注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Word 2013 で削除されている機能、または動作がまったく異なる機能の概要について説明します。Word 2013 に加えられた変更の詳細については、「Word 2013 の新機能」と「Office 2013 の新機能」を参照してください。

クリップ オーガナイザーの廃止

Microsoft クリップ オーガナイザーは、最新の画像検索方法に置き換えられました。[挿入]、[オンライン画像] の順にクリックし、Bing 画像、Flickr、OneDrive や Facebook ページなどのオンライン ソースから挿入画像を見つけます。

Picture Manager の廃止

Microsoft Office Picture Manager が新しい Office に含まれていない- はせずに Picture Manager の写真を編集することができます。Word には、多くの組み込み写真を別のプログラムする必要はありませんので、機能を編集します。

FAX のテンプレートはインストールされていない

Office をインストールするときに FAX のテンプレートは含まれません。FAX のテンプレートが必要な場合にダウンロードするには、[ファイル]、[新規作成] の順にクリックし、[オンライン テンプレートの検索] ボックスに「fax」と入力します。

グラフを作成しても、完全な Excel ブックは自動的に開かない

以前のバージョンの Word でグラフを作成または編集した場合は、完全な Excel ファイルが開くのでデータを入力または編集できます。Word 2013 では、簡易版の Excel ファイルが最初に開きます。次に、必要に応じて、完全な Excel ブックを開くことができます。Word で文書にグラフを追加する方法については、こちらを参照してください。

カスタム XML マークアップの削除

Word 2013 でできるカスタム XML マークアップを読み取ることはできません。DOCX、します。DOCM、します。DOTX、します。DOTM またはします。XML ファイル。これらのファイルを開くことができますが、カスタム XML マークアップが削除されし、まずという単語がカスタム XML マークアップのファイルを開こうとしてエラー メッセージが表示されます。詳細については、サポート技術情報の記事 2445062を参照してください。

プリンターのフォントは自動的に組み込まれない

以前のバージョンの Word では、既定のプリンターの追加フォントが自動的にチェックされ、フォントの一覧に含められていました。パフォーマンスを向上させるために、特にモバイル コンピューターで、Word では、フォントが自動的に組み込まれなくなりました。

既定のプリンターに保存されているフォントを使用するには:

  1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

  2. [構成内容の表示] の [プリンターに保存されたフォントを使用する] をオンにします。

一部のフォント種類はサポートされない

新しい Windows プラットフォームへのアップグレードの一部として、Word では、BitmapPrinterAdobe Type 1CFF/Type 2TTO.FON のフォント種類はサポートされなくなりました。

Word 文書でサポートされないフォントをチェックして置き換える方法を次に示します。

  1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

  2. [構成内容の表示] の [フォントの置換] をクリックします。

文書内のすべてのフォントがサポートされている場合は、フォントを置換する必要がないことを示すメッセージが表示されます。

文書内にサポートされていないフォントがある場合は、[使用できないフォント] ボックスに使用できないフォントが表示されます。代替フォントを選び、[OK] または [フォントの入れ替え] をクリックします。[フォントの入れ替え] をクリックすると、文書が変更され、元に戻すことはできません。

一部のオートコレクト機能は移動されている

オートコレクトと一部の書式設定ツールはスペル チェック メニューから削除され、よく使われるコマンドが見やすくなっています。これらの機能を使用するには、[ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

オートコレクトのオプションを管理するには:

  1. [ファイル]、[オプション]、[文章校正] の順にクリックします。

  2. [オートコレクトのオプション] をクリックします。

脚注の継続時の境界線の廃止

長い脚注が次のページにまで継続する場合、特殊な脚注の継続時の境界線ではなく、通常の脚注の境界線が使用されます。

英文アシスタント サービスは使用できなくなりました。

利用率が低いため、英文アシスタントの機能とサービスは使用できなくなりました。 詳細については、「英文アシスタントはどうなったのですか?」を参照してください。

サービスを使用しようとすると、インターネットに接続されている場合でも "インターネットに接続されていないため、このサービスでの検索を実行できませんでした。接続後に再度実行してください。" というメッセージが表示されます。

韓国語のリファレンス (KOLR) サービスは使用できなくなりました。

利用率が低いため、韓国語のリファレンス リサーチ サービスは使用できなくなりました。 これは英語と韓国語のバージョンの Word に影響します。

サービスを使用しようとすると、インターネットに接続されている場合でも "インターネットに接続されていないため、このサービスでの検索を実行できませんでした。接続後に再度実行してください。" というメッセージが表示されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×