Word でスクリーン リーダーを使用してテキスト ボックスと画像を選択して読み上げる

Word でスクリーン リーダーを使用してテキスト ボックスと画像を選択して読み上げる

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Word では、キーボードとスクリーンリーダーを使用して、 Word 文書内の画像、図形、テキストボックスを選択して読み上げることができます。 ここでは、ナレーター、JAWS、および NVDA でテストしていますが、他のスクリーンリーダーと共に使用できるのは、一般的なアクセシビリティ標準と手法に準拠しているためです。

Wordの [選択] ウィンドウを使用すると、ドキュメント内のすべての画像、図形、およびテキストボックスを一覧として表示できます。 スクリーンリーダーを使用してリストを閲覧したり、リスト項目を選択して、代替テキストの表示や編集を行うことができます。

注: 

この記事の内容

テキスト ボックス内のテキストへのアクセス

スクリーンリーダーは本文を読み上げるときに、文書のテキストレイヤーの上にあるテキストボックスを検索することはできません。 テキスト ボックス内のテキストにアクセスするには、[選択] ウィンドウを使用します。

  1. 文書内で、Alt キーを押しながら H キーを押して、[ホーム] タブを開きます。

  2. [選択] ウィンドウを開くには、「SL」と入力して、「すべて表示ボタン」と読み上げます。 リストには、テキストボックス、画像、および図形が表示されます。

    注: 文書に複数のページがある場合、[選択] ウィンドウには、現在のページのアイテムのみが一覧表示されます。

  3. 方向キーを使用して、一覧を上下に移動します。 一覧の項目間を移動するたびにナレーターが項目を読み上げます。

  4. テキスト ボックスを選択するには、Space キーを押します。

  5. コンテキスト メニューを開くには、Shift + F10 キーを押します。 "切り取りメニュー項目" と読み上げられます。

  6. ナレーターで、方向キーを使用して [テキストの編集] 項目に移動し、Enter キーを押します。 任意のキーを押して、カーソルをテキスト ボックス内に置きます。

    JAWS では、最初に文書のテキストをテキストボックスの行内に配置する必要があります。 テキスト ボックス内に行を収めるには、[左右の​​折り返し] に移動し、右方向キーまたは左方向キーを使用して [行内] に進み、Enter キーを押します。 Esc キーを押して、文書の本文に戻ります。

  7. これで、ナレーターは、テキスト ボックス内のテキストを読み取ることができるようになります。 読み上げを開始するには、SR + M キーを押します。 後で文書の本文に戻るには、Esc キーを 2 回押します。

    テキスト ボックスの内容を JAWS で読み上げるには、Alt キーを押しながらテンキーの 5 キーを押します。

[選択] ウィンドウを使用して画像にアクセスする

インライン画像ではない画像は、スクリーンリーダーにアクセスできない場合があります。 文書内のすべての画像にアクセスするには、[選択] ウィンドウを使用します。

  1. 文書内で、Alt キーを押しながら H キーを押して、[ホーム] タブを開きます。

  2. [オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを開くには、「SL」と入力して、P を入力します。画像、図形、およびテキストボックスが一覧に表示されます。

    注: 文書に複数のページがある場合、[選択] ウィンドウには、現在のページのアイテムのみが一覧表示されます。

  3. 方向キーを使用して、一覧を上下に移動します。 一覧の項目間を移動するたびにナレーターが項目を読み上げます。

  4. 画像を選択して、Space キーを押します。

  5. 文書の本文に戻るには、Esc キーを押します。 ナレーターが文書のファイル名を読み上げます。

  6. これでナレーターは、画像の代替テキストが存在する場合にそれを読み取ることができます。 読み上げを開始するには、SR + Ctrl + R キーを押します。

    JAWS では、Ctrl キーを押しながらテンキーの 5 キーを押します。

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを使用せずにオブジェクトにアクセスする

選択ウィンドウを使用しなくても、浮動オブジェクトの間でフォーカスをすばやく移動することができます。

  1. 文書内の最初の浮動オブジェクトにフォーカスを移動するには、Ctrl + Alt + 5 キーを押します。

  2. Tab キーを押して、文書内の浮動オブジェクトを順に移動します。

  3. 標準のナビゲーションに戻るには、Esc キーを押します。

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを使用しないでインラインオブジェクトにアクセスする

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを使用することなく、文書を読むときにインラインオブジェクトを操作することができます。

  1. ドキュメントの読み上げ時に、オブジェクトがナレーターによって読み上げられます。 オブジェクトを停止するには、Ctrl キーを押します。

    ヒント: 適切な場所ではなく、文書内で一度に1単語分戻るか、または転送する必要がある場合は、左方向キーまたは右方向キーを押して、目的のオブジェクトをナレーターが読み上げるようにします。

  2. オブジェクトを選択するには、Shift キーを押しながら右方向キーを押します。

  3. これで、オブジェクトを操作できるようになりました。 たとえば、コンテキストメニューを開くには、Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Word のキーボードショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

Word 2016 for Mac では、キーボードと、Mac OS の組み込みスクリーンリーダーである VoiceOver を使用して、 Word 2016 for Mac 文書内の画像、図形、テキストボックスを選択して読み上げることができます。

