目次
×
共有と共同編集
共有と共同編集

Word 文書で共同作業する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

他のユーザーが Word 文書を共有すると、受信したメールには、Web ブラウザーで文書を開くリンクが含まれています( Web 用 Word)。 [文書の編集]、[ブラウザーで編集] の順にクリックします。

[ブラウザーで編集] を選択して、Word for the web

他のユーザーがドキュメントを編集している場合は、そのユーザーのプレゼンスと、そのユーザーが行っている変更が表示されます。 これを共同編集、つまりリアルタイム コラボレーションと呼ぶ。

リアルタイム コラボレーション

ここから Word アプリで作業する場合は、ウィンドウの上部にある [編集]から [デスクトップ アプリで開く] に切り替えます。

デスクトップ アプリで開く

次のいずれかのバージョンの Word を使用して、Microsoft 365 サブスクライバーである限り、共同編集を行います。

  • Windows 版 Word 2016

  • Word 2016 for Mac

  • モバイル デバイス上の Word (Android、iOS、Windows)

以前のバージョンの Word を使用している場合、またはサブスクライバーではない場合でも、他のユーザーが作業しているのと同時に文書を編集できますが、リアルタイムの共同作業は行えないます。 他のユーザーの変更を表示して自分の変更内容を共有するには、ドキュメントを保存する必要があります。

マクロ付きドキュメント (.docm)

文書にマクロ (.docm) が含まれている場合でも、編集と共同作業を行います。 マクロの実行など、他のドキュメントと同様にコンテンツを開いて編集できます。 マクロ コードを編集する必要がある場合は、ファイルをチェックアウトし、コードを編集して、もう一確認します。

マクロの詳細

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×