注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

他のユーザーがサーバードキュメントの編集中に変更を加えた場合、ファイルをアップロードしようとすると、エラーの通知が表示されることがあります。 この問題が発生したときに、サーバー上の変更をローカルコピーと結合できない場合、[競合の解決] ウィンドウで、保持するファイルのバージョンを表示して選択することができます。

[競合の解決] ウィンドウを開くには、 Microsoft Office アップロードセンターのファイルの [解決]メニューから選択します。 次のオプションから選択できます。

  • サーバー側バージョンの保持    ファイルのコピーに対して行った変更を破棄します。 次回ファイルを開いたときに、サーバーバージョンが開きます。

  • 自分のバージョンの保持    変更したファイルのサーバーバージョンを上書きします。

  • 両方のバージョンの保持    変更内容のコピーをバックアップとして保存し、サーバーバージョンのファイルを開きます。

  • 自分のコピーを表示    ファイルを読み取り専用として開くことで、そのバージョンのファイルを表示できます。保持するバージョンを選択するのに役立ちます。

  • サーバー側のコピーを表示    サーバーバージョンのファイルを読み取り専用として開くことによって表示できるため、保持するバージョンを選択するのに役立ちます。

注:  比較と差し込みをサポートしていない Microsoft Office ファイルを編集するために開くと、他の作成者が変更できないように、ファイルがロックされます。 これにより、アップロードエラーが発生しなくなります。 ただし、サーバーから切断された場合、または切断しているときにアップロードセンターからファイルを開いた場合、このロックが失われると、他のユーザーがファイルにアクセスできるようになり、このエラーが発生する可能性があります。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×