Word でフィールドを挿入、編集、表示する

フィールドコードは、文書内で変更される可能性のあるデータのプレースホルダーとして役立ちます。また、これらを使用して、文書の特定の側面を自動化することもできます。 フィールドコードは、ページ番号や目次などの Word 機能を使用する場合に挿入されますが、計算を実行したり、データソースから文書の内容を入力したりするなど、他のタスクに対して手動でフィールドコードを挿入することができます。

次の手順では、Word にフィールド コードを挿入する方法について説明します。 すべてのフィールド コード一覧とその詳細情報については、「Word のフィールド コードの一覧」を参照してください。

  1. フィールドを挿入する位置をクリックします。

    ヒント: 挿入するフィールドのフィールドコードがわかっている場合は、文書に直接入力することはできますが、角かっこの文字を入力することはできません。 Ctrl キーを押しながら F9 キーを押し、角かっこ内にコードを入力します。

  2. [挿入]、[クイック パーツ]、[フィールド] の順にクリックします。
    [クイック パーツ] メニューの [フィールドの挿入] オプション

  3. [フィールドの名前] ボックスの一覧で、フィールド名を選びます。

    ヒント: [分類項目] リストの下矢印をクリックして、リストをフィルター処理できます。


    [フィールド] ダイアログ ボックス

  4. フィールド プロパティで、目的のプロパティまたはオプションを選び、[OK] をクリックします。

注: 

  • [フィールド] ボックスで目的のコードを見つけるには、[フィールド コード] をクリックします。 一部のフィールドについては、このボタンは最初からクリックされた状態になっています。

  • フィールドを別のフィールドの中に入れ子にするには、コンテナーとなる外側のフィールドを最初に挿入します (前に示した手順の 1 ~ 4)。 次に、フィールド コード内で内側のフィールドを挿入する位置にカーソルを置き、前の手順 2 ~ 4 を繰り返します。

  1. フィールドを右クリックし、[フィールドの編集] をクリックします。

  2. フィールド プロパティとフィールド オプションを変更します。 特定のフィールドで使用できるプロパティとオプションの詳細については、「 Word のフィールドコードの一覧」を参照してください。

    注: 

    • 一部のフィールドでは、フィールドコードを表示してフィールドを編集する必要があります。 Alt キーを押しながら F9 キーを押します。

    • 一部のフィールドは、[フィールド] ダイアログ ボックスではなく独自のダイアログ ボックスで編集します。 たとえば、ハイパーリンクを右クリックして [ハイパーリンクの編集] をクリックすると、[ハイパーリンクの編集] ダイアログボックスが開きます。

Alt キーを押しながら F9 キーを押して、フィールドコードの表示と文書内のフィールドの実行結果の表示を切り替えます。 フィールドコードを表示すると、次のような構文が表示されます。

{ フィールド名 プロパティ オプションのスイッチ }

  • フィールド名     これは、[フィールド] ダイアログ ボックスのフィールド名の一覧に表示される名前です。

  • 命令     これは特定のフィールドで使用される命令または変数です。 すべてのフィールドに手順があります。 [フィールド] ダイアログボックスで、[フィールドプロパティ] として表示されます。

  • フィールド固有のスイッチ    これらの設定は、特定のフィールドでオフにしてオンにすることができます。 すべてのフィールドにスイッチがあるわけではありません。 [フィールド] ダイアログボックスで、[フィールドオプション] の一覧が表示されます。

  • 一般的なスイッチ   テキストの大文字と小文字の区別など、フィールドの実行結果の形式を制御する設定です。 [フィールド] ダイアログボックスには、これらのオプションが表示されます。 詳細については、「フィールドの結果の書式設定」を参照してください。

特定のフィールドの構文については、「 Word のフィールドコードの一覧」を参照してください。

セキュリティ メモ: フィールド コードは文書を読んでいるすべてのユーザーが表示できるため、フィールド コードに配置する情報には、秘密にしたい情報が含まれていないことを確認してください。

