XMATCH 関数

XMATCH 関数は、配列またはセル範囲の指定された項目を検索し、その項目の相対的な位置を返します。 

ここでは、XMATCH を使用してリスト内のアイテムの位置を検索します。

XMATCH を使用してリスト内のアイテムの位置を検索する例

XMATCH 関数は、配列またはセル範囲の項目の相対的な位置を返します。 

=XMATCH(lookup_value, lookup_array, [match_mode], [search_mode])  

引数

説明

検索値

必須

参照値

検索範囲

必須

検索する配列または範囲

[一致モード]

オプション

一致の種類を指定します:

0 - 完全一致 (既定)

-1 - 完全一致または次に最小の項目

1 - 完全一致または次に大きい項目

2 - *、?、および 〜 が特別な意味を持つワイルドカードの一致。

[検索モード]

オプション

検索の種類を指定します。

1 - 最初から最後まで検索する (既定)

-1 - 最初から順に検索する (逆検索)。

2 - 昇順で並べ替え中のlookup_arrayバイナリ検索を 実行 します。 並べ替えられていない場合、無効な結果が返されます。  

-2 - 降順で並べ替えられた検索範囲を使用してバイナリ検索を実行します。 並べ替えられていない場合、無効な結果が返されます。

使用例

使用例 1

次の例では、完全一致である 1 つ目の用語の位置、または (つまり、"Gra" で始まる) 次の最大の値を検索します。

XMATCH を使用してワイルドカード検索を返す例

使用例 2

次の例では、ボーナスの対象となる営業担当者の数を確認します。 これはまた、match_mode に 1 を使用して完全一致またはリスト内の次に大きい項目を検索しますが、データが数値である場合は値のカウントを返します。 この場合、ボーナス額を超えた営業担当者は 4 人いますので、この関数は 4 を返します。

XMATCH を使用して、完全一致または次に大きい項目を検索して、特定の制限を超える値の数を検索する例

使用例 3

次に、INDEX/XMATCH/XMATCH の組み合わせを使用して、垂直参照と水平参照を同時に実行します。 この場合は、特定の営業担当者と特定の月の売上金額を返します。 これは INDEX 関数と MATCH関数を組み合わせて使用する場合と似ていますが、必要な引数が少ない点が多い点です。

INDEX/XMATCH/XMATCH の組み合わせを使用して、垂直参照と水平参照を同時に実行する画像。

使用例 4

XMATCH を使用して配列の値を返す方法も可能です。 たとえば 、=XMATCH(4,{5,4,3,2,1}) は、4 が配列の 2 番目の項目である 2 を返します。 これは完全一致のシナリオですが 、=XMATCH(4.5,{5,4,3,2,1},1) は 1 を返します。match_mode 引数 (1) は完全一致または次に大きい項目 (5) を返すよう設定されています。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

XLOOKUP 関数

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×