Word 2010 で廃止、変更される機能

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office Word 2007 や以前のバージョンの Microsoft Word を使い慣れている場合、Microsoft Word 2010 で廃止または変更された機能については、次の一覧を参照してください。

  • 要約   タイトル、件名、作成者、キーワード、およびコメントを表示、要約機能は Word 2010 ではできません。抽象をドキュメントに挿入した概要は次のままになります。概要ビューで文書を保存した場合、は、別のビューを開くこと、次回のことができます。

  • [クリップアート] 作業ウィンドウ   [クリップアート] 作業ウィンドウには、いくつかの変更が加えられました。

    • [探す場所] ボックス    [探す場所] ボックスは廃止されました (つまり、検索を特定のコンテンツのコレクションに制限できなくなりました)。検索を絞り込むには、[検索] ボックスに複数の検索キーワードを入力します。

    • クリップの整理] リンク   クリップの整理リンクは廃止されました。開くには Microsoft クリップ オーガナイザーから Windows 7、Windows Vista または Windows xp の場合、Windows の [スタート] ボタンをクリックして、[すべてのプログラム] をクリックして、 Microsoft Office] をクリックして、 Microsoft Office 2010 ツール] をクリックして、クリックしてMicrosoftクリップ オーガナイザーします。

  • クリップ オーガナイザー    Microsoft Office プログラムの [クリップ アート] 作業ウィンドウから直接クリップ オーガナイザーにアクセスすることはできなくなりました。また、クリップ オーガナイザーで次の変更が行われました。

    • 自動整理    自動的にお使いのコンピューター上のメディア ファイルを検索し、不要になったコレクションに編成のためのコマンドが存在します。ただし、引き続きクリップ オーガナイザーにクリップを手動で追加したり、スキャナーまたはカメラからインポートできます。

    • 電子メール受信者に添付ファイルとして送信    クリップを電子メール メッセージに添付ファイルとして送信するためのコマンドが使用可能なではありません。

    • コレクションから削除します。    クリップ オーガナイザーからクリップを削除することが、特定のコレクションから不要になったクリップを削除できます。

    • 似たスタイルの検索    似たスタイルのクリップを検索できるコマンドは利用できなくします。

    • リスト ビューと詳細ビュー    [リスト ビューと詳細ビューでは廃止されました。代わりに、すべてのクリップは、クリップ オーガナイザー ウィンドウにサムネイルとして表示されます。

  • 見出しマップ   見出しマップは、Word 2010 のナビゲーション ウィンドウで置き換えられます。ナビゲーション ウィンドウには、すべてのウィンドウ内の見出しに変更履歴マークを表示する機能を除く見出しマップ機能がサポートしています。代わりに、ウィンドウ内で変更履歴の最終結果を表示できます。

  • ドキュメント ワークスペース   Word 2010 のワークスペースのドキュメントでは利用できません。代わりに、Word には、Microsoft SharePoint Foundation 2010 サイトに保存されている文書で同時に編集がサポートしています。

  • エンカルタ エンカルタ リサーチ サービス   エンカルタ エンカルタ リサーチ サービスが有効でなくなったと、クエリの結果が返されません。

  • 一太郎コンバーター   日本語版のコンバーターは、[開く] ダイアログ ボックスのファイルの種類の一覧で利用がありません。個別のダウンロード可能性がありますことができるようになります Office.com のダウンロード センターで、後日します。

  • レター ウィザード   レター ウィザードは、日本語版の Word ではありません。ウィザードを使用する 3 つのテンプレートは、Office.com で表示されます。

  • 差し込み印刷は、Microsoft Works データベースを使用します。   Microsoft Works データベースを Microsoft Word 2010 で差し込み印刷を行うことはできません。Works からデータをエクスポートして、差し込み印刷の操作の新しいデータ ソースにインポートしてください。

  • メモ ウィザード   メモ ウィザードは、日本語版の Word ではありません。ウィザードを使用する 3 つのテンプレートは、Office.com で表示されます。

  • Microsoft Office ドキュメントのイメージ (MODI)   Word 2010、TIF コンバーターの別の 32 ビット版は、別の Web ダウンロードとして利用可能になりますが MODI は利用できません。Word 2010 のインターネット Fax 機能は、TIF ファイルを生成するのに Windows Fax プリンター ドライバーを使用します。

  • OASYS コンバーター   日本語版のコンバーターは、[開く] ダイアログ ボックスのファイルの種類の一覧で利用できなくします。

  • 印刷プレビュー   以前のバージョンの Word で [印刷プレビューの操作環境が、Microsoft Office Backstage ビューの印刷範囲のプレビューに置き換えられました。

  • リサーチ/リファレンス] ウィンドウ   リサーチ/リファレンス] ウィンドウでは、Windows Internet Explorer 7 で使用できません。このため、alt キーを押しながらクリック Microsoft Word 2010 のショートカットは、ブラウザーでリサーチ/リファレンス] ウィンドウを開けません。

  • RTF ファイル形式   リッチ テキスト形式 (RTF) のファイル形式で文書が保存されている場合、または Word 2010 の機能は失われます。

  • ライブラリの検索] ボタン   Word 2007 の [引用文献の挿入の下に表示されるボタンはライブラリの検索では、Word 2010 で使用できません。

  • スマート タグ   テキストは不要になった自動的に認識し、紫色の点線で表示します。代わりに、テキストを選択して、右クリックして、ショートカット メニューの [その他のアクションをクリックして、さまざまな操作を行うことができます。さらに、Outlook の連絡先に基づいている、人の名前の認識には廃止されました。Office Communicator 連絡先に基づいて名前を識別するアクションに置き換えられます。

  • テーブルの見出しの機能   簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語のテーブルの見出しの機能は利用できなくします。

  • 英文アシスタント サービス   低の使用状況の理由により、英文アシスタントの機能とサービスは使用可能なではありません。詳細についてを参照してください英文アシスタントどうなったのですか?サービスを使用しようとした場合、メッセージが表示されます"サービスを検索できなかったため、インターネットに接続していません。 接続してもう一度試してください。"場合でも、インターネットに接続しています。

  • 韓国語言語参照 (KOLR) サービス   低の使用状況の理由により、韓国語言語リファレンス リサーチ サービスでは利用できなくします。これにより、英語と韓国語のバージョンの PowerPoint が影響します。サービスを使用しようとした場合、メッセージが表示されます"サービスを検索できなかったため、インターネットに接続していません。 接続してもう一度試してください。"場合でも、インターネットに接続しています。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×