既定では、フィールドの実行結果は文書の内容と共にシームレスに表示されるので、文書の読者には内容の一部がフィールドであることはわかりません。 ただし、フィールドを網かけ表示にして、文書内で識別できるようにすることもできます。

  1. [ファイル] メニューの [オプション]をクリックします。 (Word 2007 では、[ Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[ Word のオプション] をクリックします)。

  2. [詳細設定] をクリックします。

  3. [構成内容の表示] の [フィールドの網かけ表示] ボックスの一覧で、次のいずれかの操作を行います。

    • フィールドが文書の他の内容と区別して表示されるようにするには、[表示する] をクリックします。

    • フィールドが文書の内容と一体化して表示されるようにするには、[表示しない] をクリックします。

    • Word のユーザーがフィールド内をクリックしたことを認識できるようにするには、[選択時のみ表示する] をクリックします。

      フィールドの網かけオプションが [選択時のみ表示する] に設定されている場合、フィールド内をクリックするとフィールドには灰色の背景が表示されます。 ただし、灰色の網かけはフィールドが選択されていることを示しているわけではありません。 フィールドをダブルクリックするか、またはマウスでドラッグしてフィールドを選ぶと、灰色の網かけに選択を示す強調表示が追加されます。

既定では、文書を開いたときに自動的にフィールドが更新されます。 これによって、情報が最新の状態に保たれます。 ただし、この動作が必要ではない場合もあります。 たとえば、ヘッダーに表示される日付が文書を開くたびに現在の日付に自動的に更新されるのではなく、特定の日付を表示することができます。

フィールドは、フィールドを右クリックし、[フィールド更新] をクリックするか、フィールドをクリックし、F9 キーを押して更新することもできます。

文書の本文のすべてのフィールドを手動で更新するには、Ctrl キーを押しながら A キーを押し、F9 キーを押します。 ヘッダー、フッター、またはテキスト ボックス内のフィールドは、個別に更新する必要があります。 ヘッダー、フッター、またはテキストボックス内をクリックして、Ctrl キーを押しながら A キーを押し、F9 キーを押します。

フィールドをロックして、フィールドが自動更新または誤って更新されないようにすることができます。

特定のフィールドをロックまたはロック解除する

次のいずれかの操作を実行します。

  • フィールドをロックしてフィールドの実行結果が更新されないようにするには、フィールドをクリックし、Ctrl キーを押しながら F11 キーを押します。

  • フィールドのロックを解除してフィールドの実行結果を更新できるようにするには、フィールドをクリックし、Ctrl キーと Shift キーを押しながら F11 キーを押します。

BOOKMARK、INCLUDETEXT、および REF フィールドの実行結果をロックする

ロック結果 (\!) フィールドの切り替えにより、ブックマーク、INCLUDETEXT、または REF フィールドが、元の場所のフィールドの結果が変更されていない限り、フィールドが更新されないようになります。 このスイッチがないと、BOOKMARK、INCLUDETEXT、または REF フィールドが更新されるたびに、フィールドの実行結果に含まれているフィールドが自動的に更新されます。

たとえば、{ INCLUDETEXT C:\\Sales\Qtr4 Sales.doc \! } というフィールドで "Qtr4 Sales.doc" という文書の内容が挿入され、この文書に DATE フィールドと EMBED フィールドが含まれているとします。 INCLUDETEXT フィールドを更新しても、元の文書 ("Qtr4 Sales.doc") で DATE フィールドと EMBED フィールドが更新されていない限り、\! スイッチにより、文書中に含まれている DATE フィールドは更新されません。 この結果、INCLUDETEXT フィールドで挿入した内容と、本来の文書の内容が確実に一致します。

DATE フィールドと EMBED フィールドを両方の文書で更新するには、まず元の文書 ("Qtr4 Sales.doc") でフィールドを更新し、次に作業中の文書の INCLUDETEXT フィールドを更新します。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×