Word を使用して OpenDocument テキスト (.odt) 形式の文書を開く、または保存する

一部のワープロアプリケーションで使用されている OpenDocument テキスト (odt) ファイル形式でファイルを開いたり保存したりすることができます。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードしてください。最新の機能と更新された機能をどこでもご利用いただけます。

今すぐアップグレード

OpenDocument テキスト ファイルを Word で開く

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [開く] をクリックします。

  3. [参照] をクリックします。

  4. OpenDocument 形式で保存されているファイルのみを表示するには、[ファイル名] ボックスの横にあるファイルの種類の一覧をクリックし、[ opendocument テキスト] をクリックします。

  5. 開くファイルをクリックし、[開く] をクリックします。

    ヒント: ファイルを開くには、目的のファイルを見つけてそのファイルをダブルクリックする方法もあります。

注: OpenDocument テキスト ファイルを Word で開いた場合、そのファイルを作成した元のアプリケーションとは書式が異なる場合があります。 これは、OpenDocument 形式を使用するアプリケーション間に相違点があるためです。

ページの先頭へ

Word 文書を OpenDocument テキスト形式で保存する

重要: Word 形式のファイルを維持する必要がある場合は、最初に .docx ファイル形式などの Word 文書としてファイルを保存し、次に、OpenDocument テキスト (.odt) 形式で再度保存します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [参照] をクリックし、ファイルを保存する場所を選択します。

  4. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [OpenDocument テキスト] をクリックします。

  5. ファイルに名前を付けて保存します。

ページの先頭へ

OpenDocument 形式の詳細

文書を OpenDocument テキスト (.odt) 形式で開いたり保存したりすると、書式の一部が失われることがあります。 これは、OpenDocument テキスト アプリケーションと Word では、サポートされる機能およびオプション (書式など) が異なるためです。 OpenDocument テキスト形式と Word 形式の相違点の詳細については、「OpenDocument テキスト (.odt) 形式と Word (.docx) 形式の相違点」を参照してください。

ヒント

  • 他のユーザーにファイルを送信する前に、ファイルをいったん閉じてから開き直して、OpenDocument テキスト (.odt) 形式を使用した場合の表示を確認することをお勧めします。

  • Google Docs や OpenOffice.org の Writer などのワープロ アプリケーションと Word との間で文書を共有して共同作業する場合は、記述作業 (内容) と書式設定 (表示体裁) は別の作業として考えてください。 文字に書式を適用せずに記述作業をできるだけ完成させてから、書式設定を保存して完成させてください。 これにより、OpenDocument テキスト形式から Word 形式に (またはその逆に) 切り替えたときに書式が失われるのを最小限に抑えながら、記述作業に専念できます。

ページの先頭へ

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードしてください。最新の機能と更新された機能をどこでもご利用いただけます。

今すぐアップグレード

OpenDocument テキスト ファイルを Word で開く

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [開く] をクリックして、ファイルの場所をクリックします。たとえば、[コンピューター] をクリックします。

  3. [参照] をクリックします。

  4. OpenDocument 形式で保存されているファイルのみを表示するには、[ファイル名] ボックスの横にあるファイルの種類の一覧をクリックし、[ opendocument テキスト] をクリックします。

  5. 開くファイルをクリックし、[開く] をクリックします。

    ヒント: ファイルを開くには、目的のファイルを見つけてそのファイルをダブルクリックする方法もあります。

注: OpenDocument テキスト ファイルを Word で開いた場合、そのファイルを作成した元のアプリケーションとは書式が異なる場合があります。 これは、OpenDocument 形式を使用するアプリケーション間に相違点があるためです。

ページの先頭へ

Word 文書を OpenDocument テキスト形式で保存する

重要: Word 形式のファイルを維持する必要がある場合は、最初に .docx ファイル形式などの Word 文書としてファイルを保存し、次に、OpenDocument テキスト (.odt) 形式で再度保存します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [参照] をクリックし、ファイルを保存する場所を選択します。

  4. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [OpenDocument テキスト] をクリックします。

  5. ファイルに名前を付けて保存します。

ページの先頭へ

OpenDocument 形式の詳細

文書を OpenDocument テキスト (.odt) 形式で開いたり保存したりすると、書式の一部が失われることがあります。 これは、OpenDocument テキスト アプリケーションと Word では、サポートされる機能およびオプション (書式など) が異なるためです。 OpenDocument テキスト形式と Word 形式の相違点の詳細については、「OpenDocument テキスト (.odt) 形式と Word (.docx) 形式の相違点」を参照してください。

ヒント

  • 他のユーザーにファイルを送信する前に、ファイルをいったん閉じてから開き直して、OpenDocument テキスト (.odt) 形式を使用した場合の表示を確認することをお勧めします。