Word 2016 for Macの [選択] ウィンドウを使用すると、ドキュメント内のすべての画像、図形、およびテキストボックスを一覧として表示できます。 VoiceOver を使用してリストを表示し、[リスト項目] を選択して、代替テキストの閲覧や編集を行うことができます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 文書の閲覧と編集は印刷レイアウト表示で行うことをお勧めします。 他の表示モードでは、VoiceOver が安定して動作しない可能性があります。

トピック

テキスト ボックス内のテキストへのアクセス

テキストボックスが文書のテキストレイヤーの上に表示されている場合、VoiceOver では本文のテキストが読み上げられないため、テキストボックスが見つかりません。 テキストボックス内のテキストにアクセスするには、[オブジェクトの選択と表示]ウィンドウを使用します。

  1. 文書内で、<"現在のタブ>、選択、タブ" と読み上げられるまで F6 キーを押し、次に "レイアウト、タブ" と読み上げられるまで右方向キーを押します。 Ctrl + Option + Space キーを押して、[レイアウト] タブを開きます。

  2. [選択]ウィンドウを開くには、"選択ウィンドウ、オフになっているチェックボックス" と読み上げられるまで tab キーを押し、読み上げられたら Ctrl + Option + space キーを押します。 VoiceOver は、"チェック、選択ウィンドウ、チェックボックス" と読み上げます。 リストにテキストボックス、画像、図形が表示されます。

    注: 文書内に区切り (ページやセクション区切りなど) が含まれている場合、選択ウィンドウには、次の区切りまでのアイテムのみが一覧表示されます。

  3. "表" と一覧の最初の項目が読み上げられるまで、Tab キーを押します。

  4. 上下の方向キーを使用して、一覧を上下に移動します。 VoiceOver で、移動中にリスト項目が読み上げられます。 テキストボックスは、"テキストボックス <番号>" として表示されます。 VoiceOver にアクセスするアイテムが表示されたら、F6 キーを押して、によってアイテムが読み上げられるまで [テキストの編集]、[コンテンツの編集 <]、[テキスト>、現在はテキスト領域に表示されます] をクリックします。

  5. テキストを編集するには、Control + Option + Shift + 下方向キーを押して、目的のテキストを入力します。

  6. テキストを編集した後、次のいずれかの操作を行います。

    • [選択] ウィンドウに戻るには、"選択ウィンドウ、タブ" と読み上げられるまで F6 キーを押します。

    • 文書の本文に戻るには、Esc キーを押します。

[選択] ウィンドウを使用して画像にアクセスする

インライン画像ではない画像は、VoiceOver にアクセスできない可能性があります。 ドキュメント内のすべての画像にアクセスするには、[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを使用します。

  1. 文書内で、<"現在のタブ>、選択、タブ" と読み上げられるまで F6 キーを押し、次に "レイアウト、タブ" と読み上げられるまで右方向キーを押します。 Ctrl + Option + Space キーを押して、[レイアウト] タブを開きます。

  2. [選択]ウィンドウを開くには、"選択ウィンドウ、オフになっているチェックボックス" と読み上げられるまで tab キーを押し、読み上げられたら Ctrl + Option + space キーを押します。 VoiceOver では、"チェック、選択ウィンドウ、チェックボックス" と読み上げています。 リストにテキストボックス、画像、図形が表示されます。

  3. "表" と一覧の最初の項目が読み上げられるまで、Tab キーを押します。

  4. 上下の方向キーを使用して、一覧を上下に移動します。 VoiceOver で、移動中にリスト項目が読み上げられます。 画像は、"写真 <番号>" として発表されます。 VoiceOver にアクセスしたいアイテムが表示されたら、F6 キーを押します。 "<代替テキスト>、イメージ" として読み上げられます。

  5. コンテキストメニューを開き、画像を書式設定するオプションにアクセスするか、代替テキストを追加または変更するには、ctrl + Option + Shift + M キーを押します。 文書の本文に戻るには、Esc キーを押します。

[選択] ウィンドウを使用しないでインライン イメージにアクセスする

文書を読みながらインライン画像で作業する場合は、[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを開く必要はありません。

  1. ドキュメント内でカーソルを移動すると、VoiceOver によって画像が読み上げられます。 VoiceOver では、インライン画像が "<代替テキスト>、画像、行内にテキスト、レイアウトアイテムとして読み上げられます。"

  2. 画像を選択するには、Shift キーを押しながら右方向キーを押します。

  3. これで画像で作業できるようになります。 たとえば、コンテキストメニューを開くには、Control + Option + Shift + M キーを押します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Word のキーボードショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

IOS の組み込みスクリーンリーダーである VoiceOver を使用して、スマートフォン上の Word ドキュメント内のテキストボックスや画像に移動して読み上げることができます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

この記事の内容

テキストボックス内のテキストを読み上げる

テキストボックスは文書のテキストレイヤーの上に表示されますが、VoiceOver はページのテキストを読み上げるときにそれらをスキップしますが、個別に移動することはできます。

