに戻って、アクセス キーを取り消すには、いずれかのキーをもう一度押す。

別のタブに移動する。

Alt キーまたは F10 キーを押して、アクティブ タブを選んでから、← キーまたは → キーを押す。

アクティブなタブの別のグループに移動します。

Alt または F10 キーを押してアクティブ タブを選んでから、Ctrl + →または←キーを押してグループ間を移動する。

リボンを最小化する (閉じる) か復元する。

Ctrl + F1

選択した項目のショートカット メニューを表示する。

Shift + F10

フォーカスを移動して、アクティブなタブ、Word 文書、作業ウィンドウ、またはステータス バーを選択します。

F6

リボンのコマンドごとに前後にフォーカスを移動する。

Alt または F10 キーを押してから、Tab キーまたは Shift + Tab キー

リボンのアイテム間で、上下左右方向に移動する。

↓、↑、←、または→

リボンで選んだコマンドやコントロールに移動する。

Space または Enter

リボンで選んだメニューやギャラリーを開く。

Space または Enter

リボンのコマンドやオプションを変更するために移動する。

Enter

リボンでコマンドやオプションの値の変更を終えて、Office ファイルにフォーカスを戻す。

Enter

リボン上で選択したコマンドまたはコントロールのヘルプを表示する。 (ヘルプ記事が利用できない場合は、ヘルプを検索できます)。

F1

文書を保存または名前を変更する

次のキー ヒントを使用して、文書を保存または名前を変更します。

目的

キー

自動保存のオンとオフを切り替える

Alt + ZA

文書を保存します。

Alt + ZV

ダイアログ ボックスを開き、文書の名前を変更するか、別の場所に保存します。

Alt + B                                                                                                       

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×