Word の競合解決モード

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

Microsoft Office 2010 の新しい共同編集機能を使用すると、複数のユーザーが同じドキュメントを intruding て、互いに作業をしたり、ロックしたりする必要がなくなります。

この新しい共同編集機能は、Microsoft PowerPoint 2010 および Microsoft Word 2010 ドキュメント (SharePoint Server 2010) で使用できます。  新しい共同編集機能は、Excel Web App と OneNote Web App でもサポートされています。

複数のユーザーが同時に文書を操作している場合、互いに競合する変更が加えられる可能性があります。 競合は、ある人がオフラインで作業してからその文書をサーバーに保存するときにも発生する可能性があります。 競合は、2人のユーザーが同じ文書で同時に作業しているときにも発生します。

編集の競合が発生した場合、次回文書を保存したときに、Word によって通知が表示されます。 ドキュメントをサーバーに保存するには、その前に競合を解決する必要があります。

注: 文書内のすべての変更は、文書に競合が含まれている場合でも、コンピューターに保存されます。 ただし、競合が解決されるまで、変更はサーバーに保存されません。

競合が存在する場合は、次のようなメッセージが表示されます。

  • メッセージバー

  • ステータスバーの通知

  • Backstage ビューの通知

これらのエントリポイントのいずれかをクリックして競合の解決モードで作業し、競合しているすべての変更を解決することができます。 競合の解決モードでは、[解決] ウィンドウに競合の一覧が表示され、リボンに [競合] タブが表示されます。

ウィンドウ内の競合している変更箇所をクリックすると、文書の競合部分が強調表示されます。 加えた競合する変更は、ピンクとしてマークされます。

[競合] タブで [承諾] をクリックして変更を保持するか、[元に戻す] をクリックして変更を削除します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×