予定、計画、予算の管理 - Microsoft 365 では簡単に行うことができます

ブルー スクリーン エラーのトラブルシューティング

問題が発生してデバイスが予期せずにシャットダウンまたは再起動した場合は、ブルー スクリーン エラー (STOP エラーとも呼ばれる) が発生する可能性があります。 その場合は、デバイスで問題が発生したために再起動が必要であることを示すメッセージがブルー スクリーンに表示されます。

注: 黒または空白の画面エラーが発生している場合は、「黒い画面または空白の画面エラーのトラブルシューティングを行 う」を 参照してください。

このページでは、ブルー スクリーン エラーの原因とその解決方法を見つけるための一連のトラブルシューティング手順について説明します。 

この記事の手順は、以下のような一般的な STOP エラーのトラブルシューティングを目的としています。

  • CRITICAL_PROCESS_DIED

  • SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED

  • IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL

  • VIDEO_TDR_TIMEOUT_DETECTED

  • PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA

  • SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION

  • DPC_WATCHDOG_VIOLATION

注: 

  • 0x0000000A、0x0000003B、0x000000EF、0x00000133、0x000000D1、0x1000007E、0xC000021A、0x0000007B、0xC000000F など、16 進のエラー コードが表示されることもあります。

  • この記事にはすべてのエラー コードの一覧は含まれていませんが、考えられる解決方法は多くのエラー コードで共通しているため、以下の手順に従ってブルー スクリーン エラーのトラブルシューティングを行うことをお勧めします。


このページの手順は一見複雑に見える場合でも、順番に順を追って進め、もう一度確認します。

ヘルプを表示

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
×