書式設定マークの表示をオンまたはオフにする

[ テキスト の表示/ 非表示 Word の [段落表示/非表示] ボタン 、スペース、段落マーカー、タブ マークなど、非表示の文字のオンとオフを切り替えます。

常に次のように設定できます。

  1. [表示] の [ > オプション] > 移動します

  2. [ にこれらの書式設定マークを画面に表示する] で、[Word の [段落表示/非表示] ボタン の表示 / 非表示] ボタンがオンまたはオフになっている場合に関係なく、常に表示する各書式設定マークのチェック ボックスをオンにします。 常に表示したくないチェック ボックスをオフにします。

    常に編集記号を表示する、または非表示にする

  1. [表示] [> の>に移動>します

  2. [ にこれらの書式設定マークを画面に表示する] で、[Word の [段落表示/非表示] ボタン の表示 / 非表示] ボタンがオンまたはオフになっている場合に関係なく、常に表示する各書式設定マークのチェック ボックスをオンにします。 常に表示したくないチェック ボックスをオフにします。

    常に編集記号を表示する、または非表示にする

  1. [ Word > 環境設定] > 移動します

  2. [ 印刷しない文字の表示] で、[印刷記号の表示 Word の [段落表示/非表示] ボタン/ 非表示] ボタンがオンまたはオフになっている場合に関係なく、常に表示する各書式設定マークのチェック ボックスをオンにします。 常に表示したくないチェック ボックスをオフにします。

    印刷しない文字の設定

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×