  • Google Docs や OpenOffice.org の Writer などのワープロ アプリケーションと Word との間で文書を共有して共同作業する場合は、記述作業 (内容) と書式設定 (表示体裁) は別の作業として考えてください。 文字に書式を適用せずに記述作業をできるだけ完成させてから、書式設定を保存して完成させてください。 これにより、OpenDocument テキスト形式から Word 形式に (またはその逆に) 切り替えたときに書式が失われるのを最小限に抑えながら、記述作業に専念できます。

ページの先頭へ

Office 2010 のサポートは 2020 年 10 月 13 日に終了しました

Microsoft 365 にアップグレードすると、あらゆるデバイスでどこでも作業を行うことができ、サポートを引き続き受けることができます。

今すぐアップグレード

OpenDocument テキスト ファイルを Word で開く

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [開く] をクリックします。

  3. OpenDocument 形式で保存されているファイルのみを表示するには、[ファイルの種類] ボックスの一覧の [ opendocument テキスト] をクリックします。

  4. 開くファイルをクリックし、[開く] をクリックします。

    ヒント: ファイルを開くには、目的のファイルを見つけてそのファイルをダブルクリックする方法もあります。

注: OpenDocument テキスト ファイルを Word で開いた場合、そのファイルを作成した元のアプリケーションとは書式が異なる場合があります。 これは、OpenDocument 形式を使用するアプリケーション間に相違点があるためです。

ページの先頭へ

Word 文書を OpenDocument テキスト形式で保存する

重要: Word 形式のファイルを維持する必要がある場合は、最初に .docx ファイル形式などの Word 文書としてファイルを保存し、次に、OpenDocument テキスト (.odt) 形式で再度保存します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [OpenDocument テキスト] をクリックします。

  4. ファイルに名前を付けて保存します。

ページの先頭へ

OpenDocument 形式の詳細

文書を OpenDocument テキスト (.odt) 形式で開いたり保存したりすると、書式の一部が失われることがあります。 これは、OpenDocument テキスト アプリケーションと Word では、サポートされる機能およびオプション (書式など) が異なるためです。 OpenDocument テキスト形式と Word 形式の相違点の詳細については、「OpenDocument テキスト (.odt) 形式と Word (.docx) 形式の相違点」を参照してください。

ヒント

  • 他のユーザーにファイルを送信する前に、ファイルをいったん閉じてから開き直して、OpenDocument テキスト (.odt) 形式を使用した場合の表示を確認することをお勧めします。

  • Google Docs や OpenOffice.org の Writer などのワープロ アプリケーションと Word との間で文書を共有して共同作業する場合は、記述作業 (内容) と書式設定 (表示体裁) は別の作業として考えてください。 文字に書式を適用せずに記述作業をできるだけ完成させてから、書式設定を保存して完成させてください。 これにより、OpenDocument テキスト形式から Word 形式に (またはその逆に) 切り替えたときに書式が失われるのを最小限に抑えながら、記述作業に専念できます。

ページの先頭へ

これらの手順を使用するには、 2007 Microsoft Office system Service Pack 2 (SP2) をインストールする必要があります。

OpenDocument テキスト ファイルを Word で開く

  1. [ Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[開く] をクリックします。

  2. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [ OpenDocument テキスト] をクリックします。

  3. 開くファイルをクリックし、[開く] をクリックします。

注: Word 2007で OpenDocument テキストファイルを開いたときに、作成元のアプリケーションと同じ書式設定が適用されていないことがあります。 これは、OpenDocument 形式を使用するアプリケーション間に相違点があるためです。

ページの先頭へ

Word 文書を OpenDocument テキスト形式で保存する

重要: Word 形式のファイルを維持する必要がある場合は、最初に .docx ファイル形式などの Word 文書としてファイルを保存し、次に、OpenDocument テキスト (.odt) 形式で再度保存します。

  1. [ Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。

  2. [ OpenDocument テキスト] をクリックします。

ページの先頭へ

OpenDocument 形式の詳細

文書を OpenDocument テキスト (.odt) 形式で開いたり保存したりすると、書式の一部が失われることがあります。 これは、OpenDocument テキストアプリケーションと Word 2007 サポートのように、さまざまな機能やオプション (書式設定など) が原因であるためです。 OpenDocument テキスト形式と Word 2007 形式の違いの詳細については、「 Opendocument スプレッドシート (ods) 形式と Excel For Windows (.xlsx) 形式の相違点」を参照してください。

ヒント

  • 他のユーザーにファイルを送信する前に、ファイルをいったん閉じてから開き直して、OpenDocument テキスト (.odt) 形式を使用した場合の表示を確認することをお勧めします。

  • Google Docs や OpenOffice.org の Writer などのワープロ アプリケーションと Word との間で文書を共有して共同作業する場合は、記述作業 (内容) と書式設定 (表示体裁) は別の作業として考えてください。 文字に書式を適用せずに記述作業をできるだけ完成させてから、書式設定を保存して完成させてください。 これにより、OpenDocument テキスト形式から Word 形式に (またはその逆に) 切り替えたときに書式が失われるのを最小限に抑えながら、記述作業に専念できます。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×