  1. スマートフォンで Word ドキュメントを開きます。 文書の本文のテキストが表示されるまで、右にスワイプします。 VoiceOver は、テキストの読み上げを開始します。

  2. VoiceOver がページの最後に到達したら、VoiceOver が最初のテキストボックスを読み上げるまで右にスワイプし、内容を読み上げます。

  3. ページ上の次のテキストボックスに移動するには、右にスワイプします。

    ページフッターを入力すると、ページ上のすべてのテキストボックスが既読になります。 次のページに移動するには、右にスワイプします。

テキスト内の画像にアクセスする

  1. スマートフォンで Word ドキュメントを開きます。 文書の本文のテキストが表示されるまで、右にスワイプします。 VoiceOver は、テキストの読み上げを開始します。

  2. VoiceOver がページの最後に到達したら、右にスワイプします。 VoiceOver によって、ページの最初の画像の代替テキストが読み上げられます。 画像に代替テキストが含まれていない場合は、"イメージ" と読み上げられます。

  3. ページ上の次の画像に移動するには、右にスワイプします。

    ページフッターを入力すると、ページ上のすべての画像に移動したことになります。 次のページに移動するには、右にスワイプします。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

Android の組み込みスクリーンリーダーである TalkBack を使用して、スマートフォン上の Word ドキュメント内のテキストボックスや画像に移動して読み上げることができます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

この記事の内容

テキストボックス内のテキストを読み上げる

  1. スマートフォンで Word ドキュメントを開きます。 TalkBack が1段落ずつ文書のテキストを読み上げるまで、右にスワイプします。

  2. 次の段落に移動するには、右にスワイプします。 "四角形、テキストボックス" という音声が聞こえたら、文書内のテキストボックスに到達しています。 TalkBack は、テキストボックスの内容を読み上げます。 完了したら、右にスワイプして文書の閲覧を続行するか、次のテキストボックスに移動します。

テキスト内の画像にアクセスする

  1. スマートフォンで Word ドキュメントを開きます。 TalkBack が1段落ずつ文書のテキストを読み上げるまで、右にスワイプします。

  2. 次の段落に移動するには、右にスワイプします。 画像に到達すると、TalkBack によって画像の代替テキストが読み上げられ、その後に "画像" と読み上げられます。 画像に代替テキストが含まれていない場合は、"画像" と読み上げられます。 完了したら、右にスワイプして文書の閲覧を続行するか、次の画像に移動します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

Word Mobile では、Windows の組み込みスクリーンリーダーであるナレーターを使用して、 Word 文書内のテキストボックスを選択して読み上げることができます。

注: 

テキストボックス内のテキストを読み上げる

テキストボックスは文書のテキストレイヤーの上に表示されますが、本文のテキストを読むときには読み上げられないため、別の場所に移動することができます。

  1. "項目" と読み上げられるまで、1本の指で上または下にスワイプします。

  2. "Rectangle" と読み上げられるまで右にスワイプします。

  3. ナレーターでは、テキストボックスの内容を読み上げることができます。 読み上げを開始するには、3本の指で下方向にスワイプします。 次のテキストボックスに移動するには、右にスワイプします。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

Web 用 Word では、キーボードとスクリーンリーダーを使って Word 文書内の画像を選択して読み上げることができます。 ここでは、ナレーター、JAWS、および NVDA でテストしていますが、他のスクリーンリーダーと共に使用できるのは、一般的なアクセシビリティ標準と手法に準拠しているためです。

注: 

  • Windows 10 Fall Creators Update でナレーターを使用する場合、Web 用 Office でドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを編集するには、スキャン モードをオフにする必要があります。 詳細については、「Turn off virtual or browse mode in screen readers in Windows 10 Fall Creators Update」 (Windows 10 Fall Creators Update のスクリーン リーダーで仮想モードまたはブラウズ モードをオフにする) を参照してください。

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • Web 用 Word を使用する場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。 Web 用 Word は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 キー (ヘルプ) や Ctrl + O キー (開く) のような共通のショートカットは Web ブラウザーには適用されますが、Web 用 Word には適用されません。

インライン画像にアクセスする

  1. Web 用 Wordで文書を開いた後、ナレーターの連続読み取りモードを開始するには、SR + Ctrl + R キーを押します。 ナレーターは、ドキュメントの読み上げ時にすべての画像を読み上げます。 画像で停止するには、Ctrl キーを押します。

    注: 適切なスポットを逃してしまって、文書を一度に1つずつ移動する必要がある場合は、スクリーンリーダーが画像を読み上げるまで左方向キーまたは右方向キーを押します。

  2. 画像を選択するには、Enter キーを押します。

  3. これで画像で作業できるようになります。 たとえば、図ツールにアクセスするには、Alt キーを押しながら Windows ロゴキーを押し、"[図ツール]、[未選択]、[書式] タブ項目" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押して [書式] タブを開きます。

  4. サイズ、スタイル、代替テキストなどの画像設定を調整できます。 目的の設定の名前が読み上げられるまで Tab キーを押し、読み上げられたら enter キーを押します。

関連項目

Word でスクリーンリーダーを使用して図または画像を挿入する

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Word のキーボードショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×